「南フランス観光」必要な日数って何日?「南フランス」のモデルコースを紹介!南仏の街並みを散策

岩山の上に造られた「中世の美しい村」や「紺碧の海」など、「南フランス」には絵になるスポットがいくつもあります。

「南フランス」に興味があるけど、何日必要?

そうお考えの方もいらっしゃるかと思います。

こちらの記事では、「南フランス」を観光する際の日数について解説しています。

「南フランス」には「コートダジュール」や「プロヴァンス」といった人気の地域がありますが、今回は「コートダジュール」中心の内容を紹介しています。

「南フランス観光」必要な日数について

フランス「コートダジュール地方」といえば「カンヌ」や「モナコ」、「ニース」や「エズ」などが特に有名です。

グルドン」や「サンポール ド ヴァンス」などの「鷲の巣村」や、南仏料理が味わえる「ムージャン」、美術館巡りが楽しめる「カーニュ シュル メール」や「アンティーブ」なども、観光客に人気があります。

「コートダジュール」には多くの観光スポットがありますが、基本的には「車」や「バス」での移動になるため、1日2~4ヶ所の観光が一つの目安になります。

私の経験からお話しますと、「3日」あれば「コートダジュール地方」の定番スポットをまわることができます。

次の項目では、「コートダジュール」のモデルコースを紹介していきます。

「南フランス観光」のモデルコース(1日目)

「コートダジュール」のモデルコース1日目は、「ニース」の観光プランになります。

「ニース」は南仏観光の定番で、「コートダジュール」の中心地です。

インスタ映えする「I Love Niceのモニュメント」や、開放的な空間「マセナ広場」など、多くの見どころがあります。

午後になると「逆光」で綺麗な写真が撮れなかったり、「混雑」するスポットが幾つかあるため、そういった場所を午前中にまわれる内容にしています。

場所 見どころ
午前 ニース ・I Love Niceのモニュメント
・城跡公園
・サレヤ広場(朝市)
エズ ・エズ村を散策
午後 ニース ・サン・二コラ大聖堂
・シャガール美術館
・旧市街を散策
・プロムナード・デ・ザングレを散策
「I Love Nice」のモニュメントや「城跡公園」の絶景スポットは、午前中に行くのがベストです。午後になると「逆光」になりますし、多くの人達で混雑します。

下記の記事では、フランス旅行の持ち物について解説しています。

「フランス」アヌシーの美しい湖

「フランス旅行」で必要な持ち物を紹介!フランス観光の必需品&あった方がいいものをピックアップ

2022年3月4日

コートダジュールの中心「ニース」

「ニース」はフランスで5番目に人口の多い都市で、「マセナ広場」や「プロムナード・デ・ザングレ」をはじめ多くの観光スポットがあります。

「ニース」で絶対に見ておきたいスポットとしては、下記5点になります。

  1. ニース海沿いの遊歩道「プロムナード デ ザングレ」
  2. ニースの定番「I Love Niceのモニュメント」
  3. 地中海の絶景スポット「ニース城跡公園」
  4. 美しい街並み「ニース旧市街」
  5. 交通の中心「マセナ広場」
「サン・二コラ大聖堂」や「ジャンヌダルク教会」など、一風変わった教会巡りも「ニース」の見どころの一つになります。
ニース海岸の絶景スポット「城跡公園」

