日本から「フランス」への行き方を紹介!花の都「パリ」、美食の街「リヨン」など見どころ満載~

リヨン旧市街にある「サンジャン大聖堂」

年間で、約60万人の日本人観光客が訪れる国「フランス」

「ヴェルサイユ宮殿」や「エッフェル塔」をはじめ、世界遺産の「モン サン ミッシェル」や「カルカッソンヌ」など、「フランス」には魅力的な観光スポットが沢山あります。

コチラの記事では、日本から「フランス」への行き方について解説しています。

日本から「フランス」への移動ですが、直行便でしたら「羽田空港」「成田空港」「関西国際空港」から「パリ」行きの便があります。日本から「パリ」まで、約12時間35分でアクセスできます。

「フランス」の場所

「フランス」はヨーロッパの西側にある国で、「モン サン ミッシェル」をはじめとした世界遺産、中世時代の雰囲気漂う美しい村、「ルーヴル」や「オルセー」美術館など、注目スポットが沢山あります。

フランスといえば「パリ」の印象が強いのですが、美食と世界遺産の街「リヨン」、赤レンガの街並みが美しい「トゥールーズ」、フランスのリゾート地「ニース」なども人気で、「パリ」とは異なる雰囲気を楽しめます。

日本と「フランス」の時差

日本と「フランス」の時差は8時間になります。

日本からの直行便

日本からの直行便ですが、「エールフランス」「日本航空(JAL)」「全日空(ANA)」などがあります。(いずれも「パリ」行きとなります)

それぞれの移動時間については、下記の表を参考にしてください。

空港 航空会社 移動時間
羽田 エールフランス 約12時間35分
日本航空(JAL)
全日空(ANA) 約12時間25分
成田 エールフランス 約12時間35分
関西 エールフランス
「パリ」には「シャルル ド ゴール」と「オルリー」の2つの空港があります。日本からアクセスする場合、「シャルル ド ゴール空港」を利用する形になります。

日本から「フランス」への行き方

ここからは、日本から「フランス」への行き方を紹介していきます。

日本から「パリ」への行き方

日本から「パリ」への行き方ですが、日本からの直行便と、中東(ドバイ、カタールなど)、ヨーロッパ(イギリス、ドイツ)などを経由する乗り継ぎ便があります。

日本から「パリ」への直行便

日本からの直行便ですが、「羽田空港」「成田空港」「関西国際空港」から「パリ」行きの便が出ています。

空港 航空会社 移動時間
羽田 エールフランス 約12時間35分
日本航空(JAL)
全日空(ANA) 約12時間25分
成田 エールフランス 約12時間35分
関西 エールフランス

乗り継ぎ便を利用して、「パリ」へアクセス

乗り継ぎ便の場合、下記の「航空会社」を利用します。

航空会社 移動時間
スカンジナビア航空 14時間10分
ルフトハンザドイツ航空 14時間20分
フィンエアー 15時間5分
ターキッシュ エアラインズ 17時間45分
エミレーツ航空 20時間 25分
カタール航空 20時間39分
航空券を安く抑えるなら、中東経由(ドバイ、カタールなど)がおすすめです。「ドバイ空港」での待ち時間が5時間あれば、短時間でのドバイ観光を楽しむことができます。

