「南フランス旅行の費用」日本から南仏の旅費について解説!4泊6日で掛かった旅行費用の内訳

南フランス「サントロペ」の風景

「南フランス」は地中海沿いに広がるリゾート地で、海岸線の景色やカラフルな街並みなど、多くの見どころがあります。

コロナ後に「南フランス旅行」を計画している方もいらっしゃるかと思います。

こちらの記事では、「南フランス旅行」の費用について解説しています。

日本からコートダジュールの中心地「ニース」までの航空券や、現地での食費やホテル料金、観光費用など、実際に掛かった費用を詳しく紹介しています。

「南フランス」ニース旅行の費用

2018年9月に、4泊6日で「南フランス」へ行きました。その時に掛かった旅行費用の詳細を紹介していきます。

「観光シーズン」ということもあり、航空券は少し高いタイミングでした…。冬のシーズンでしたら、航空券を安く抑えることも可能です。

日本からフランス「ニース」の航空券費用

日本から「南フランス」へ行く場合、「パリ」や「ヨーロッパ」、「中東」などを経由してアクセスする形になります。

私の場合はエミレーツ航空で「ドバイ」を経由して、フランス「ニース」へ行きました。航空券の料金は、往復で14万5千円でした。

4月~9月は観光シーズンで、航空券の料金も高いタイミングになります。1月~2月頃でしたら航空券の料金も安くなり、旅行費用を抑えることができます。

日本から「南フランス」への直行便はありません。

「ポケットWiFi」の費用

「南フランス旅行」の日程が決まってから、「ポケットWiFi」をレンタルしました。

選んだのは評判が良かった「グローバルWiFi」で、6日間レンタルしました。費用は8,600円でした。

「南フランス」滞在時にたくさん利用しましたが、通信も安定していてネット接続もスムーズでした。

南フランス「ニース」の宿泊費

「南フランス」での宿泊先ですが、「ニース」で4泊しました。

4日間同じホテルに宿泊し、費用は55,000円でした。

「ニース」中心部の「ベストウエスタン ルーズベルト」という4つ星ホテルに宿泊しました。

「マセナ広場」や「ショッピングモール」などにアクセスしやすく、ホテル近くに「スーパーマーケット」などもあり、とても便利でした。

「ビーチ」まで少し距離がありました。徒歩で約10分くらい。

「ニース」での食費

「南フランス」での食費ですが、約40,000円でした。

日中は「レストラン」などでフランス料理を楽しみ、夜は「ファーストフード」や「パン屋」などを利用しました。

「南フランス」の物価は、東京と同じくらいです。(場所によっては、少し高めな印象)

南フランス「ヴィルフランシュ」でのランチ

「ニース」での交通費

現地での交通費ですが、私の場合は「空港送迎」含めて観光ガイドに依頼していたため、0円となります。(観光費用に加算)

現在は「ニース空港」から市内への移動に「トラム」が利用できるため、交通費を安く抑えることができます。(片道1.5ユーロ)

南フランス「ニース」観光の費用

「南フランス」での観光費ですが、私の場合は個人ガイドに依頼していたため、3.5日分で約80,000円掛かりました。(半日分は「空港送迎」と、一部の観光案内)

3日間で、「コートダジュール地方」の観光スポットを複数周ることができました。

「南フランス」は、車がないと不便なところです。複数エリアを観光するなら「現地ツアー」や「プライベートツアー」の利用がおすすめです。

南フランス「ニース」旅費の合計金額

「南フランス」旅行で掛かった旅費の合計は、4泊6日で328,600円でした。

観光シーズンに「南フランス」を訪れたため、航空券が少し高くなっています。

下記の内訳は、一人旅行の場合の旅費となります。参考程度に見ていただけると幸いです。

旅行費用の内訳 費用
航空券 145,000円
ポケットWiFi 8,600円
ホテル 55,000円
食事 40,000円
交通 0円
観光 80,000円
エミレーツ航空」以外にも、利用できる航空会社が複数あります。時期をずらすことで、航空券の料金を安く抑えることも可能です。

