アラブ首長国連邦「ドバイ」の治安情報を紹介!ドバイで気をつけることや注意点について解説

「ドバイ」にあるアルシーフの街並み

「ドバイ」には世界一の超高層タワー「ブルジュハリファ」、7つ星ホテル「ブルジュ アル アラブ」など、魅力的なスポットがたくさんあります。

「ドバイ」に興味があるけど、現地の治安ってどうなの

そうお考えの方も、いらっしゃるかと思います。

こちらの記事では、「ドバイ」の治安について解説しています。

「ドバイ」は外国人労働者の多い都市です。現地の治安情報や、注意点などを詳しく紹介しています。

「ドバイ」の治安について

「ドバイ」は出稼ぎ労働者の多い都市で、人口の約9割が外国人居住者です。(現地のアラブ人を見かけることはカナリ少ない状況)

「ドバイ」は急速に発展している都市で、外国企業の誘致にも積極的。

近年、世界中の旅行者からも「ドバイ」は注目されていて、厳格な入国管理を実施することで、治安の方も良い状態が保てている形となります。

私自身、これまで何度か「ドバイ」へ行き、色々な場所をまわりましたが、とても治安が良いと感じました。2019年2月と4月、2020年2月にドバイへ行きました)

「ドバイ」は夜の観光スポットも多く、夜の時間帯に「ダウンタウン」や「バスタキヤ地区」、「ドバイマリーナ」や「ジュメイラビーチ周辺」にも行きましたが、治安も良かったです。

ただ、日本とは異なる部分もあるため、「すり」や「置き引き」には警戒が必要です。

「ドバイ」の最新情報は、「在ドバイ日本国総領事館」のサイトから確認できます。

ドバイ「すり」が発生しやすい場所

中東の近隣国や「ヨーロッパ」に比べて、「ドバイ」の治安は良い状況です。

ただ、日本とは異なりますので、「すり」や「置き引き」には注意が必要です。

例えば「メトロ」や「バス」などの公共交通機関や、人気の観光スポット、「レストラン」や「フードコート」などは人の出入りが激しく、気をつけた方がよい場所となります。

ドバイクリーク沿いにある「アルシーフ」
「ドバイ」の治安は安定していますので、最低限の「すり」対策をしていれば大丈夫です。

ドバイで簡単にできる「すり」対策

「すり」対策の参考例ですが、下記のようなものがあります。

  1. 後ろポケットにものを入れない
  2. バッグはチャック付きのものを持つ(中身が見えないもの)
  3. 支払いの際は「クレジットカード」を利用する(現金を持ち歩かない)
  4. 夜の一人歩きは避ける
  5. ブランド品を身に着けない
観光客は狙われやすい存在です。「目立たない」「隙を見せない」などの工夫が必要です。



ドバイでは「クレジットカード」の利用が便利

「ドバイ」で使われる通貨は「ディルハム」で、1AED=38.80円になります。(2022年9月10日時点)

日本では外貨両替できないため、現地の「空港」や「ショッピングモール」などで両替する形になります。

「ドバイ」では多くの場所で「クレジットカード」が利用できるため、カード決済をメインにするのがおすすめです。

「クレジットカード」を使うことで「現金」を持ち歩く必要がなくなり、「すり」対策にも繋がります。

ここからは、「ドバイ」でおすすめの「クレジットカード」を2つ紹介していきます。

年会費無料で発行できる「エポスカード」

「エポスカード」は、年会費無料で作れる「クレジットカード」です。

「Visa付き」のカードを発行する事で、海外旅行保険も自動付帯されます。(海外旅行に便利)

補償の内容ですが、「傷害治療費用(200万円)」や「疾病治療費用(270万円)」に加え、「携行品損害(20万円)」も含まれます。

また、デパートで有名な「丸井グループ」が発行するカードですので、安心感もあります。

「ドバイ」滞在中、「スマホ」や「デジカメ」を落して壊れた場合に最大20万円まで補償されます。

特典が充実「楽天プレミアムカード」

「楽天プレミアムカード」は、「楽天グループ」が発行するクレジットカードです。

年会費11,000円(税込み)かかりますが、充実したサービスを受けることができ、使い方によっては年会費以上の価値があります。

「楽天プレミアムカード」はポイント還元率が高く、楽天市場での還元率は5倍になります。

また、国内&海外の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティパス」も、無料で発行することができます。

