「ギリシャ」アテネの治安について解説!実際に「アテネ」に行ってみて感じた点を紹介

ギリシャ「アテネ」の風景

「ギリシャ」の首都「アテネ」には「アクロポリス」や「古代アゴラ」をはじめ、魅力的なスポットがたくさんあります。

「アテネ」に興味があるけど、現地の治安ってどうなの?

そうお考えの方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、ギリシャ「アテネ」の治安について解説しています。

2019年1月に「アテネ」へ行きましたので、実際に行ってみて感じた点を紹介しています。これから「アテネ」に行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

「ギリシャ」アテネの治安について

「ギリシャ」の治安は年々悪化しており、被害件数も上昇している状況です。(2019年には、120件の被害が発生)

犯行手口で最も多いのが「すり」で、被害件数の約8割を占めています。(在ギリシャ日本国大使館の調べ)

犯行手口 割合
すり 82.5%
置き引き 10.8%
その他 6.7%
「アテネ」では、万全の「すり」対策が必要となります。

「すり」「置き引き」が発生しやすい場所ですが、下記スポットなどになります。

場所 注意点
電車、駅 すりに注意。バッグから財布が盗まれるケースが多発。
シンタグマ広場 すり、置き引きに注意
アクロポリス 強盗に注意。夕方~夜は人通りが少ない
国立考古学博物館 違法薬物の売買が活発(裏通りは避ける)
オモニア 置き引きに注意
ピレウス港 置き引きに注意
「アテネ」滞在中に何かのトラブルに遭遇したり、「パスポート」が盗まれた場合、すみやかに「在ギリシャ日本国大使館」へ連絡しましょう。

ギリシャ「アテネ」に行ってみて感じたこと

2019年1月に「アテネ」へ行きましたが、ヨーロッパの他の国と比べて、治安が良い印象がありました。(スペイン、フランスと比べて、アテネは治安が良い印象)

実際に「アテネ」に行ってみて感じた点を、いくつか紹介していきます。

  1. 「モナスティラキ広場」周辺で、物売りがしつこかった
  2. 夜の「アクロポリス」周辺は人通りが少なかった
  3. 駅、地下鉄を利用する際、特に警戒した(必要性を感じた)
  4. 予約した「ホテル」が裏通りにあったので、夜間は特に注意した(必要性を感じた)
裏通りなど、人通りが少ない場所は避けるようにしましょう。

下記の記事では、アテネの中心「シンタグマ広場」の見どころについて解説しています。

アテネの「シンタグマ広場」にある「ギリシャ国会議事堂」

「ギリシャ」アテネの中心部「シンタグマ広場」の見どころや人気のホテルを紹介!空港アクセスに便利なスポット

2022年2月10日

「アテネ」で効果的な「すり」対策

「ギリシャ」では「すり」による被害が多発していますので、「アテネ」へ行かれる場合に「すり」対策が必要です。

簡単にできる「すり」対策としては、下記のようなものがあります。

  • ポケットに物を入れない
  • バッグ、リュックなどは体の正面に持つ
  • 多額の現金を持ち歩かない
  • クレジットカードをメインに利用する
  • 高価な時計、アクセサリーは身に着けない
  • 目立たない格好を意識する
観光客っぽさを見せない工夫が大切です。

「すり」の多いギリシャでは、クレジットカードが便利

「ギリシャ」は「すり」の多い国で、現金でのやり取りは極力避けたいところ…

そんな時におすすめなのが、「クレジットカード」です。

「ギリシャ」では多くの場所で「クレジットカード」が利用できるため、現金を持ち歩く必要がありません。(現金が盗まれる心配もなくなります)

「ギリシャ」でおすすめのクレジットカードが「エポスカード」で、「Visa付き」のカードを発行することで海外旅行保険が「自動」で付いてきます。

補償の内容は下記のような形で、仮に旅行中に「スマホ」や「カメラ」が壊れた場合に、最大20万円まで補償されます。(海外旅行保険の詳細は、公式サイトから確認できます)

保険の種類 保険金額
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
携行品損害 20万円(1個:10万円限度)
「エポスカード」の年会費は永年無料で、最短即日発効することができます。

