フランス「リヨン」で人気の格安ホテルを紹介!安く泊まれる宿泊施設をピックアップ

フランス「リヨン」の街並み

「リヨン」はフランスのローヌアルプ地方にある都市で、美食と世界遺産の街として知られています。

首都の「パリ」からもアクセスしやすく、見どころも多いことから、日本人観光客にも人気があります。

こちらの記事では、フランス「リヨン」で人気の格安ホテルを紹介しています。

観光客に人気のエリアから、安く泊まれるホテルをピックアップしています。これから「リヨン」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

フランス「リヨン」で人気の格安ホテル

ここからは、「リヨン」で人気の安いホテルを6つ紹介していきます。

観光に便利で、1泊1万円台で泊まれるおすすめのホテルになります。

「パールデュー駅」周辺の安いホテル

▼空港移動に便利なホテル「メルキュール リヨン サントル ガール」

「メルキュール リヨン サントル ガール」は、リヨン「パールデュー駅」周辺にある宿泊施設です。

空港移動に便利なホテルで、「リヨン空港」と市内を結ぶ「ローヌエクスプレス」の停車駅が近場にあります。

客室はスタイリッシュで、インテリアもおしゃれ。部屋の設備も充実しています。

▼パールデュー駅近くのホテル「ネメア アパート オテル」

「ネメア アパート オテル レジデンス ソー クラード」は、リヨンの交通の中心地「パールデュー駅」近くにあるホテルです。

ロケーションの良い宿泊施設で、「TGV」や地方列車が利用できる「パールデュー駅」が徒歩圏内にあります。

「バス」や「トラム」を利用することで、スムーズに半島にもアクセスできます。

「コードリエ地区」の安いホテル

▼市内観光がしやすい「ホテル デュ テアトル」

「ホテル デュ テアトル」は、リヨン半島の「セレスタン劇場」近くにある宿泊施設です。

「リヨン歴史地区」の観光に便利なホテルで、主要な観光スポットが徒歩圏内にあります。

また、「レストラン」や「ショッピング街」なども歩いて行ける距離にあり、とても便利です。

客室はモダンで、落ち着いた雰囲気のデザイン。スタッフの対応も良いと評判です。

▼ロケーション抜群「ベストウェスタン ホテル」

「ベストウェスタン ホテル サン タントワ」は、リヨンの「ジャコバン広場」周辺にある宿泊施設です。

ロケーションの良いホテルで、人気の観光スポットや「レストラン」、「ショップ」などが徒歩圏内にあります。(ちょっとした買い物や、食事にも便利)

客室はシンプルな造りで、落ち着いた雰囲気の内装。

「リヨン旧市街」の安いホテル

▼リヨン旧市街観光に便利「カレッジ オテル」

「カレッジ オテル」は、リヨン旧市街にある宿泊施設です。

立地の良いホテルで、古い建物が並ぶ「旧市街」観光にとても便利です。また、「テロー広場」や「リヨン美術館」にもアクセスしやすく、半島もまわりやすい特徴があります。

客室は清潔感があり、明るい雰囲気のデザインです。

▼おしゃれな雰囲気「ル フェニックス オテル」

「ル フェニックス オテル」は、リヨン旧市街の入り口近くにある宿泊施設です。

石畳の街並みが魅力の「旧市街」や、「フルヴィエールの丘」などが近場にあり、存分に観光を楽しめるホテルです。

客室はモダンで、おしゃれな雰囲気。部屋のスペースも広々としています。

フランス「リヨン」の場所

「リヨン」はフランス南東部に位置する都市で、「フランス」で3番目に人口の多い場所。

「テロー広場」や「サンジャン大聖堂」などの歴史地区観光や、リヨンの郷土料理が味わえる「ブション」など、見どころが沢山あります。

ワイナリーで有名な「ボジョレー」や、自然豊かな「アヌシー」など、近郊エリアにも見逃せないスポットがあります。

「リヨン空港」から市内への移動

「リヨン空港」から市内への移動手段ですが、「ローヌエクスプレス」の利用がおすすめです。

「ローヌエクスプレス」は「リヨン空港」と市内を結ぶ高速鉄道で、空港からの移動にとても便利。

チケットはWebで予約可能で、往復26.70ユーロです。「リヨン空港」から約29分で、市内中心部まで移動できます。

2ヵ月前から予約する事で、割引も受けられます。(2ヵ月前の予約で21.40ユーロ、1ヵ月前の予約で24.50ユーロ)

「リヨン」の治安情報

「リヨン」の治安は比較的安定していますが、「すり」や「置き引き」には注意が必要です。

混雑している観光スポット、公共交通機関を利用する際(バス、メトロ、トラム)、駅や路上など、様々な場所で被害に遭う可能性があります。

「すり」対策を万全にする事で回避可能なケースもあるため、事前に準備しておきましょう。

簡単にできる「すり」対策などは、下記を参考にしてください。

  • ポケットに物を入れない(特に後ろポケットなど)
  • 高級品を身につけない(バックや時計など)
  • 目立つ格好は避ける(カジュアルがおすすめ)
  • バックは体の正面で持つ
  • クレジットカードを利用する
「すり」の多いフランスでは、多額の現金を持ち歩くのが危険です。カード決済をメインにするのがおすすめです。