ドバイ空港 ターミナル3」には、5ヶ所の「プライオリティパス」ラウンジがあります。「ドバイ旅行」の際に「プライオリティパス」を発行しておくことで、飛行機の待ち時間を快適に過ごせます。(世界1300ヶ所以上で利用可能)

「ドバイ」の場所

「ドバイ」は「アラブ首長国連邦」にある都市で、ペルシャ湾沿いに位置しています。

最寄りの空港は「ドバイ国際空港」で、「羽田空港」や「成田空港」、「関西空港」から直行便が出ています。(エミレーツ航空)

ダウンタウン」が「ドバイ」の中心で、超高層タワー「ブルジュハリファ」や、世界最大級の噴水ショー「ドバイファウンテン」など、様々な見どころがあります。

「ドバイ」市内の移動には、安くて便利な「メトロ」がおすすめです。

「ドバイ」でおすすめのホテル宿泊エリア

「ドバイ」で宿泊するなら、「ディラ地区」や「ダウンタウン」、そして海沿いの「ドバイマリーナ」がおすすめです。

「ディラ地区」や「ダウンタウン」については「ドバイ空港」からアクセスしやすく、市内観光にも便利なエリアです。

「ドバイマリーナ」は空港から離れた距離にありますが、海に近い場所にあるため、観光客に人気のあるエリアです。

また、距離は遠くなりますが、砂漠地帯での宿泊もおすすめです。

ドバイ「ジュメイラビーチ」の風景

「ドバイ」で人気の四つ星ホテル8選!「ドバイ」の複数エリアから厳選した高級宿泊施設

2022年1月12日

「ドバイ空港」から市内への移動

「ドバイ空港」から市内への移動手段には、「メトロ」「バス」「タクシー」などがあります。

3~4名でしたら「タクシー」での移動がい便利ですが、1~2名でしたら「メトロ」の利用がおすすめです。

「ドバイ」のメトロには、2つの路線があります。「ブルジュハリファ」や「ドバイマリーナ」方面へ移動できる「レッドライン」と、旧市街方面を走る「グリーンライン」があります。

「メトロ」の料金は移動する「距離」と「ゾーン」で決まりますが、4~6AEDが目安になります。

頻繁に「メトロ」を利用する場合、1日券の購入がおすすめです。(22AED)

「ドバイ」の基本情報

ここからは、「ドバイ旅行」に役立つ情報を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

いつでもネット環境が使える状況にしておくと安心

「ドバイ」は治安の良い都市ですが、ネット環境が整っていると何かあった時にも安心できます。

個人的におすすめなのが「グローバルWiFi」になります。海外WiFiレンタルの実績が豊富で、サポート体制も充実しています。

「ドバイ」での通信も安定していて、「端末」がコンパクトで持ち運びしやすい点も利用をお勧めするポイントになります。

急な予定で旅行に行けなくなった場合、出発の4日前迄でしたらキャンセル料は無料です。

「ドバイ旅行」に必要な日数

「ドバイ」の人気スポットを一通り観光するなら、3泊5日のプランがおすすめです。

「ドバイ」で3日あれば、「ブルジュハリファ」や「ドバイマリーナ」をはじめ、砂漠エリアの「デザートサファリ」なども観光することができます。

「アブダビ」の方へ行く場合は、1日追加することでスケジュール調整もしやすくなります。

下記の記事では、「ドバイ観光」のモデルコースを紹介しています。

「ドバイ」バスタキヤ地区の風景

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

「ドバイ」の物価について

「ドバイ」の物価ですが、訪れるエリアによって変わってきます。

「ドバイ空港」近くにある「ディラ地区」や、スークなどがある「旧市街」は、比較的物価の安いエリアになります。

格安ホテルや、リーズナブルなレストランも多く、スーパーでの買い物なども安価です。

市内中心部の「ダウンタウン」や、海沿いの「ドバイマリーナ」などは、物価も高めになります。

この辺には高級ホテルや、眺望の良い宿泊施設も沢山あり、宿泊費も高額です。また、スーパーでの買い物なども、「ディラ地区」に比べて高くなります。

「ドバイ旅行」おすすめの時期

「ドバイ旅行」のおすすめ時期は、11月~3月頃になります。

この時期は「ドバイ」の気温も下がり、日中も過ごしやすくなります。(市内観光もしやすい)

