「ドバイアイ(アインドバイ)」の見どころについて解説!観覧車の「料金」や「高さ」などを紹介

ブルーウォーターアイランドにある新名所「ドバイアイ(観覧車)」

「ドバイ」の湾岸エリアには「ドバイマリーナ」や「パームジュメイラ」など、魅力的なスポットが数多くあります。

フォトジェニックスポット「ザ ポイント」や「ドバイアイ(観覧車)」などの新名所も人気で、多くの観光客で賑わっています。

こちらの記事では、「ドバイアイ(アインドバイ)」の見どころについて解説しています。

ドバイアイ(観覧車)は2021年10月21日にオープンした「ドバイ」の新名所で、世界で最も高い観覧車です。エアコンが完備されたキャビンから、「ドバイ」の街並みを眺めることができます。

ドバイアイ(観覧車)の場所

世界で最も高い観覧車「ドバイアイ」は、湾岸エリアの人工島「ブルーウォーターアイランド」にあります。

「ドバイマリーナ」や「ジュメイラビーチ」から徒歩で、「ブルーウォーターアイランド」にアクセスできます。

湾岸沿いは「リゾート」気分が味わえる場所で、「ドバイ」でも人気のエリアになります。

トラムで「ジュメイラビーチ レジデンス2」まで移動し、駅から徒歩で約30分でアクセスできます。

「ブルーウォーターアイランド」の見どころ

「ブルーウォーターアイランド」は、2019年にオープンしたばかりの新名所です。

「ブルーウォーターアイランド」の見どころとしては、下記3点になります。

  • 世界で最も高い観覧車「ドバイアイ」
  • 洗礼されたおしゃれな「レストラン」
  • 「ジュメイラビーチ」の絶景ポイント
「ジュメイラビーチ」と「ブルーウォーターアイランド」を結ぶ橋も、見どころの一つになります。(橋の途中に、「ジュメイラビーチ」を見渡せる展望台があります)

下記Youtubeで、「ブルーウォーターアイランド」の見どころを紹介しています!



ドバイアイ(観覧車)の見どころ

インパクト絶大の「ドバイアイ」ですが、「ブルーウォーターアイランド」から迫力ある景色を楽しめます。

独特な形状の照明も、近未来的な雰囲気を演出しています。

「ドバイアイ」がある「ブルーウォーターアイランド」は人工島で、おしゃれな「レストラン」や「ショップ」、お土産屋さんなどが並んでいます。

間近で見た「ドバイアイ」

「ドバイアイ」は「ジュメイラビーチ」からの眺めがとてもキレイで、日中は下記写真のような景色を眺められます。

少し遠めから「ドバイアイ」を見ることで、その大きさが一目でわかります。

「ジュメイラビーチ」から見た、「ドバイ ブルーウォーターアイランド」の景色

「ドバイアイ」のライトアップは現状ありませんが、「ブルーウォーターアイランド」のライトアップがとても綺麗で、見応えがあります。

「ドバイ ブルーウォーターアイランド」の夜景
「ドバイマリーナ」から「遊覧船」に乗って、夜の湾岸エリアの風景を楽しむこともできます。

下記の記事では、「ドバイ」の夜景スポットを紹介しています。世界最大規模の「噴水ショー」や、夜の「スーク」など、「ドバイ」で人気の夜スポットをまとめています。

ドバイにある「アルシーフ」の夜風景

「ドバイ」おすすめの夜景スポット7選!「ブルジュハリファ」「ドバイマリーナ」など、見どころ満載~

2019年10月12日

ドバイアイ(観覧車)の高さ

「ドバイアイ」の高さは250mで、世界で最も高い観覧車になります。

以前は「ラスベガス」にある「ハイ ローラー」が世界一の高さを誇る観覧車でしたが、現在は「ドバイアイ」が世界一の観覧車となります。

ちなみに、世界の高い観覧車TOP3は下記になります。

名称 高さ 国名
ハイ ローラー 168m アメリカ(ラスベガス)
シンガポール フライヤー 165m シンガポール
南昌之星 160m 中国(江西省)
「ドバイアイ」は、世界からも注目を集める話題のスポットです。