南フランス「ニース」の場所

「ニース」はコートダジュール地方の中心都市で、「国際空港」や「TGV」などが利用できます。

「ニース」をはじめ、「モナコ」や「カンヌ」などの近郊エリアにも見どころが多く、世界中の旅行者から注目を集めています。

南フランス「コートダジュール地方」を観光するなら、周遊観光しやすい「ニース」での宿泊がおすすめです。



Booking.com

フランス南部にある「ニース」の街並み風景

フランス「ニース」でホテルに泊まるなら、このエリアがおすすめ!立地の良い人気の宿泊エリアを紹介

2019年8月6日

南フランス「ニース」の治安情報

「ニース」は観光客の多い都市で、「パリ」や「マルセイユ」よりも治安が安定しています。(フランスの中では観光しやすい場所)

ただ、「すり」や「置き引き」などが多発していますので、万全の対策が必要となります。

公共交通機関(トラムやバスなど)や、駅周辺、混雑する観光地などでは、特に注意が必要です。(すり、置き引きが発生しやすい場所)

「フランス」の治安については、下記の記事が参考になります。

フランス「ディジョン」の街並み

「フランス」治安の良い街について解説!フランスの各都市を観光して分かったことを詳しく紹介

2022年3月6日

「南フランス」でおすすめの観光名所

ここからは、「南フランス」でおすすめの観光スポットを4つ紹介していきます。

コートダジュールの中心都市「ニース」

「ニース」はコートダジュール地方の中心都市で、海沿いの景色や美術館(マティス、シャガールなど)、古い建物が並ぶ旧市街など、多くの見どころがあります。

ニース海岸沿いには遊歩道「プロムナード デ ザングレ」や「I Love Niceのモニュメント」、地中海を一望できる「城跡公園」などがあり、大勢の観光客で賑わっています。

