「ドバイフレーム」の行き方やチケット予約、見どころ(展望台・夜景)について解説!トランジットで黄金の額縁を鑑賞~

ブルジュ・ハリファ」や「ブルジュ・アル・アラブ」など、「ドバイ」には驚くような建物が沢山ありますが、2018年にオープンした「ドバイフレーム」もその一つです。

コチラの記事では、「ドバイフレーム」の見どころやチケット予約について解説しています。

黄金の額縁といわれる「ドバイフレーム」は、2018年にオープンしたばかりの新しいスポット。「展望台」からの絶景や、フレームの色が変わる「ライトアップ」は一見の価値があります。

世界一の額縁「ドバイフレーム」

ここからは、「ドバイフレーム」の見どころや展望台の高さ、夜景鑑賞について紹介していきます。

「ドバイフレーム」の見どころ

「ドバイフレーム」はとても大きな額縁(建物)で、外観はとてもインパクトがあります。

「ドバイフレーム」の中に入ることも可能で、「ドバイ」の歴史が学べる「ミュージアム」や、「オールドドバイ(旧ドバイ)」と「ニュードバイ」を一望できる展望台などがあります。

「ドバイフレーム」の外観、館内の雰囲気については、下記インスタを参考にしてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoさん(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

「ドバイフレーム」の展望台は有料で、52.50AED(約1,600円)かかります。

【ドバイ】トランジットで「ブルジュハリファ」へ行く方法!空港からの行き方、移動時間などを紹介~

2019年12月29日

【ドバイ観光】オールドドバイ(旧市街)の行き方、見どころについて解説!異国情緒あふれる人気スポット~

2019年4月30日

展望台(高さ)

「ドバイフレーム」は、高さ150メートル、幅93メートルの巨大な額縁(建物)です。

フレーム上部には展望台があり、ドバイ市内を一望することができます。

展望台の地面は一部ガラス張りになっており、「ドバイフレームガーデン」を見下ろすことができます。

「ドバイフレーム」の夜景

「ドバイフレーム」は夜のライトアップも魅力的で、約5分間隔でフレームの色が変わります。

外観を眺めるだけでも、楽しい時間を過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoさん(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

夜は人通りが少なくなりますので、注意が必要です。

「ドバイ」の夜景スポットを観光するなら、下記の記事が参考になります。

「ドバイ」でおすすめの夜景スポットを紹介!「ブルジュハリファ」「ドバイマリーナ」など、見どころ満載~

2019年10月12日

所要時間

「ドバイフレーム」の所要時間ですが、1時間程度あれば十分に楽しむことができます。

「ドバイフレーム」の見どころとしては、主に下記4点となります。

  1. 建物の外観
  2. 2階入口にある「オールド・ドバイギャラリー」
  3. 展望台の絶景鑑賞
  4. 2階出口にある「フューチャー・ドバイギャラリー」
2階にカフェのような売店もあります。

Youtube動画で見どころを紹介

下記Youtube動画で、「ドバイフレーム」の見どころを紹介しています!

「ドバイフレーム」チケット予約について

「ドバイフレーム」の展望台は有料で、チケット予約が必要になります。

ここでは「ドバイフレーム」の入場料金について解説していますので、参考にしてください。

入場料金

「ドバイフレーム」のチケットは公式サイトから予約可能で、入場料は下記表のようになります。

対象 チケット料金
大人(13歳~) 52.50ディルハム
子供(3~12歳) 21ディルハム
子供(3歳未満) 無料
1AED=30.22円」になります。(2020年1月1日時点)

営業時間について

「ドバイフレーム」の営業時間は午前9時~午後9時までで、一年中オープンしています。

ラマダン」や「祝祭日」は営業時間が変更される場合もあるため、注意が必要です。

「ドバイ空港」から「ドバイフレーム」への行き方

「ドバイフレーム」は「ザビールパーク」という場所にあるスポットで、「ドバイ空港」からメトロを利用してアクセスできます。

「ドバイフレーム」の最寄り駅が「アルジャフィリヤ駅(Al Jafiliya)」になります。

「ドバイ空港 ターミナル3」から8つ目の駅で、「レッドライン」で行くことができます。

「アルジャフィリヤ駅」から「ドバイフレーム」までは、徒歩で約20分かかります。夜は人通りが少ない道を歩きますので、不安な方はタクシーの利用がおすすめです。

初めてのドバイ旅行なら、どこがおすすめ?満足度の高い注目スポットを紹介~

2019年12月27日

乗り継ぎ時間を利用して「ドバイフレーム」を観光する

「ドバイ空港」の乗り継ぎで5時間以上の待ち時間がある場合、短時間でのドバイ観光が可能です。

短時間で観光できる「モデルコース」を紹介しますので、参考にしてください。

市内への移動にはメトロを利用し、「ドバイフレーム」や「ドバイモール」を観光する場合のスケジュールになります。

①空港からの移動 30分
②ドバイフレーム観光 40分
③移動 20分
④ドバイモール観光 1時間
⑤空港への移動 30分
⑥空港での待ち時間 2時間
出発の2時間前に、空港へ到着するスケジュールがベストです。