4月頃から気温が上がり、日中の日差しも強くなります。

下記の記事では、「ドバイ観光」のベストシーズンについて解説しています。

「ドバイフレーム」の外観風景

「ドバイ観光」ベストシーズンはいつ頃?「ドバイ」で人気の観光名所をピックアップ

2022年6月14日

「ドバイ」でおすすめの観光スポット

「ドバイ」には多くの観光スポットがありますが、特におすすめの観光スポットを3つ紹介していきます。

ドバイのランドマーク「ブルジュハリファ」

「ブルジュハリファ」は、「ドバイ」を代表する観光スポットです。

地上からの高さは828mで、建物の外観はとても迫力があります。

「ブルジュハリファ」の内部にも入ることが可能で、124~125階の展望台から「ドバイ」の街並みを眺めることができます。

ドバイのランドマーク「ブルジュハリファ」の風景
「ブルジュハリファ」は人気の観光スポットで、「展望台」の窓口はとても混雑します。スムーズに入場するなら、チケットの事前予約がおすすめです。

古い街並みが魅力の「ドバイ旧市街」

近未来的なイメージの強い「ドバイ」ですが、古い建物が並ぶ「旧市街」も人気があります。

アラブの伝統的な装飾や建築などが並ぶ「バスタキヤ地区」や、中東の雰囲気を肌で感じられる「スーク(ゴールドスーク、スパイススーク、オールドスーク)」など、様々な見どころがあります。

ドバイ旧市街にある「スパイススーク」
「バスタキヤ地区」には、「ラクダ肉」の料理が味わえるレストランがあります。

下記の記事では、「ドバイ旧市街」の魅力について解説しています。

【ドバイ観光】オールドドバイ(旧市街)の行き方、見どころについて解説!異国情緒あふれる人気スポット~

2019年4月30日

海沿いの新興地区「ドバイマリーナ」

「ドバイマリーナ」は海沿いの人気エリアで、新しい開発が進む新興地区です。

高層ビルや「ヨットハーバー」を眺めながら散歩が楽しめる「マリーナウォーク」や、ねじれたビル「カヤンタワー」など、「ドバイマリーナ」には見どころがたくさんあります。

また、2021年10月にオープンした「ドバイアイ」も、現地で注目を集めています。地上からの高さは250mで、世界一の高さを誇る観覧車になります。

「ドバイ」のニュースポット「ドバイアイ」

下記の記事では、海沿いの人工島「ブルーウォーターアイランド」の見どころを紹介しています。

ドバイの新名所「ブルーウォーターアイランド」

ドバイの新名所「ブルーウォーターアイランド」への行き方、見どころを紹介!ジュメイラビーチから見える新名所~

2020年2月15日

「ドバイ」おすすめの現地ツアー情報

「ドバイ」では超高層タワーや、大きな観覧車、そして7つ星といわれる超豪華ホテルなど、様々な見どころがあります。

煌びやかなイメージが先行している「ドバイ」ですが、砂漠エリアでの自然体験も観光客に人気があります。

砂漠で「らくだ」に乗ったり、4WDで砂丘ドライブしたり、砂漠でバーベキューを味わえるなど、貴重な体験ができます。

ちなみに「ドバイ」中心部から砂漠のある「デザートサファリ」まではカナリ距離があります。そのため、往復送迎付きの現地ツアーを利用するのが一般的です。

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「デザートサファリツアー」を予約することができます。

「ドバイ」の個人ツアーなら「ロコタビ」が便利

団体ツアーが苦手…という方には、「ロコタビ」の利用が便利です。

「ロコタビ」は、海外在住の日本人に個別相談できるサイトです。

現在「ドバイ」には353人の登録があり、現地の観光相談や1日ガイド、空港送迎など、様々な依頼に対応しています。(2022年9月時点)

相談自体はネット経由で対応できるため、気軽に相談から始めるのがスムーズです。

「ドバイ」の治安まとめ

「ドバイ」の治安は安定していますが、「異国の地」になりますので最低限の対策は必要です。

「公共交通機関」や人気の観光スポットなどは混雑しやすい場所で、「すり」対策が必要となります。

「ドバイ」滞在中に何かのトラブルに遭遇した場合、すみやかに「在ドバイ日本国総領事館」へ連絡しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。