「ドバイ観光」ザビーチ(The Beach)の行き方や見どころについて解説!リゾート気分が味わえる注目のスポット~

海水浴が楽しめる、ドバイマリーナの「ザビーチ」

「ドバイ」といえば近代的な都市砂漠などのイメージが先行していますが、リゾート気分を味わえるエリアもあり、近年注目を集めています。

コチラの記事では「ドバイ」のニュースポット「ザビーチ」について解説しています。

「ザビーチ」周辺はセレブタウンといわれるスポットで、欧米人を中心に人気があります。2019年にオープンした新名所「ブルーウォーターアイランド」も人気で、世界で最も高い観覧車「ドバイアイ」を見ることができます。

ザビーチの場所を地図で確認

「ザビーチ」の場所ですが、「ドバイマリーナ」にあります。

このエリアは「ドバイ」の新興地区で、高層ビルやニュースポットなどが次々と建設されています。

「ザビーチ」への移動手段は様々で、「トラム」や「メトロ」を使って行くことができます。

「ドバイトラム」の最寄り駅は「ジュメイラビーチ レジデンス2」、「ドバイメトロ」の最寄り駅は「DMCCメトロ」になります。

『ドバイ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!

2019年2月24日

「ドバイ空港」から「ザビーチ」への行き方

「ドバイ空港」から「ザビーチ」まで行かれる場合、「ドバイメトロ」の利用がおすすめです。

「エアポートターミナル1」もしくは「エアポートターミナル3」から「ドバイメトロ」に乗り、「DMCCメトロ」の駅でメトロから降ります。

「ドバイ空港」での乗り継ぎ時間を利用して、「ザビーチ」を観光することも可能です。

「DMCCメトロ駅」から「ザビーチ」までは、徒歩で約15分くらいです。(「ドバイ空港」から「ザビーチ」まで、約1時間10分で計算されると宜しいかと思います)
「ドバイ空港」からメトロでアクセスできる「ザビーチ」

ドバイ空港から市内への移動なら「メトロ」がおすすめ!「ドバイメトロ」を使って観光できる名所を紹介~

2020年1月19日

「ザビーチ」の見どころ

ここからは、「ザビーチ」の見どころを紹介していきます。

ゆっくりとした時間を楽しめる「マリーナビーチ」

ザビーチ」ではペルシャ湾の景色を眺めたり、海水浴を楽しむことができます。

砂浜から「ブルーウォーターアイランド」の大観覧車が見えるのも、「ザビーチ」の特徴になります。(下記写真のような風景)

砂浜で「ラクダ」に乗れたり、ビーチと一緒に「高層ビル」を眺めることもできます。(「ドバイ」ならではの風景)
ドバイマリーナの高層ビル群

ドバイ空港から「ドバイマリーナ」への行き方、見どころについて解説!リゾート気分が味わえる話題のスポット~

2019年4月28日

「マリーナビーチ」周辺の高層レジデンス

「ザビーチ」の近くに「高層レジデンス」や「高級ホテル」、おしゃれな「レストラン」などが並ぶ「ウォークアットJBR」があります。

この辺は開発が進むエリアで、「ドバイ」らしい近未来的な雰囲気を感じることができます。

日中は「ビーチ」や「買い物」、夜は「レストラン」での食事が楽しめます。
ニュードバイの移動に便利な「トラム」

「ドバイ観光」トラムの乗り方、メトロからトラムへの乗り換え駅について解説!

2020年2月17日

「ドバイ」の新名所「ブルーウォーターアイランド」

「ブルーウォーターアイランド」は2019年にオープンした新名所です。

最大の見どころは世界で最も高い観覧車「ドバイアイ」で、こちらは2020年度中に完成を予定しています。(2020年2月に訪れましたが、まだ工事中でした…)

「ブルーウォーターアイランド」にはおしゃれな「レストラン」や「ショップ」をはじめ、「ジュメイラビーチ」を一望できるビュースポットなどがあります。

ブルーウォーターアイランドにある新名所「ドバイアイ(観覧車)」

「ドバイ空港」からドバイアイ(観覧車)への行き方について解説!世界で最も高い観覧車を鑑賞~

2020年2月15日
ドバイの新名所「ブルーウォーターアイランド」

ドバイの新名所「ブルーウォーターアイランド」への行き方、見どころを紹介!ジュメイラビーチから見える新名所~

2020年2月15日

「ザビーチ」周辺にも観光スポットが多数

「ザビーチ」がある「ドバイマリーナ」周辺にも、魅力的なスポットがたくさんあります。

ここからは、特におすすめのスポットを3つ紹介していきます。

「イエローボート」から眺める、近代的な「ドバイ」の風景

「ドバイマリーナ」では遊覧船からの観光が人気で、近代的な「ドバイ」の風景を船から眺めることができます。(歩道とは異なる雰囲気を楽しめます)