下記の記事では、「南フランス」でおすすめのホテルを紹介しています。

南フランスにあるレモンの街「マントン」

「南フランス」で宿泊するならどこがおすすめ?コートダジュールで人気のホテルを紹介

2022年1月25日

南仏観光でおすすめの村「エズ」

南仏の「コートダジュール」には、岩山の上に造られた「鷲の巣村」と呼ばれる小さな村がいくつもあります。

中世時代の美しい街並みや、地中海の景色が楽しめるスポットとして、観光客に人気があります。

南仏の「鷲の巣村」のなかで特に人気なのが「エズ村」になります。

南フランスにある「エズ村」の風景
「エズ村」は人気の観光スポットで、午後は混雑します。空いている午前中、もしくは夕方に訪れるのがベストです。

「エズ村」にある2つの高級ホテルも魅力的で、贅沢な時間を過ごせる場所です。

【フランス】エズ村の街並み

「南フランス」エズ村のおすすめホテルを紹介!コートダジュールの絶景を独占できるシャトー

2019年11月16日

のんびり散歩が楽しめる「ニース」の遊歩道

「ニース」の海沿いには、「プロムナード デ ザングレ」と呼ばれる全長3.5kmの遊歩道があります。

道の幅も広く、のんびり散歩が楽しめるスポットとして観光客に人気があります。

通り沿いには「レストラン」や「バー」をはじめ、高級ホテルがずらりと並んでいます。

フランス「ニース」の優雅な散歩コース「プロムナード デ ザングレ」


「南フランス観光」のモデルコース(2日目)

「コートダジュール」のモデルコース2日目は、地中海沿いの港町「ヴィルフランシュ」、セレブ感を味わえる小国「モナコ」、レモンで有名な「マントン」を観光するプランになります。

「マントン」は「イタリア」の国境付近にある町です。

場所 見どころ
午前 ヴィルフランシュ ・港~旧市街散策
・サン・ピエール礼拝堂

午後
モナコ ・旧市街散策
・海洋博物館
・モナコ大聖堂(グレース・ケリーの墓)
・モンテカルロの絶景
・カジノ体験
マントン ・旧市街を散策
・サン・ミッシェル・バジリカ聖堂
・ジャン・コクトー美術館
・遊覧船(マントンやモナコを海側から眺める)
南仏のリゾート地で贅沢な時間を過ごすことができます。

のどかな港町「ヴィルフランシュ」

ヴィルフランシュ」は「ニース」から車で約20分の場所にある、のどかな港町です。

中世時代の面影が残る旧市街や、港にある「サンピエール礼拝堂」などが主な見どころです。

「ヴィルフランシュ」は崖の上からの景色も魅力的で、下記写真のような風景を眺めることができます。

南フランス「ヴィルフランシュ」の街並み
港にあるレストランでは、新鮮な魚料理を楽しむことができます。
「ヴィルフランシュ シュルメール」海沿いの風景

南フランスの港町「ヴィルフランシュ シュルメール」の見どころや行き方について解説!

2019年8月25日

高級リゾート地「モナコ」

「モナコ」は世界で2番目に小さな国として知られていますが、見どころがとても多く、世界的にも有名なイベントも定期的に開催されています。

「カジノ体験」や「モナコ湾の絶景」をはじめ、「F1コース」や「高級ホテル」など、フランスでは味わえない風景を楽しむことができます。

モナコ「モンテカルロ」の絶景
「モナコ」の公用語は「フランス語」ですが、フランスとは異なる雰囲気を楽しめます。

「ニース」から「モナコ」への行き方について解説!「バス」での移動時間や料金など詳しく紹介

2019年8月14日

「南フランス観光」のモデルコース(3日目)

「コートダジュール」のモデルコース3日目は、映画祭で有名な「カンヌ」、中世の街並みが美しい「サンポールドヴァンス」、そして「アンティーブ」を巡る観光プランになります。

「美術館」や「ショッピング」、海沿いの風景などを存分に楽しめます。

場所 見どころ
午前 サンポールドヴァンス ・中世の街並みを散策
・おしゃれなアトリエ巡り
・シャガールの墓
・マーグ財団美術館

午後
カンヌ ・旧市街を散策
・映画祭の会場
・カストル博物館
・ビーチの風景
アンティーブ ・ピカソ美術館
・城塞
・ヨットハーバー
「現代アート」「中世の街並み」「南仏のプライベートビーチ」など、南仏らしい風景をみることができます。

映画祭で有名な「カンヌ」

「カンヌ」といえば、毎年5月に開催される「カンヌ映画祭」が有名です。

「映画祭」以外にも、下記のような見どころがあります。

  • 南仏では珍しい「白砂のビーチ」
  • ゆっくり散歩が楽しめる「カンヌ旧市街」
  • カストル博物館(カンヌの街並みを一望できる)
  • おしゃれ通り「クロワゼット大通り」
「カンヌ」から「サントロペ」行きのフェリーが出ています。「サントロペ」は、南仏で最もおしゃれな街といわれる場所です。
南フランス「カンヌ」の街並み
フランス「カンヌ」港の風景