「アテネ」で困ったときに役立つサービス

「アテネ」滞在中、何かのトラブルに遭遇した場合、現地警察へ被害届を提出することになります。

「ギリシャ語」や「英語」がうまく話せないから不安…

そういった方におすすめのサービスが「ロコタビ」です。

「ロコタビ」は現地在住の日本人に個別相談できるサービスで、「ギリシャ語」や「英語」が堪能な方も多数登録しています。

何かのトラブルに遭遇して「警察でのやり取りが必要」となった場合、警察に同行してもらうことでスムーズに手続きを進められます。

利用料金については相談する方によって異なりますが、約1,000~3,000程度(1時間)になります。

海外旅行保険を利用する場合、現地警察が発行する被害届の証明書が必須となります。


「ギリシャ」アテネの場所

「アテネ」は「ギリシャ」の首都で、政治や経済の中心部になります。

「アクロポリス」や「シンタグマ広場」をはじめ、庶民の雰囲気を感じられる「オモニア広場」や「プシリ」など、市内には多くの見どころがあります。



Booking.com

「ギリシャ」には「アテネ」以外にも魅力的なスポットが多く、エーゲ海にある「サントリーニ島」や「クレタ島」をはじめ、大自然を楽しめる「メテオラ」など、見逃せないスポットがいくつもあります。

下記の記事では、「アテネ」から「サントリーニ島」への行き方を紹介しています。

ギリシャの航空会社「スカイエクスプレス航空」

ギリシャ「アテネ」から「サントリーニ島」への行き方について解説!航空券の料金目安、飛行機での移動時間など紹介

2022年2月6日

「アテネ空港」から市内への行き方

「アテネ空港」から市内へのアクセスですが、「タクシー」「地下鉄」「バス」などを使って移動できます。

個人的におすすめなのが「バス」の利用で、「アテネ空港」から市内中心部の「シンタグマ広場」まで約50分かかるものの、わずか6ユーロで移動できます。

移動手段 移動時間 片道料金
バス 約50分 6ユーロ
地下鉄 約40分 10ユーロ
タクシー 約30分 38ユーロ
「ギリシャ」の地下鉄は「すり」の危険性が高いところです。大きな荷物を持って移動される場合、ご注意ください。
ギリシャ「アテネ」にある「モナスティラキ広場」の風景

ギリシャ「アテネ空港」から市内への行き方を紹介!空港シャトルバスで「シンタグマ広場」へアクセス

2019年1月29日

日本から「アテネ」へのアクセス

日本から「アテネ」への行き方ですが、乗り継ぎ便を利用する形になります。(直行便はありません)

ヨーロッパ方面なら「ドイツ」や「トルコ」などを経由して、「アテネ」へアクセスできます。

また、「ドバイ」や「カタール」といった中東経由もおすすめで、飛行機の待ち時間が6時間程度あれば、短時間での市内観光を楽しめます。

日本から「アテネ」までの移動時間目安は、約16時間となります。

「アテネ」行きの格安航空券をチェックするなら、「スカイスキャナー」の利用がスムーズです。いまもっとも安い航空券がすぐに見つかります。

「ギリシャ」アテネで人気のホテル

「アテネ」で宿泊するなら、下記スポットなどが観光しやすくおすすめです。

  • 空港移動に便利な「シンタグマ広場」周辺
  • 市内観光に便利な「モナスティラキ広場」周辺
  • 古代遺跡にアクセスしやすい「アクロポリス」周辺
「アテネ」の観光名所は徒歩でまわれる場所が多く、スムーズに観光できます。

