ブルースターフェリーの乗り方や、サントリーニ島からパロス島への移動方法について解説!

ギリシャには「サントリーニ島」や「ミコノス島」といった、魅力的な島スポットがたくさんあります。

島への移動には「飛行機」や「フェリー」を利用しますが、海から見た島の景色は絶景ですので、もし時間に余裕があればフェリーでの移動をオススメします。

こちらの記事では「ブルースターフェリー」の乗り方やチケットの予約方法、そして「サントリーニ島」から「パロス島」への移動方法について解説しています。

ブルースターフェリーのチケット予約方法

「ブルースターフェリー」のチケット予約方法ですが、Webサイトから手配することができます。

「ブルースターフェリー」の公式サイトから予約する際、下記のような流れで進めていきます。

  1. 行き先や日付を選択
  2. フェリーの時刻表や時間を確認
  3. フェリーの座席や料金を確認
  4. 乗船者の情報を入力
  5. 支払い方法を選択
  6. 支払い完了
  7. フェリー予約書類をプリントアウト
当日、「ブルースターフェリー」の窓口で予約書類を見せて、フェリーチケットを入手する必要があります!
「ブルースターフェリー」の予約方法については、下記の記事が参考になります。

フィラからアティニオス港への行き方

「サントリーニ島」の中心「フィラ」から「アティニオス港」までは、路線バスで行くことができます。

バス料金と移動時間はこちらです。

路線 FIRA – ATHINIOS PORT
バス料金 2.3ユーロ(片道)
移動時間 約30分
「フィラ」から「アティニオス港」へ行く場合、バスの本数が少ないため注意が必要です!

ちなみに2019年1月に「サントリーニ島」へ行った際、「フィラ」から「アティニオス港」行きの路線バスは1日1本のみでした…

路線バスを利用する際、時刻表は事前に確認しておきましょう。
「サントリーニ島」の路線バスの乗り方については、下記の記事で解説しています。

アティニオス港で「フェリーチケットを入手」する方法!

Webでチケット購入した場合、プリントアウトした予約書類を「ブルースターフェリー」の窓口へ持っていきます。そして、フェリーチケットを入手します。

プリントアウトした予約書類だけでは、フェリーに乗せてもらえません。ご注意ください!

「ブルースターフェリー」の窓口ですが、「アティニオス港」で海を背にして左端にあります。

「ブルースターフェリー」の窓口でフェリーチケットを入手する際、手数料(1ユーロ)がかかります。

ブルースターフェリーに乗船

出発エリアからフェリーに乗船します。

フェリーの入り口に係員がいますので、この場所でチケットを見せます。

フェリーの荷物置き場

入り口からエスカレーターで上に登る途中に荷物置き場があります。スーツケースは横にして、この場所に置きます。

フェリーの船内

荷物置き場から更にエスカレーターで上に登ると、『エコノミークラスエリア』に到着します。

『エコノミークラスエリア』の奥にエスカレーターがあり、この場所から『ビジネスクラスエリア』に行くことができます。

フェリーのビジネスクラス座席

『エコノミークラスエリア』から『ビジネスクラスエリア』に入る際、再度チケット確認が必要となります。

『ビジネスクラス』は『エコノミークラス』よりも利用者が少ないため、静かな時間を過ごすことができます。

座席指定は特に無いため、好きな席に座る事ができます。

ちなみに、『エコノミークラス席』と『ビジネスクラス席』の料金は下記になります。

エコノミー席 22ユーロ
ビジネスクラス席 32.5ユーロ

片道10.5ユーロ(約1,400円前後)の違いです。

『ビジネスクラスエリア』は『エコノミークラスエリア』の一つ上の階にありますので、外の景色は抜群い良いです!

フェリーの売店

『エコノミークラスエリア』、『ビジネスクラスエリア』共にラウンジ内に売店があり、飲み物や軽食を購入できます。ただ、値段は若干高めです。

コーヒーと軽食一品で、7ユーロ程度かかります。

フェリーのトイレ

『ビジネスクラスエリア』付近にあるトイレは清潔感があり、思ったより綺麗です。

フェリーの移動時間

「サントリーニ島」から「パロス島」への移動ですが、約3時間15分掛かります。

「サントリーニ島」から「パロス島」へ向かう途中、「ナクソス島」に停まります。海沿いの白い建物が並ぶ景色や、「アポロン神殿」を海側から見ることができます。

フェリーからの景色

「サントリーニ島」をフェリーで移動する場合、「サントリーニ島」を海側から見ることができます。

イア」や「フィロステファニ」の『白い街並み鑑賞』は感動モノです。

フェリーの中から「ナクソス島」を見ると、下記写真のような迫力ある感じになります。

パロス島に到着

「サントリーニ島」から約3時間15分かけて「パロス島」に到着しました。

港の周辺は「パリキア」という場所で、「パロス島」の中心部になります。

各方面への路線バスも出ているため、「パリキア」周辺でホテルを予約しておくと「パロス島」での観光がスムーズになります。

下記インスタグラムで4枚の写真をアップしていますので、横にスクロールして確認してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoさん(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

「パロス島」からフェリーで約5分の場所にある、小さな離島「アンティパロス島」もおすすめです。

下記インスタグラムで10枚の写真をアップしていますので、横にスクロールして確認してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoさん(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

「ブルースターフェリー」の乗り方まとめ

「ブルースターフェリー」の乗り方について解説しましたが、フェリーでの移動には時間がかかりますので、『ビジネスクラス席』の利用がおすすめです。

人混みを避けて優雅な時間を過ごすこともできますので、10ユーロ以上の価値があります。

「ブルースターフェリー」を利用される際は、フェリーチケットを入手しておきましょう!







注目の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。