現地ツアーを利用することで、気軽に遊覧船に乗ることができます。

特におすすめなのが「イエローボートツアー」で、複数のプランから自分の好みに合わせて選択できます。

「イエローボートツアー」に参加することで、下記のような景色を眺められます。

  • カヤンタワー(ねじれたビル)
  • ジュメイラ・ビーチ・リゾート
  • 高層レジデンス
  • 大観覧車(ブルーウォーターズ)
  • アトランティス・ザ・パーム
  • ブルジュ・アル・アラブ(7つ星ホテル)
「イエローボートツアー」では60分、75分、99分の3つのプランから選ぶ形で、プランによって「まわるコース」が異なります。

【ドバイ遊覧船】イエローボートツアーの料金プランや評判、ツアーの見どころや注意点について解説!

2019年2月14日

セレブタウンを散策「ドバイマリーナウォーク」

「ドバイマリーナ」には、「マリーナウォーク」という人気スポットがあります。

このスポットでは「高層ビル」や「ヨットハーバー」をはじめ、「ドバイマリーナモール」や「レストラン」など、近代的な街並みを眺めながらのんびり散歩を楽しめます。

「マリーナウォーク」を散策しながら、徒歩で「ザビーチ」へ行くこともできます。

「ドバイマリーナ」のおすすめホテルを紹介!セレブタウンで優雅な時間を満喫~

2019年12月22日

世界最大級のフラワーガーデン「ドバイミラクルガーデン」

「ドバイ」の砂漠エリアには、世界最大級のフラワーガーデン「ドバイミラクルガーデン」があります。

「ミラクルガーデン」では「ミッキーマウス」「ディズニー」「テディベア」「花時計」など、様々な種類の花デザインを楽しむことができます。

「ドバイミラクルガーデン」への行き方ですが、「ドバイメトロ」で行く場合は「エミレーツモール駅」で降り、そこから「RTA 105番」のバスの乗ってアクセスできます。

「ミラクルガーデン」の入場料は、「55AED(約1,638円)」になります。

【ドバイ観光】ミラクルガーデンの行き方や入場料金について解説!世界最大級のフラワーガーデン~

2019年5月2日

「ドバイ」観光を楽しむなら、現地ツアーの利用が便利

世界一の超高層タワー「ブルジュ・ハリファ」や超高級ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」など、「ドバイ」には魅力的なスポットが沢山あります。

「ドバイ ダウンタウン」や「ドバイマリーナ」、「オールドドバイ」などはメトロを利用してアクセスできますが、「ブルジュ・アル・アラブ」や「ミラクルガーデン」、「スークマディナジュメイラ」などは車がないと行きにくいスポットです。

「ドバイ」の観光スポットを効率的にまわるなら、往復送迎が付いている現地ツアーの利用がおすすめです。

日本語対応プランが充実している「ベルトラ」

「ドバイ」の現地ツアーなら、大手企業が運営する「ベルトラ」の利用がおすすめです。

「ベルトラ」は現地オプショナルツアーの専門サイトで、「ドバイ」の観光プランがとても充実しています。

2時間~半日程度のプランも多数ありますので、ちょっとした空き時間を有効に活用できます。

また、「ホテルの往復送迎」や「日本語対応プラン」も充実しているため、旅行慣れしていない方でも安心して利用できます。

「ベルトラ」では、過去にツアー参加した方の体験談も事前にチェックできます。

VELTRA(ベルトラ)の予約方法や予約キャンセルの手順、口コミや評判などを解説!【空港送迎編】

2019年2月2日

「ドバイ」の個人ツアーなら「トラベロコ」が便利

「ドバイ」の観光を楽しみたいけど団体ツアーが苦手…という方には、「トラベロコ」の利用が便利です。

「トラベロコ」は、「ドバイ」在住の日本人に個別相談できるサイトで、「現地の観光案内(ガイド)」や「空港送迎」をはじめ、観光に関する幅広い相談に対応しています。

登録者の中には車を所持している方もいるため、そういった方に観光案内を依頼することで、複数のスポットを効率的にまわれます。

団体ツアーよりも料金は高めですが、観光プランについては自由にカスタマイズできます。(興味のあるスポットだけをまわることも可能です)

トラベロコのメリットや評判、利用料金や対応エリア、注意点などを解説!

2019年1月31日

「ザビーチ」まとめ

「ドバイ」には多くの観光スポットがありますが、のんびりとした時間を満喫するなら「ザビーチ」がおすすめです。

「ザビーチ」がある「ドバイマリーナ」は欧米人に人気のエリアで、「ヨーロッパ」や「アメリカ」のリゾート地にいるような雰囲気を味わえます。(2019年4月に「ザビーチ」へ行きましたが、アジア人はほとんどいませんでした。)

日本からドバイへの行き方について解説!直行便の「エミレーツ航空」がおすすめ~

2019年10月17日

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日







注目の記事