シンタグマ広場近くのホテル「アマリア ホテル」

「アマリア ホテル」は、アテネの中心部「シンタグマ広場」近くにある宿泊施設です。

「アテネ空港」や「ピレウス港」からのアクセスにとても便利なホテルで、バス停から近い距離に施設があります。

客室はモダンな雰囲気で、部屋のスペースも広々としています。

チェックイン 15時~0時
チェックアウト 3時~11時
WiFi 無料
セーフティボックス あり
荷物預かり あり
ギリシャ「スニオン岬」の風景

ギリシャ「アテネ」でおすすめのホテルを紹介!空港アクセスや「アテネ」観光に便利な人気の宿泊施設

2022年2月9日

ロケーション抜群「ヘロディオン ホテル」

「ヘロディオン ホテル」は、アテネの「アクロポリス」近くにある宿泊施設です。

ロケーション抜群のホテルで、「アクロポリス」の景色を存分に楽しむことができます。

また、「シンタグマ広場」や「モナスティラキ広場」をはじめ、人気の観光スポットが徒歩圏内にあり、とても便利です。

明るい雰囲気の客室で、「家具」や「内装」にこだわりが感じられます。

チェックイン 15時~
チェックアウト 11時まで
WiFi 無料
セーフティボックス あり
荷物預かり あり

内装がおしゃれなホテル「ロータス イン」

「ロータス イン」は、アテネの「モナスティラキ広場」近くにある宿泊施設です。

「アテネ」の市内観光に最適なホテルで、古代遺跡が残る「アクロポリス」や「古代アゴラ」をはじめ、観光客で賑わう「プシリ」や「プラカ」などが周辺にあります。

スタイリッシュな客室はとてもオシャレで、快適な時間を過ごせます。

チェックイン 14時~
チェックアウト 12時まで
WiFi 無料
セーフティボックス あり
荷物預かり あり

「ギリシャ」アテネで人気の観光スポット

「アテネ」には多くの観光名所がありますが、一度は見ておきたいスポットを2つ紹介します。

観光客で賑わう「モナスティラキ広場」

モナスティラキ広場」は、「アテネ」でもっとも賑わいのあるスポットです。

広場の周辺には「カフェ」や「レストラン」、「ショップ」や「お土産屋」などが揃っています。

また、「モナスティラキ広場」から「パルテノン神殿」が綺麗に見えます。

ギリシャ「アテネ」にある「モナスティラキ広場」の風景
「パルテノン神殿」は、夜のライトアップも魅力的です。
アテネの中心部にある「モナスティラキ広場」の風景

「ギリシャ」アテネにある「モナスティラキ広場」の見どころや広場周辺のおすすめホテルを紹介!

2022年2月11日

アテネの貴重な遺跡「パルテノン神殿」

「アテネ」といえば「パルテノン神殿」が有名ですが、神殿や音楽堂を含む「アクロポリス」が世界遺産に登録されています。

「アテネ」では、外せないスポットの一つになります。

ギリシャ「アテネ」にある「パルテノン神殿」の風景

「ギリシャ旅行」基本情報

ここからは「ギリシャ旅行」に役立つ情報を3つ紹介していきます。

「ギリシャ」旅行で必要な持ち物

「パスポート」や「現地通貨」をはじめ、「ギリシャ」へ行く場合に必要な持ち物がたくさんあります。

「ギリシャ」は日差しが強く、乾燥しやすい国ですので、「サングラス」や紫外線対策、乾燥対策などは必要です。

日本の家電製品を「ギリシャ」で利用する場合、「電源プラグ」や「変圧器が」必要になります。

「ギリシャ」は「すり」の多い国で、多額の現金を持ち歩くのは危険です。多くの店舗で「クレジットカード」が使えるため、カードの利用をメインにするのがおすすめです。

「ギリシャ」旅行の持ち物については、下記の記事が参考になります。

ギリシャ「パロス島」の街並み

「ギリシャ旅行」で必要な持ち物を紹介!「アテネ」や「サントリーニ島」観光の必需品&あった方がいいもの

2022年3月8日

ギリシャ「アテネ」観光に必要な日数

「アテネ」には「古代遺跡」や「博物館」など、様々な見どころがあります。

また、近郊エリアにも魅力的なスポットが多く、夕陽が綺麗な「スニオン岬」や世界遺産の「デルフィ」、奇岩の風景が楽しめる「メテオラ」などが特に人気です。

「アテネ」の観光日数ですが、一通り見てまわる程度なら1日、一つ一つゆっくり観光するなら2〜3日必要となります。

「アテネ」近郊エリアも観光する場合、もう1〜2日あるとスケジュール調整しやすくなります。

下記の記事では、「アテネ観光」のモデルコースを紹介しています。

「アテネ」にある「アクロポリス」の風景

ギリシャ「アテネ」の観光日数について解説!モデルコースや人気の世界遺産を紹介

2022年4月10日

「ギリシャ」で使われる通貨

「ギリシャ」の通貨はユーロで、1ユーロ=135.23円です。(2022年4月7日時点)

「ギリシャ旅行」の際に現金を持ち歩く場合、小額の紙幣が便利です。(5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ)

高額紙幣は使いにくく、盗まれる可能性もあるため、おすすめできません。外貨両替の際に50ユーロ以上の紙幣を渡された際、その場で崩してもらうのがスムーズです。

「ギリシャ」アテネの治安まとめ

「アテネ」はヨーロッパの中では治安が良いほうですが、「すり」には注意が必要です。

「地下鉄」や「バス」を利用する際や、混雑する観光スポットなどで、「すり」に遭う可能性が高まります。

「すり」対策を万全にして、市内観光を楽しむようにしましょう。

下記の記事では「メテオラ観光」について解説しています。「ギリシャ」のなかでも人気の高いスポットで、「アテネ」から鉄道を利用して行くことができます。(片道約5時間)

アテネからメテオラ観光は「日帰り」ではなく、1泊するのがおすすめ!岩山の上に建つ「修道院」を観光

2019年11月29日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。