日本からドバイへの行き方について解説!直行便の「エミレーツ航空」がおすすめ~

世界一の超高層タワー「ブルジュハリファ」や、世界最大級のフラワーガーデン「ミラクルガーデン」など、「ドバイ」には度肝を抜かれるような建物がたくさんあります。

「ドバイ」に興味があるけど、どうやって行けばいいの…?

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

こちらの記事では、日本から「ドバイ」への行き方について解説しています。

日本からのアクセス方法や「ドバイ」でおすすめの観光スポット、現地で使われる「通貨」や「治安」について詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【目次】

日本からドバイへの行き方(料金目安・移動時間)

日本から「ドバイ」へ行く場合、「直行便」もしくは「乗り継ぎ便」のどちらかを利用してアクセスできます。

直行便の場合は「エミレーツ航空」を利用して、日本から「ドバイ」へ行く形になります。

乗り継ぎ便の場合は、「キャセイパシフィック航空(香港経由)」や「中国南方航空(中国経由)」などを利用してアクセスできます。

「直行便」と「乗り継ぎ便」の比較については、下記の表をご確認ください。

直行便
乗り継ぎ便
料金目安 108,000円 90,600円
所要時間 11時間15分 16時間30分
乗り心地 やや広い 普通
費用を安く抑えたい方には「乗り継ぎ便」、時間を有効活用したい方には「直行便」の利用がベストです。

ドバイへ行くなら直行便の「エミレーツ航空」がおすすめ

日本から「ドバイ」へ行くなら、直行便の「エミレーツ航空」がおすすめです。

「羽田空港」や「成田空港」、「関西空港」から「エミレーツ航空」を利用できます。

「エミレーツ航空」のおすすめポイントとしては、下記3点になります。

  1. 日本から「ドバイ」へアクセスしやすい(直行便)
  2. 「エコノミークラス」でも、座席間隔がやや広い
  3. 「ドバイ」の高級ラウンジが利用できる(シルバー会員になれば)
「エミレーツ航空」にはスカイワーズという独自のマイレージサービスがあります。シルバー会員以上の場合に、「優先チェックイン」や「専用ラウンジ利用」などの特典を受けることができます。

「エミレーツ航空」シルバー会員の特典サービスについては、下記の記事が参考になります。

「エミレーツ航空」ビジネスクラス ラウンジ B

エミレーツ航空「シルバー会員」の特典メリットや資格条件、ティアマイルやスカイワーズマイルを貯める方法について解説!

2019年1月28日

エミレーツ航空「羽田」から「ドバイ」の路線

「羽田」から「ドバイ」のフライトは、1日1便となります。

「羽田」から「ドバイ」への飛行時間は11時間15分で、「ドバイ」から「羽田」への飛行時間が9時間45分となります。

「時刻表」ついては、下記表を参考にしてください。

便名 出発地 出発時刻 到着時刻
EK313 羽田 午前0時30分 午前6時45分
EK312 ドバイ 午前8時 午後22時45分
機種は「ボーイング777」になります。

エミレーツ航空「成田」から「ドバイ」の路線

「成田」から「ドバイ」間のフライトは、1日1便となります。

「成田」から「ドバイ」への飛行時間は11時間15分で、「ドバイ」から「成田」への飛行時間が9時間45分となります。

「時刻表」については、下記表を参考にしてください。

便名 出発地 出発時刻 到着時刻
EK319 成田 午後21時20分 午前3時35分
EK318 ドバイ 午前2時40分 午後17時25分
機種は2階建ての「A380(エアバス)」になります。

下記の記事では、「ドバイ」の早朝観光について紹介しています。

ドバイの早朝観光なら、どこがおすすめ?高級レストランでの朝食、定番スポットなどを紹介~

2019年12月24日

エミレーツ航空「関西」から「ドバイ」の路線

「関西」から「ドバイ」のフライトは、1日1便となります。

「関西」から「ドバイ」への飛行時間は11時間15分で、「ドバイ」から「成田」への飛行時間が9時間15分となります。

「時刻表」については、下記表を参考にしてください。

便名 出発地 出発時刻 到着時刻
EK317 関西 午後23時30分 午前5時45分
EK316 ドバイ 午前3時 午後17時15分
「ドバイ」行きの格安航空券を探すなら、「スカイスキャナー」の利用がおすすめです。簡単操作で、最も安い航空券を一括検索できます。

「ドバイ」でおすすめのホテルエリア

ここからは、「ドバイ」でおすすめの宿泊エリアを3つ紹介していきます。

低価格なホテルが多く、空港からも近い「ディラ地区」

できるだけ宿泊費用を抑えたい…という方には、「デイラ地区」での宿泊がおすすめです。

このエリアには、下記のような特徴があります。

  • 空港からアクセスしやすい(空港のすぐ近く)
  • 1泊1万円以下で泊まれるホテルがたくさんある
  • メトロを利用して、観光スポットにアクセスしやすい
「ドバイ」で格安ホテルに泊まるなら、「デイラ地区」がおすすめです。

コスパの良いホテル「ロイヤル コンチネンタル」

「ロイヤル コンチネンタル ホテル」は「デイラ地区」にある宿泊施設で、「ドバイ空港」からの移動に便利です。

ホテルの近くに「レストラン」や「ショッピングモール」などもあり、ちょっとした食事や買い物もしやすいホテルです。

客室はモダンな雰囲気で、部屋のスペースも広々としています。

時間を気にせず夜を満喫できる「ダウンタウン」

「ダウンタウン」には「ブルジュハリファ」や「ドバイモール」をはじめ、世界最大規模の噴水ショー「ドバイファウンテン」があります。

ショーのメインは夕方18時~23時までで、約5分間行われる噴水ショーは1000以上のパターンがあるといわれています。(とても見応えがあります)