「フランス」ニース空港からカンヌへの行き方について解説!南フランスの高級リゾート地~

2020年4月6日

中世の街並みが美しい「サンポールドヴァンス」

中世の雰囲気漂う「サンポールドヴァンス」は「鷲の巣村」の一つで、人気の観光スポットになります。

街の美しさでいうと、「南フランス」にある中世の村のなかでもトップクラスです。

「サンポールドヴァンス」の見どころとしては、下記のようなものがあります。

  • 中世の美しい街並み
  • 街に並ぶおしゃれな「アトリエ」
  • シャガールの墓
  • 村の外観(村を一望できる場所)
午後は混雑するため、空いている「午前中」に訪れるのがおすすめです。

南フランス「サンポール ド ヴァンス」の街並み


「南フランス観光」に最適な拠点(ホテル宿泊エリア)

「コートダジュール」を観光する際の拠点ですが、個人的には「ニース」をおすすめしています。

「ニース」をおすすめするポイントとしては、下記4点になります。

  1. 「ニース」での見どころが多い
  2. 国際空港やTGVが利用できる
  3. 空港から市内への移動が分かりやすい
  4. 近郊スポットへアクセスしやすい(バスや列車を利用して)
2019年7月に「空港トラム」が開通しました。これにより、「ニース空港」から市内への移動がとても便利になりました。(片道わずか1.5ユーロ)



Booking.com


南フランス「ニース」でおすすめの宿泊施設を、3つ紹介していきます。

客室からニース海岸の景色が見える「ホテル スイス」

「ホテル スイス」は、ニース海岸沿いにある高級ホテルです。

客室からの眺めが良く、ニース海岸線の景色が見える位置にホテルがあります。(シービューの客室)

市内観光もしやすい宿泊施設で、すぐ近くに「ニース旧市街」や「城跡公園」、そして人気の観光スポット「I Love Nice モニュメント」があります。

客室はモダンで落ち着いた雰囲気があり、優雅な時間を楽しめます。

チェックイン 15時~
チェックアウト 12時まで
WiFi 無料
セーフティボックス あり
荷物預かり あり
フランス「ニース港」の風景

フランス「ニース」海沿いの高級ホテルを紹介!眺めの良いニース海岸近くの宿泊施設

2022年1月22日

ニース空港トラム駅のすぐ近く「ホテル ウニヴェール」

「ホテル ウニヴェール」は、「ニース」中心部にある宿泊施設です。

ホテルの近くに「空港トラム駅」があり、「ニース空港」から市内への移動にとても便利です。

市内の観光もしやすく、「マセナ広場」や「ショッピング街」などがホテルの近くにあります。

客室は落ち着いた雰囲気で、スペースも広々としています。

チェックイン 15時~0時
チェックアウト 5時~11時まで
WiFi 無料
セーフティボックス あり
荷物預かり あり

市内観光に便利「ザ デック ホテル バイ ハッピーカルチャー」

「ザ デック ホテル バイ ハッピーカルチャー」は、「ニース」中心部にあるホテルです。

「マセナ広場」から少し入った「レストラン街」にある宿泊施設で、市内観光に便利です。(近場にスーパーマーケットもあります)

明るい雰囲気の内装デザインで、設備も充実しています。

チェックイン 15時~0時
チェックアウト 11時まで
WiFi 無料
セーフティボックス あり
荷物預かり あり

「南フランス」の基本情報

ここからは「南仏」への行き方や、現地の治安など「南フランス」のお役立ち情報を紹介していきます。

「南フランス」コートダジュールの治安

南仏の治安ですが、「プロヴァンス」方面の「マルセイユ」では「すり」や「強盗」などが多発しているため、治安も不安定となります。(「マルセイユ」は、アフリカ系の移民が多い都市です)