ドバイアイ(観覧車)の料金

「ドバイアイ」の料金ですが、チケットの種類によって金額が異なります。

観覧車の一般チケットは「130AED」で、約38分楽しめる内容となります。

「ドバイアイ」の観覧車から、ビーチ沿いの街並み風景を眺めることができます。

チケットの種類 料金
アインドバイビュー 130AED
アインドバイファミリーパス
大人2人、子供2人(3~12歳)
370AED
「ドバイアイ」の入場チケットは、現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から事前予約できます。

ドバイアイ(観覧車)の営業時間

「ドバイアイ」の営業時間ですが、「曜日」によって時間帯が異なります。

火曜日~水曜日 午前10時から午後9時
木曜日~土曜日 午後12時から午後9時
「ドバイアイ」の休業日は月曜日となります。ご注意ください。


「ドバイ空港」からドバイアイ(観覧車)への行き方

「ドバイ空港」から「ドバイアイ」への行き方ですが、「メトロ」と「トラム」を利用してアクセスできます。

ドバイ空港ターミナル3」から「ドバイアイ」最寄駅までのアクセス方法は、下記流れになります。

  1. 「ドバイ空港」から「メトロ」に乗る
  2. 「ダマックプロパティーズ駅」で、メトロからトラムへ乗り換える
  3. 「ドバイマリーナ駅」から「トラム」に乗る
  4. 「ジュメイラビーチ レジデンス2」で「トラム」から降りる
  5. 徒歩で「ブルーウォーターアイランド」へアクセス
「ドバイ空港」から「ダマックプロパティーズ駅」までの移動時間は約47分になります。「ドバイマリーナ駅」から「ジュメイラビーチ レジデンス2」までの移動時間は約10分になります。「ジュメイラビーチ レジデンス2」から「ブルーウォーターアイランド」までの移動時間は約30分です。
ドバイフレームの2階にある「ギャラリー」

「ドバイ メトロ」レッドラインでアクセスできる、おすすめスポットを紹介!「ドバイ空港」直通の便利な路線~

2020年1月12日

「ドバイメトロ」「トラム」に乗り放題の1日券が便利

「ドバイ」は公共交通機関が発達していて、「メトロ」「トラム」「バス」を使って様々なスポットへアクセスできます。

観光客におすすめなのが「1日券(デイリーパス)」の利用で、「メトロ」「トラム」「バス」に乗り放題となります。

「ドバイメトロ」の1日券(デイリーパス)
1日券の料金 22AED(約660円)
利用できるもの メトロ、トラム、バス
1日で複数のスポットへアクセスするなら、1日券の利用がおすすめです。

ドバイアイ(観覧車)周辺のおすすめスポット

ここからは、「ドバイアイ」周辺の観光スポットを紹介していきます。

高層ビルが建ち並ぶ「ドバイマリーナ」

「ドバイマリーナ」は「ドバイ」の新興地区で、セレブタウンと呼ばれるスポットです。

散歩が楽しめる「マリーナウォーク」、買い物や食事が楽しめる「ドバイ マリーナモール」、そして遊覧船に乗ってペルシャ湾から「ドバイ」の街並みを鑑賞できるツアーなど、見どころが豊富にあります。