日本から「リヨン」への行き方

日本から「リヨン」への行き方ですが、直行便がないため、「パリ」、もしくは「ヨーロッパ」や「中東(ドバイ、カタールなど)」を経由して、アクセスする形になります。

ちなみに「パリ」から「リヨン」までは、「飛行機」で約1時間、「電車(TGV)」で約2時間でアクセスできます。

「フランス」リヨンの世界遺産「サンニジエ教会」

フランス「パリ」から「リヨン」への行き方について解説!美食と世界遺産の街〜

2020年3月30日

日本から「トゥールーズ」への行き方

日本から「トゥールーズ」への行き方ですが、直行便がないため、「フランス国内」、もしくは「ヨーロッパ」を経由してアクセスする形になります。

ちなみに「パリ」から「トゥールーズ」までは、「飛行機」で約1時間15分、「電車(TGV)」で約4時間11分でアクセスできます。

日本から「ニース」への行き方

日本から「ニース」への行き方ですが、直行便がないため、「パリ」、もしくはヨーロッパや中東(ドバイ、カタールなど)を経由して、アクセスする形になります。

ちなみに「パリ」から「ニース」までは、「飛行機」で約1時間25分、「電車(TGV)」で約5時間42分でアクセスできます。

南フランス「エズ村」の風景

フランス「パリ」から「ニース」への行き方について解説!地中海沿いの高級リゾート~

2020年3月28日

「フランス」でおすすめの観光地

ここからは、「フランス」でおすすめの観光地を紹介していきます。

花の都「パリ」

「パリ」はフランスの首都で、セーヌ川の両岸に「エッフェル塔」や「オペラ座」、「シャンゼリゼ大通り」など、多くの見どころがあります。

日本からの直行便もありますし、「飛行機」や「電車(TGV)」を利用する事で、フランス国内にも移動しやすい特徴があります。

「パリ」の見どころとしては、下記などがあります。

  • パリのシンボル「エッフェル塔」
  • 華やかで美しい「シャンゼリゼ大通り」
  • パリの下町「モンマルトン」
  • 世界屈指の名作が揃う「ルーヴル美術館」
  • 中世の雰囲気あふれる「シテ、サンルイ島」
「シャルル ド ゴール空港」から市内への移動には、「空港バス」の利用が便利です。

美食と世界遺産の街「リヨン」

リヨン」はフランス南東部にある都市で、美食と世界遺産の街として知られています。

日本からの直行便はありませんが「パリ」から移動しやすく、「飛行機」で約1時間、「電車」で約2時間でアクセスできます。

「リヨン」の見どころとしては、下記などがあります。

  • リヨンのシンボル「フルヴィエール聖堂」
  • 中世の雰囲気たっぷり「リヨン旧市街」
  • リヨン市民の憩いの場「テロー広場」
  • フランス屈指のオープンスクエア「ベルクール広場」
「リヨン空港」から市内への移動には、「ローヌエクスプレス」の利用が便利です。

「フランス観光」リヨンで絶対行くべきスポット10選!美食と世界遺産の街を散策~

2019年12月13日

バラ色の街「トゥールーズ」

トゥールーズ」はフランス南西部にある都市で、赤レンガで造られた街並みがとても綺麗です。

日本からの直行便が無いため、アクセスは困難ですが、「パリ」から飛行機で約1時間15分で行くことができます。(フランス国内からの移動は楽です)

「トゥールーズ」の見どころとしては、下記などがあります。

  • 夜景が綺麗な「ポンヌフ橋」
  • 教会巡り(サンセルナン教会、サン テチエンヌ大聖堂など)
  • エアバス本社を見学
  • トゥールーズの中心「キャピトル広場」と「市庁舎」
「トゥールーズ空港」から市内への移動には、「空港バス」の利用が便利です。

「トゥールーズ」おすすめ夜景スポットを紹介!ポンヌフ、キャピトル広場、サンテチエンヌ大聖堂など見どころ満載~

2019年10月24日
フランス「トゥールーズ」にある「キャピトル広場」と「市庁舎」

映画のような風景が魅力「ニース」

ニース」は地中海沿いにある観光都市で、コートダジュール地方の中心になります。

国際空港」や「電車(TGV)」などが利用できるため、「フランス」以外の国からもアクセスしやすい特徴があります。

「ニース」の見どころとしては、下記などがあります。

  • 地中海の絶景(ニース城跡公園から)
  • 美術館巡り(マティス、シャガールなど)
  • サレヤ広場の朝市(ニース旧市街)
  • 教会巡り(サンニコラ大聖堂、ジャンヌダルク教会など)
  • マセナ広場の噴水
「ニース空港」から市内への移動には、「空港トラム」の利用が便利です。
フランス「ニース」のマルシェ