「ニース」や「モナコ」がある「コートダジュール地方」の治安は、比較的安定しています。

ヨーロッパの他の国と同様に、「すり」や「置き引き」には注意が必要ですが、それ以外は特に心配ありません。

「すり」が発生しやすい場所には、下記などがあります。

  • 「トラム」や「バス」などの公共交通機関
  • 混雑する観光スポット
「空港ロビー」や「レストラン」などでは、置き引きにご注意ください。「南フランス」の管轄は「マルセイユ」にある「在マルセイユ日本国総領事館」となります。

下記の記事では、「フランス」の治安について解説しています。

フランス「ディジョン」の街並み

「フランス」治安の良い街について解説!フランスの各都市を観光して分かったことを詳しく紹介

2022年3月6日

「フランス」で使われる通貨

「フランス」で使われる通貨は「ユーロ」になります。

2022年7月9日時点で、1ユーロ=138.66円

「紙幣」の種類は複数ありますが、観光目的で「フランス」を訪れる場合は「5ユーロ」「10ユーロ」「20ユーロ」などが利用しやすい「紙幣」となります。

日本国内、もしくは現地の「空港」や「市内」などで、外貨両替できます。

「フランス」ではクレジットカードの利用が便利

「フランス」では、様々な場所で「クレジットカード」が利用できます。

旅行中の支払いを「クレジットカード」にすることで、多額の現金を持ち歩く必要もなくなります。(すり対策にも繋がる)

海外旅行保険が付いているカードを所持する事で、何かのトラブルに遭遇した場合も安心できます。

現地滞在中に「クレジットカード」が盗まれる可能性もあるため、カードを複数枚所持しておくのがおすすめです。

日本から「ニース」への行き方

現状、日本から「ニース」への直行便はありません。フランスの「パリ」や「ヨーロッパ」、そして中東(ドバイ、カタール)などを経由してアクセスする形になります。

移動時間の目安ですが、日本から「パリ」経由で「ニース」へ行く場合、約16時間かかります。

日本から「トルコ」や「オランダ」などを経由して「ニース」へ移動する場合、約19時間かかります。

航空券の料金目安は、約10万円前後になります。(往復の航空チケット料金)

日本から「ニース」行きの航空券を探すなら、「スカイスキャナー」の利用が便利です。簡単操作で、もっとも安い航空チケットをすぐにチェックできます。

「南フランス観光」なら、現地ツアーの利用が便利

「ニース」や「モナコ」をはじめ、「南フランス」には魅力的なスポットがたくさんあります。

基本的には「バス」や「鉄道」などを利用して観光できますが、「チケットの手配」や「細かなスケジュール調整」が必要になります。

現地の公共交通機関の情報を調べたり、チケットを手配するのが面倒…という方には、現地ツアーの利用が便利です。

日本語対応プランが充実している「ベルトラ」

「南フランス」の現地ツアーでしたら、現地ツアーの専門サイト「ベルトラ」がおすすめです。

「ベルトラ」をおすすめする理由としては、下記5点になります。

  1. 半日~1日単位で、ツアーを予約できる
  2. 日本語対応プランが充実している
  3. ホテルの往復送迎が付いている(一部付いてないものもあり)
  4. 上場企業が運営するサービスで、安心感がある
  5. 過去にツアー参加した人の体験談を見れる
半日から参加できるツアーもあるため、ちょっとした空き時間を有効活用できます。

自分のペースで南仏観光を楽しむなら「ロコタビ」

団体ツアーが苦手…という方には、「ロコタビ」という便利なサービスがあります。

「ロコタビ」は現地在住の日本人に個別相談できるサイトです。

具体的な相談内容としては、下記のようなものがあります。

  • 現地の観光ガイド
  • フランス語の通訳
  • レストランの予約代行
  • 空港送迎
「ロコタビ」は個人ツアーになるため、団体ツアーよりも料金が高くなります。ただ、内容については自由にカスタマイズできるため、好きなところだけをまわる事ができます。

「南フランス観光」必要な日数まとめ

フランス南部の「コートダジュール」は見どころが多く、治安も安定しているため、初めてフランスへ行かれる方にもおすすめです。

「3日」あれば定番スポットを一通り見ることができますが、「パリ」から「ニース」の日帰り観光も可能です。

日帰りの場合は、「モナコ」と「エズ」の観光がよろしいかと思います。(南仏らしい雰囲気を味わえます)