「フランス」ニース海沿いの風景
「I Love Niceのモニュメント」や「城跡公園」を観光するなら、午前中がおすすめです。午後は逆光となります。

南仏観光の人気スポット「エズ村」

「エズ村」はニース近郊にある観光スポットで、岩山の上に造られた鷲の巣村です。

約30分で一周できるくらいの小さな村ですが、中世の街並みや「フラゴナールの香水工場」、展望台からの絶景など、見どころがたくさんあります。

フランス「エズ村」の街並み
「ニース」からバスを利用して、「エズ村」へアクセスできます。「ニース」からの移動時間は約30分となります。

高級リゾート地「モナコ」

「モナコ」は地中海沿いに位置する小さな国で、「フランス」からそのままアクセスできます。

「F1コース」や「モンテカルロ テニス」など、知名度の高いイベントも複数開催され、世界から注目を集めています。

カラフルな街並みが魅力の旧市街や、「モナコ港」の綺麗な景色など、一度は見ておきたい名所がたくさんあります。

「モナコ港」の絶景
「ニース」から「バス」「ヘリコプター」「TER」を利用して、「モナコ」へアクセスできます。

下記の記事では、「ニース」から「モナコ」への行き方を紹介しています。

「ニース」から「モナコ」への行き方について解説!「バス」での移動時間や料金など詳しく紹介

2019年8月14日

映画祭で有名な「カンヌ」

「カンヌ映画祭」で有名な町「カンヌ」は、南フランスのコートダジュール地方にあります。

「カンヌ」には魅力的なスポットが多く、白砂が広がるビーチや、市内を見下ろせる「シュヴァリエ山」、華やかな通りで知られる「クロワゼット大通り」などが特に人気です。

南フランス「カンヌ」の街並み
「ニース」から「カンヌ」への行き方ですが、バスの利用がおすすめです。「ニース」からの移動時間は約50分です。

「南フランス」でおすすめのホテル

ここからは、「南フランス」でおすすめのホテルを紹介していきます。

ニース海岸線が見える「ホテル スイス」

「ホテル スイス」は、ニース海岸沿いにある高級ホテルです。

ロケーション最高で、客室から海岸線の美しい景色を見ることができます。

また、「城跡公園」や「I Love Nice モニュメント」、そして全長3.5kmの遊歩道などがすぐ近くにあります。

客室は清潔感があり、落ち着いた雰囲気のデザイン。

ニース海岸線が見える「オテル ボー リヴァージュ」

「オテル ボー リヴァージュ」は、ニース旧市街にある宿泊施設です。

好立地のホテルで、「マセナ広場」や「ビーチ」などが徒歩圏内にあります。また、「レストラン」や「ショップ」なども多く、ちょっとした食事や買い物にも便利です。

客室はおしゃれで、明るい雰囲気のデザイン。部屋の設備も充実しています。

贅沢な時間を過ごせる豪華ホテル「シャトー エザ」

「シャトー エザ」は、南フランスの「エズ村」にある5つ星ホテルです。

贅沢な時間を過ごせる高級ホテルで、人気の「エズ村」観光を存分に楽しむことができます。

「レストラン」や客室からの眺めが最高で、地中海の絶景をのんびり眺められます。

客室はエレガントな造りで、上質なサービスを受けられます。

「南フランス旅行」のお役立ち情報

ここからは、「南フランス旅行」のお役立ち情報を紹介していきます。

「ニース空港」から市内への行き方

「ニース空港」から市内への移動手段ですが、「トラム」「タクシー」「バス」などがあります。

もっともおすすめなのが「トラム」の利用で、約25~30分でニース中心部まで移動できます。

「トラム」の料金は1.5ユーロで、空港トラム乗り場の「自動販売機」でチケット購入できます。

下記の記事では、「ニース空港」から市内への行き方を紹介しています。

【フランス】ニース空港から市内への移動にはトラムの利用がおすすめ!トラムの乗り方、路線図など紹介

2019年7月25日

「フランス」で使われる通貨

「フランス」の通貨はユーロです。日本国内、現地などで外貨両替できます。

「フランス」は「すり」や「置き引き」の多い国ですので、現金よりもクレジットカードの利用が安全です。

メインの支払いにカードを利用し、現金は少額持ち歩くのがおすすめです。(チップの支払いに現金が必要)

「南フランス旅行」のおすすめ日数

「南フランス旅行」の日数ですが、3日あれば「コートダジュール地方」の定番スポットを一通り観光できます。(移動日は含めていません)

限られた時間で、より多くの観光スポットをまわるなら、「現地ツアー」の利用がスムーズです。

1日で、「エズ村」「モナコ」「マントン」「ロクブリュヌ カップ マルタン」「ラ テュルビー」を観光できます。(日本語ガイド付きの観光プランになります)

「フランス旅行」の持ち物

「フランス旅行」へ行く際、事前に準備するものがいくつかあります。

例えば、日本と「フランス」では電圧や周波数が異なるため、日本の電気製品を使用する場合に「変圧器」や「プラグ」が必要です。

「南フランス」の日差しは日本よりも強く、紫外線対策や「サングラス」などが必要となります。(乾燥対策なども)

下記の記事では、「フランス旅行」の持ち物を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「フランス」アヌシーの美しい湖

「フランス旅行」で必要な持ち物を紹介!フランス観光の必需品&あった方がいいものをピックアップ

2022年3月4日

「南フランス」ニース旅行の費用まとめ

2018年の9月に「南フランス」へ行きましたが、旅行費用は4泊6日で328,600円でした。

観光シーズンに訪れたため、航空券の料金が少し高くなりました。

私の場合、現地についてからは個人ガイドに任せていたため少々高額になりましたが、現地ツアーなどを利用することで観光費を抑えることができます。