『モナコ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!

南フランスのコートダジュールに囲まれた、世界で2番目に小さな国『モナコ』。

F1」のモナコグランプリや、「タックスヘイブン」でも有名な国です。

コチラの記事では、『モナコ』を訪れる際に必要な持ち物について解説しています。

『モナコ旅行の持ち物』絶対必要なもの

『モナコ』旅行へ行く際、必ず必要な持ち物を8つ紹介していきます。

今後『モナコ』旅行を検討されている方は、是非参考にしてください。

お金(現地通貨)

『モナコ』で使用される通貨は「ユーロ」で、1ユーロ=約125円になります。(2019年3月時点)

『モナコ』の物価は少々高くなりますので、現金をメインに使う場合は少し多めに持っておいた方が無難です。

ちなみに日本から『モナコ』へ行く場合、南フランスの『ニース』を経由して行くのが一般的です。

『ニース』で両替する場合は「空港」や「ホテル」、市内に両替所があります。

「モナコ」は治安の良い国ですが、多額の現金を持ち歩く場合は注意が必要です。

クレジットカード

『モナコ』にあるレストランやカフェ、ホテルやショップなどでは「クレジットカード」が利用できます。

『モナコ』の物価は少々高くなりますので、メインの支払いには「クレジットカード」を利用するのがおすすめです。

VISA」もしくは「master」のブランドが付いた「クレジットカード」であれば、大体の施設で利用可能です。

海外では「VISA」「master」のシェア率が高くなります。そのため「VISA」「master」ブランドが付いたクレジットカードを所持しておくことで、『モナコ』以外の国でも利用することができます!ちなみに日本の国際ブランド「JCB」は、一部の国でしか利用できません…

『モナコ』や『ニース』でおすすめできる「クレジットカード」としては、年会費無料で即日発行可能なエポスカード」です。

「エポスカード」には海外に強い「VISA」ブランドが付いてきますし、「疾病治療費」や「携行品損害」などの海外旅行保険も付いてきます。

旅行中にデジカメやスマホが壊れたり、盗まれた場合に最大20万円まで補償されます!(1個につき上限10万円まで)

  • 「エポスカード」は入会金&年会費が永年無料で作れる
  • 「エポスカード」は最短即日発行が可能に!(マルイ店頭受け取りの場合)
  • 「エポスカード」で「VISA」を選択した場合、海外旅行保険が自動付帯される!
年会費 永年無料
カード発行 最短で当日(マルイで受取)
疾病治療費 270万円まで補償
携行品損害 20万円まで補償
「エポスカード」は、初心者におすすめの「クレジットカード」です!

「エポスカード」の詳細については、下記の公式サイトから確認できます。

携行品保険付きの「クレジットカード」を所持していると、海外旅行中にスマホが壊れたり盗まれた場合にも安心です。

下記の記事では、携行品保険付きの「クレジットカード」について解説しています!

サングラス

『モナコ』がある地中海沿岸は日差しが強いため、サングラスは必須のアイテムです。

自分にあったサングラスを選び、着用するようにしましょう。

国籍隠しという意味でも、サングラスは使えます。

日焼け止め

上記のサングラス同様、日焼け止めも必須のアイテムになります。

『モナコ』は日本と比べて日差しが強くなります。

夏に『モナコ』へ行かれる場合、紫外線対策をしてから出歩かれることをおすすめします。

スマホ、モバイルバッテリー

憧れの『モナコ』を訪れた際、欠かせないのがスマホやデジカメです。

『モナコ』には、写真を撮りたくなるようなスポットがたくさんあります。

大切な場面でスマホやデジカメのバッテリーが無くなった…

という事がないよう、「モバイルバッテリー」を常に持ち歩きましょう!

新型のiPhoneは高値で取引されるため、盗難に遭う可能性が高まります。ご注意ください。

ポケットWiFi

『モナコ』には魅力的な観光スポットや、おしゃれなカフェ・レストランが数多くありますので、『モナコ』滞在中にネットを使うケースも多くなります。

そんな時に便利なのが、「ポケットWiFi」です。

数あるポケットWiFiの中で、個人的におすすめしたいのが「グローバルWiFi」です。

「グローバルWiFi」には2か国周遊でお得にレンタルできる料金プランがありますので、『モナコ』と『ニース』のセットで申し込むことで、節約にもつながります。

「グローバルWiFi」の特徴を4つ紹介します。

  • WiFiレンタル料が5%オフ
  • 定額プランなので追加料金の心配がない
  • 『モナコ』『ニース』市内であれば通信も安定している(個人的に確認済み)
  • 24時間365日のサポート体制が整っているので安心
出発の4日前までは、無料でキャンセルできます。旅行計画が中止になった場合でも安心できます。