【ドバイ空港】乗り継ぎ時間の過ごし方について解説!乗り継ぎの流れや空港でのトラブルについても紹介。

2019年2月27日
ペルシャ湾から見た「ブルジュアルアラブ」の景色

短時間でも楽しめるドバイの観光スポットを紹介!乗り継ぎ(トランジット)での利用に最適~

2019年2月23日

効率的に「ドバイ観光」するなら、現地ツアーの利用がおすすめ

「ブルジュハリファ」や「ブルジュ・アル・アラブ」など、「ドバイ」には注目の観光スポットがたくさんあり、1回の旅行で全てをまわるのが困難です…

一回の旅行でより多くのスポットを観光するなら、現地ツアーの利用がベストです。

「ドバイ」の団体ツアーなら「ベルトラ」がおすすめ

現地オプショナルツアーの専門サイト「ベルトラ」では、「ドバイ」の観光プランがとても充実しています。

「ベルトラ」のおすすめポイントとしては下記3点です。

  1. ホテルの往復送迎が付いている
  2. 日本語対応プランが多い
  3. 過去に参加した方の体験談を閲覧できるので、参考にできる
英語が分からない方でも、日本語対応プランを選ぶことで安心してツアー参加できます。

下記公式サイトから、最新の「ドバイ」ツアー情報を確認できます。

VELTRA(ベルトラ)の予約方法や予約キャンセルの手順、口コミや評判などを解説!【空港送迎編】

2019年2月2日

「ドバイ」のプライベートツアーなら「トラベロコ」が便利

自分好みのプランで「ドバイ」を観光したい方には、「トラベロコ」の利用が便利です。

「トラベロコ」とは「ドバイ」在住の日本人に個別相談できるサービスで、「235名」の日本人が登録しています。(2020年1月1日時点)

登録者の半数以上の方が「ドバイ」の観光案内を実施していますので、お気に入りの方に観光ガイドを依頼することもできます。

「トラベロコ」は個人ツアーになるため、団体ツアーよりも料金が高くなります。ただ、自分の希望通りのプランにカスタマイズできますので、自由度が高いサービスとなります。

トラベロコのメリットや評判、利用料金や対応エリア、注意点などを解説!

2019年1月31日

「ドバイ旅行」のお役立ち情報

ここからは「治安」「必要な日数」など、「ドバイ旅行」の参考情報を紹介していきます。

ドバイの治安について

外務省の海外安全ホームページ」や「在ドバイ日本国総領事館」の最新情報を確認したところ、目立った治安情報はありませんでした。

個人的なお話になりますが、私は2019年2月と4月に「ドバイ」へ行きました。

朝から晩まで「ドバイ」の観光スポットをまわりましたが、治安が安定していると感じました。

ただ、海外になりますので下記4点にご注意ください。

  • 夜に一人で出歩かない
  • 人通りが少ない道は避ける
  • 人気スポットやメトロなど、混みあっている場所では「スリ」に気をつける
  • 現金を持ち歩かない(クレジットカードをメインに使う)
ヨーロッパや北米に比べると、「ドバイ」の治安は安定しています。
ドバイの新名所「コカコーラ アリーナ」

【2020年度版】ドバイの治安情報を紹介!気をつけること、注意点について解説~

2019年6月18日

ドバイ旅行って何日必要?

「ドバイ旅行」を計画される際、日数でお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

「ドバイ市内」の観光スポットであれば、3泊5日で十分にまわることができます。

もし「アブダビ観光」も加えたい…ということでしたら、もう1日必要です。

下記の記事では、3泊5日で観光できる「ドバイ」のモデルコースを紹介しています。

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

ドバイのおすすめ観光スポットについて

「ドバイ」には多くの観光スポットがありますが、個人的におすすめしたいのが「デザートサファリ」と「イエローボート」です。

「デザートサファリ」では、「砂漠でのドライブ」「ラクダ乗り体験」「ヘナタトゥー」「ベリーダンスショー」などを楽しむことができます。

「イエローボート」では、近未来的な「ドバイ」の街並みを海側から眺めることができます。

どちらも、現地ツアーを利用して参加することができます。

ラクダ乗り体験「ドバイの砂漠ツアー」
「ドバイ」らしい、貴重な体験ができます。

デザートサファリ」と「イエローボート」の詳細については、下記の記事からご確認ください。

「ドバイ」砂漠の風景

【ドバイ観光】デザートサファリ(砂漠ツアー)の見どころ、注意点について徹底解説!

2019年2月21日

【ドバイ遊覧船】イエローボートツアーの料金プランや評判、ツアーの見どころや注意点について解説!

2019年2月14日

ドバイフレームまとめ

「ドバイフレーム」の見どころについて紹介しましたが、「ドバイ」で一度は見ておきたいスポットの一つです。

「Al Jafiliya(アルジャフィリヤ)」駅から徒歩でアクセスできますので、周辺にある「ドバイモール」や「ブルジュ・ハリファ」と一緒にまわると効率的です。

ドバイの観光スポットを「エリア別」に紹介!おすすめのインスタ映えスポット情報も掲載~

2019年5月6日

『ドバイ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!

2019年2月24日







注目の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。