フランス「ニース」の観光名所を5つ紹介!初めての方におすすめしたいスポット〜

2020年4月4日

「フランス」の基本情報

ここからは、「フランス」の基本情報について紹介していきます。

フランスの治安

「フランス」では、「スリ」「置き引き」「強盗」による被害が多発していますので、注意が必要です。

「メトロ」や「バス」、混雑するスポットでは、スリ被害に遭う可能性も高まります。

貴重品は目の届く範囲で管理し、常に警戒する意識を持つことが「スリ対策」にも繋がります。

人通りの少ない路地を歩く際、強盗被害に遭う可能性があります。

日中であれば比較的安全ですが、夜は人通りが少なくなるため、一人歩きは避けるようにしましょう。

あと、「フランス」では頻繁に「ストライキ」が起こるため、こちらも注意しなければなりません。(電車や飛行機、バスやメトロの稼働状況も変化します)

ストライキの最新情報については、外務省の海外安全ホームページや、在フランス日本国大使館の公式ページなどで入手できます。

フランスにある日本国大使館の場所・連絡先を紹介!パスポートの紛失・盗難に遭った場合の対応について解説~

2019年8月8日

フランスの通貨

「フランス」で利用できる通貨は「ユーロ」になります。

1ユーロ=117円になります。(2020年4月3日時点)

「フランス」はスリが多い国ですので、多額の現金を持ち歩くのは危険です。

大体の観光地では「クレジットカード」が利用できますので、現金は少額持ち歩くのがおすすめです。

スリの多いフランスでは、「クレジットカード」の利用がおすす

「フランス」では、ほとんどの場所で「クレジットカード」が利用できます。(観光客が行くようなスポットは、ほぼ利用できます)

「スリ」の多いフランスでは貴重品が盗まれる可能性もあるため、現金は少額持ち歩くのがベストで、メインの支払いに「クレジットカード」を利用するのがおすすめです。

年会費無料で海外旅行保険付きの「エポスカード」

「エポスカード」は海外に強い「Visa」と、「海外旅行保険」が自動付帯されたクレジットカードです。

「エポスカード」には携行品損害補償が付いているため、旅行中にスマホやデジカメが盗まれたり、壊れた場合に、最大20万円まで補償されます。(1個あたり、最大10万円限度)

「スリ」や「強盗」被害の多い「フランス」では、「エポスカード」のような海外旅行保険付きの「クレジットカード」が特に便利です。

簡単なフランス語を覚えておくと便利

「フランス」は挨拶を大切にする国ですので、「Bonjour(こんにちは)」や「Merci(ありがとう)」を忘れずに言いましょう。

仮に挨拶ができないと、不愉快な対応をされるケースが多々あります…。ご注意ください。

「フランス」旅行で使える、簡単なフランス語を紹介していきます。

日本語 フランス語
こんにちは Bonjour
ボンジュール
こんばんは Bonsoir
ボンソワール
ありがとう Merci
メルスィ
どういたしまして De rian
ドゥリアン
よい1日を Bonne journée
ボン ジュルネ
すみません Pardon
パルドン
トイレはどこですか? Où sont les toilettes?
ウ ソン レ トワレット
これはいくらですか? C’est combien?
セ コンビヤン
「フランス」では英語も通じますが、フランス語で話した方が良い対応をしてくれます。(私の経験上)

日本から「フランス」への行き方まとめ

日本から「フランス」への行き方について紹介しましたが、直行便なら「エールフランス」「日本航空(JAL)」「全日空(ANA)」などを利用して、「パリ」へアクセスできます。

「フランス」は挨拶を大切にする国ですので、簡単なフランス語を覚えておくと便利です。

「南フランス観光」必要な日数って何日?「南フランス」のモデルコースを紹介~

2019年12月1日







注目の記事