モナコの電圧とプラグ

日本と『モナコ』では、電圧やプラグが異なります。

そのため、日本の家電製品を『モナコ』で使う場合は変圧器とプラグが必要になります。

具体的な詳細については、下記を参考にしてください。

日本 モナコ
電圧 100V 230V
周波数 50/60Hz 50Hz
プラグ A C、SE

チャック付きのカバン

『モナコ』は比較的治安の良い国ですが、『フランス』や『イタリア』も一緒にまわる場合、スリ被害に遭う可能性があります。

チャック付きで中身が見えないカバンを持ち歩くことで、スリ対策にも繋がります。

内ポケットが複数あるカバンがおすすめです。(現金などを複数個所に分散できるため)

『モナコ旅行の持ち物』あると便利なもの

『モナコ』を訪れる際、あると便利な持ち物を3つ紹介していきます。

パスポート

『フランス』から『モナコ』へ行く場合は出入国審査が無いため、「パスポート」は不要です。

『モナコ』の入国スタンプが欲しい方は、市庁舎で押してもらうことができます。

シェンゲン協定加盟国から出国する際、パスポートの有効残存期間が3ヶ月以上必要です。

『モナコ』観光中にパスポートを紛失、もしくは盗難にあわれた場合は「在フランス日本国大使館」での手続きが必須です。

「在フランス日本国大使館」で「パスポート」、もしくは「帰国のための渡航書」を発行しなければ、日本へ帰国することができません…

「在フランス日本国大使館」の連絡先は下記になります。

機関名 在フランス日本国大使館
連絡先 01-4888-6200
営業日 月曜日~金曜日
営業時間 9時30分~13時
14時30分~17時
※午前中の申請受付は12時30分まで

フランスにある日本国大使館の場所・連絡先を紹介!パスポートの紛失・盗難に遭った場合の対応について解説~

2019年8月8日

リップクリーム

夏に『モナコ』へ行く場合は空気が乾燥していますので、「リップクリーム」があると便利です。

あと、日本と比べて日差しも強くなりますので、紫外線対策も必要です。

ガイドブック

『モナコ』へ行かれる際、ガイドブックを活用することでスムーズな観光ができます。

『モナコ』には「旧市街」や「カジノ」をはじめ、丘の上から見える「モンテカルロの絶景」など、魅力的なスポットがたくさんあります。

ガイドブックには目的地への行き方も掲載されていますので、観光の際に非常に便利です。(周辺エリアの情報も細かく書かれています)

事前情報はガイドブックで確認し、現地ではスマホを活用するとスムーズです。

南フランスのおすすめ観光スポット7選!憧れのコートダジュールを満喫~

2019年8月17日

モナコの地図

『モナコ』にはいくつか観光スポットがありますが、初心者の方におすすめの観光エリアを2つ紹介していきます。

モナコ・モンテカルロ駅
「モナコ・モンテカルロ駅」は、上記地図の緑色の丸で囲った場所にあります。

『ニース』から鉄道を使って『モナコ』へ行く場合、移動時間は約20~25分です。

モナコ旧市街
「モナコ旧市街」は、上記地図の青色の丸で囲った場所にあります。

このエリアでは『モナコ』のキレイな街並みや、「モンテカルロ」を一望できるスポットがあります。

カジノ
「カジノ」は、上記地図の赤色の丸で囲った場所にあります。

『モナコ』へ行ったら一度は訪れてみたい「カジノ」。ちなみに『ニース』から、「カジノ」体験を含めた『モナコ』ナイトツアーも開催されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sryo77さん(@sryo77)がシェアした投稿

ニースからモナコの移動には「バス」がおすすめ!バスの時刻表・行き方について解説~

2019年8月14日

モナコの治安について

『モナコ』の治安情報ですが、外務省の公式ページでは特に危険情報は公開されていません

2018年9月に『モナコ』へ行きましたが、街並みがとてもキレイで治安面での心配はないと感じました。(あくまで個人的な意見ですが)

ただ、下記2点は注意しておきましょう。

  1. 列車、バス、カジノ、ディスコでのスリ被害
  2. 夜の一人歩き
混雑している場所では、スリに気をつけましょう!
「南フランス」にあるカラフルな町「マントン」

「南フランス」一人旅で訪れたい、おすすめのスポットを紹介!

2020年4月7日

『モナコ旅行の持ち物』まとめ

『モナコ』旅行の持ち物について解説しましたが、『モナコ』は街並みがキレイで治安も良い国です。

日本から『モナコ』へ行く場合は南フランスの『ニース』を経由して行く形になりますが、空港から車で約30分の距離になります。

『モナコ』は小さな国ですが、グルメや買い物、F1コース、カジノ、そして丘の上から見えるモンテカルロの絶景など、見応えあるスポットがたくさんあります。

『モナコ』のスタンプが欲しい方は、パスポートを持っていくことをおすすめします。

南フランスで絶対に訪れたい美しい村を紹介!中世の街並みを散策~

2019年11月9日







注目の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。