下記の記事では、「フランス旅行」の持ち物について紹介しています。

「フランス」アヌシーの美しい湖

「フランス旅行」で必要な持ち物を紹介!フランス観光の必需品&あった方がいいものをピックアップ

2022年3月4日

フランス「リヨン」で人気の観光スポット

ここからは、「リヨン」で人気の観光スポットを3つ紹介していきます。

フランスでも有名な広場「ベルクール広場」

「ベルクール広場」はリヨンの半島にあるスポットで、「フランス」でも有数の規模を誇る大きな広場。

「ルイ14世」の騎馬像や、星の王子さまで知られる「サンテグジュペリ像」、そして「リヨン観光案内所」などが「ベルクール広場」にあります。

フランス「リヨン」にある「ベルクール広場」

人通りの多い「テロー広場」

「テロー広場」周辺は交通量の多い場所で、「リヨン美術館」や「オペラ座」をはじめ、見どころが沢山あるところ。

重厚感のある「リヨン市庁舎」や、テロー広場にある「4頭の馬の噴水」など、見応えのあるスポットが多数あります。

フランス「リヨン」テロー広場にある「4頭の馬の噴水」

丘の上にある「フルヴィエール聖堂」

フルヴィエール聖堂」は丘の上にある教会で、「リヨン」でも人気の観光名所です。

「フルヴィエール聖堂」が建てられたのは1896年で、外観の彫刻や、聖堂天井のモザイク画などとても見応えがあります。

また、聖堂周辺にある「ローマ劇場」や、リヨン市内を見渡せる「展望台」なども見逃せません。

フランス「リヨン」にある「フルヴィエール大聖堂」

「フランス旅行」お役立ち情報

ここからは、「フランス旅行」で役に立つ情報を4つ紹介していきます。

「リヨン シティカード」について

「リヨン」観光を存分に楽しむなら、「リヨン シティカード」の利用が便利です。

このカードを利用することで、「リヨン美術館」や「ガダーニュ美術館」など、市内にある23ヶ所の人気施設に無料で入場できます。

また、「トラム」や「バス」といった公共交通機関も無料で乗ることができます。

「リヨン シティカード」は1日単位で購入できるため、滞在期間に合わせて調整できます。

「在リヨン領事事務所」について

「フランス」には日本の大使館や総領事館などが幾つかありますが、「リヨン」にも領事事務所があります。

「リヨン」滞在中に「パスポート」を紛失したり、トラブルに遭遇した際、「在リヨン領事事務所」へ連絡しましょう。

領事事務所の場所ですが、「テットドール公園」周辺にあります。市内から「地下鉄」や「トラム」などを利用して、アクセスできます。

名称 在リヨン領事事務所
住所 131 boulevard Stalingrad
69100 Villeurbanne
連絡先 04. 37. 47. 55. 00
時間
(領事窓口)
月曜~金曜日
9時~12時、13時45分~16時30分
電話
(領事窓口)
月~金
8時45分~12時30分、13時30分~16時45分

「リヨン」観光日数について

「リヨン」は美食と世界遺産の街といわれ、「ポールボキューズ市場」や「フルヴィエール聖堂」をはじめ、市内には様々な見どころがあります。

主要スポットを一通り観光するなら、2日程度必要となります。観光で2日あれば、夜景スポットも含め、観光を楽しむことができます。

ちなみに「リヨン」近郊にある「ペルージュ」や「アヌシー」なども観光する場合、もう1〜2日あると計画に余裕ができます。

下記の記事では、「リヨン観光」の日数について解説しています。

フランス「リヨン旧市街」の街並み風景

フランス「リヨン」の観光日数について解説!モデルコースや街並みの風景を紹介

2022年6月5日

「フランス旅行」に使える便利なサービス

「フランス旅行」へ行くなら、「ロコタビ」というサービスが便利です。

「ロコタビ」は海外在住の日本人に個別相談できるサイト。「リヨン」では、119人の登録があります。(2022年6月時点)

現地の情報や観光相談、「フランス語」の通訳や「レストラン」の予約代行など、様々な依頼に対応しています。

利用料金は相談相手によって異なりますが、1時間2,000円〜3,000円くらいが目安になります。

サイトでプロフィールなどを見て、気になる人がいれば、まずは相談してみましょう。

「リヨン」から日帰りで観光できるスポット

「リヨン」はローヌアルプ地方の中心地で、近郊エリアにもアクセスしやすい特徴があります。

「リヨン」から電車での移動もスムーズで、日帰りでの周遊観光も人気があります。

「リヨン」から電車で約30〜40分の場所にある「ペルージュ」は、中世の街並みが魅力の小さな村。名物の焼き菓子「ガレット」も人気です。

「リヨン」から電車で約2時間の場所にある「アヌシー」は、フランスでも人気の観光地。スイス国境近くにある町で、山や運河などの綺麗な景色を楽しめる場所。運河沿いの「レストラン」も人気で、ゆっくりとした時間を過ごせます。

下記の記事では、「リヨン」近郊の観光スポットを紹介しています。

フランスの美しい街「アヌシー」

リヨン近郊のおすすめ観光スポット4選!絶対に見ておきたいフランスの美しい風景~

2019年11月3日

「リヨン」で人気の格安ホテルまとめ

「リヨン」はフランス第3の都市で、ローヌアルプ地方の中心地。

リヨン歴史地区」や「ポールボキューズ市場」など、見応えのある観光名所がたくさんあります。

「リヨン」で宿泊するなら「パールデュー駅」周辺、「コードリエ地区」周辺などがおすすめです。