「ドバイマリーナ」の散歩コース「マリーナウォーク」の風景
「ドバイマリーナ」では、リゾート気分近未来的な雰囲気の両方を楽しむことができます。

欧米人に人気の「ジュメイラビーチ」

ジュメイラビーチ」はペルシャ湾沿いにあるスポットで、気軽に海水浴を楽しむことができます。

ビーチの近くに「レストラン」や「ブティック」が並ぶ「ウォークアット」があるため、一日いても飽きることがありません。

ドバイ「ジュメイラビーチ」の風景
「ジュメイラビーチ」から、「ドバイアイ」を眺めることができます。
海水浴が楽しめる、ドバイマリーナの「ザビーチ」

「ドバイ」ザビーチ(The Beach)の行き方や見どころについて解説!リゾート気分が味わえる注目のスポット~

2019年12月22日



現地ツアーを利用して「ドバイマリーナ」を満喫

「ドバイマリーナ」では「イエローボート」や「ディナー イン ザ スカイ」をはじめ、様々な「アクティビティ」を楽しむことができます。

個人的におすすめなのが「ボートツアー」で、「ドバイアイ」や「パームジュメイラ」をはじめ、7つ星ホテル「ブルジュ アル アラブ」を海側から鑑賞することができます。

ツアー自体は60~90分程度ですので、短時間で貴重な体験ができます。

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「ボートツアー」を予約することができます。

「ドバイ」の基本情報

「ドバイ」を観光する際の日数や、必要な持ち物など、観光に役立つ情報を紹介しています。

「ドバイ」旅行の持ち物

「ドバイ」は日差しが強く、乾燥しやすいところです。

日中は「サングラス」や「紫外線対策」などが必須となります。また、「保湿クリーム」や「リップクリーム」といった乾燥対策も必要です。

「ドバイ」の見どころの一つに「デザートサファリ」がありますが、砂まみれになります…。ですので、「ウェットティッシュ」などがあると便利です。

「ドバイ」では、ほとんどの場所で「クレジットカード」が利用できます。メインの支払いにカードを利用し、小額の現金を持ち歩くのが理想です。

「ドバイ旅行」の持ち物については、下記の記事が参考になります。

ドバイ「アルシーフ」

『ドバイ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!ドバイの必需品について解説

2019年2月24日

「ドバイ」観光に必要な日数

超高層タワー「ブルジュハリファ」や、砂漠体験ができる「デザートサファリ」など、「ドバイ」には様々な見どころがあります。

「ドバイ」の主要スポットを一通り観光するなら、3泊5日のプランがおすすめです。

UAEの首都「アブダビ」も観光する場合、もう1日あるとスケジュールに余裕ができます。

下記の記事では、「ドバイ」観光のモデルコースを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「ドバイ」バスタキヤ地区の風景

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

「ドバイ旅行」のおすすめ時期

「ドバイ」は中東の砂漠地帯にある都市で、夏場はとても暑くなります…

「ドバイ旅行」のおすすめ時期としては、11月〜3月になります。このタイミングは気温も少し下がり、外の観光がしやすくなります。

初めて「ドバイ」へ行かれる方でしたら、11月〜3月がおすすめです。

ちなみに4月後半〜10月までは気温が高く、日差しも強くなります。(外を歩くのが困難…)

「ドバイ」おすすめのホテル地区

「ドバイ」滞在中に多くのスポットを観光する場合、宿泊するホテルエリアが重要になります。

空港移動を優先するなら「ディラ地区」が便利で、この辺には安いホテルが沢山あります。(4つ星ホテルで1泊1万円のホテルもあります)

市内移動に便利なのが、中心部にある「ダウンタウン」です。宿泊費は少し高くなりますが、周辺エリアへの移動や、市内観光がしやすい特徴があります。

リゾート気分を楽しみたい方には、「ドバイマリーナ」周辺がおすすめです。開放感のある散歩コースや、ビーチなどが近場にあります。

「ドバイ」のホテルエリアについては、下記の記事が参考になります。

ドバイ「ジュメイラビーチ」の街並み

「ドバイ」でおすすめのホテルエリアを紹介!「ドバイ」観光に便利な宿泊地区や場所について解説

2022年3月27日

ドバイアイ(観覧車)まとめ

「ドバイアイ」は高さ250mの観覧車で、2021年10月21日にオープンした新名所です。

「ジュメイラビーチ」や「ブルーウォーターアイランド」をはじめ、遊覧船からも「ドバイアイ」を眺めることができます。

「ドバイアイ」の入場料は「130AED」で、観覧車から「ドバイ」のキレイな景色を眺めることができます。(約38分)