「ドバイ」の夜を思いっきり楽しむなら、「ダウンタウン」エリアでの宿泊がおすすめです。

「デイラ地区」に比べて宿泊費は高くなりますが、時間を気にせずに夜の「ドバイ」を満喫できます。

噴水ショーが見える「ラマダ ダウンタウン ドバイ」

「ラマダ ダウンタウン ドバイ」は、ダウンタウンにある宿泊施設です。

立地最高の施設で、客室から超高層タワーの「ブルジュハリファ」や、「ドバイファウンテン」の噴水ショーを見ることができます。

客室は清潔感があり、落ち着いた雰囲気のデザイン。部屋の設備も充実しています。

「ドバイ」でリゾート気分が味わえる「ドバイマリーナ」

「ドバイ」のセレブタウンで優雅な時間を過ごしたい方には、「ドバイマリーナ」での宿泊がおすすめです。

このエリアには、下記のような特徴があります。

  • すぐ近くにビーチがある
  • 近代的な「ドバイ」の風景を間近でみれる
  • 高級ホテルで優雅な時間を過ごせる
ビーチまで徒歩で行くことができるため、リゾート好きの方におすすめできます。

ロケーション抜群「アドレス ドバイ マリーナ」

「アドレス ドバイ マリーナ」は、湾岸エリア「ドバイマリーナ」にある宿泊施設です。

ロケーション抜群のホテルで、「ドバイ マリーナモール」や「マリーナウォーク」、「ビーチ」などが徒歩圏内にあります。

ホテルや客室は豪華で、華やかな雰囲気のデザイン。居心地の良い空間の中、ゆっくりと過ごすことができます。

「ドバイ」でおすすめの観光スポット

「ドバイ」には様々な見どころがありますが、特におすすめなのが下記5つの観光スポットです。

  1. ドバイのランドマーク「ブルジュハリファ」
  2. 世界一の額縁「ドバイフレーム」
  3. 世界一高い観覧車「ドバイアイ」
  4. アラブの雰囲気を肌で感じられる「オールドドバイ」
  5. 世界最大級のフラワーガーデン「ドバイ ミラクルガーデン」
夜の人気スポット「ドバイファウンテン」噴水ショーも見逃せません。

ドバイのランドマーク「ブルジュ ハリファ」

「ダウンタウン」にある「ブルジュ ハリファ」は、世界一の超高層タワーで「ドバイ」の人気スポット。

地上からの高さは「828m」で、148階の「アット・ザ・トップ・スカイ」は世界一高い場所にあるラウンジとして知られています。

入場チケットを購入することで、124~125階にある展望台(アット・ザ・トップ)や、148階のラウンジ(アット・ザ・トップ・スカイ)へ行くことができます。

ドバイ「ブルジュハリファ」の夜風景
「ブルジュ ハリファ」展望台からは、「ドバイ」の絶景を眺めることができます。

「ドバイ」のニュースポットは世界一の額縁!?

「オールドドバイ」と「ダウンタウン」の中間あたりに、ひときわ目立つ額縁のような建物があります。

こちらは「ドバイフレーム」といって、2018年にオープンした「ドバイ」のニュースポットになります。

「フレーム」の上部が展望台になっていて、「オールドドバイ」と「ダウンタウン」の絶景を眺めることができます。

「ドバイフレーム」の外観風景
夜の「ドバイフレーム」も魅力的で、フレームの色が5分間隔で変化していきます。

「ドバイフレーム」の行き方や場所については、下記の記事で解説しています。

「ドバイフレーム」展望台からの景色

「ドバイフレーム」への行き方を紹介!「ドバイフレーム」の予約方法や料金、展望台や夜景風景など解説

2019年4月20日

世界一高い観覧車「ドバイアイ」

ドバイアイ」は2021年10月にオープンしたばかりの新名所で、湾岸エリアの「ブルーウォーターアイランド」にあります。

世界一の高さを誇る大観覧車で、海沿いのランドマーク的存在。

「ドバイアイ」の観覧車から、「ドバイ」の綺麗な風景を眺めることができます。(約38分楽しめる内容)

ドバイ「ブルーウォーター」の夜風景
ブルーウォーターアイランドにある新名所「ドバイアイ(観覧車)」

「ドバイアイ(アインドバイ)」の見どころについて解説!観覧車の「料金」や「高さ」などを紹介

2020年2月15日

アラブの雰囲気を肌で感じられる「オールドドバイ」

「ドバイ」といえば「高層タワー」や「超豪華ホテル」というイメージが先行していますが、「オールドドバイ」では「旧ドバイ」の雰囲気を肌で感じることができます。

「オールドドバイ」の見どころとしては、「3大スーク(ゴールドスーク、スパイススーク、オールドスーク)」や「バスタキヤ地区」、そして新鮮なラクダ肉の料理が味わえる「ローカルハウス(Local House)」になります。

ドバイクリーク沿いにある「アルシーフ」
島と島の間に運河があり、「アブラ」という小舟にのって移動することができます。

「オールドドバイ」の行き方や場所については、下記の記事で解説しています。

【ドバイ観光】オールドドバイ(旧市街)の行き方、見どころについて解説!異国情緒あふれる人気スポット~

2019年4月30日

世界最大級のフラワーガーデン「ドバイ ミラクルガーデン」

「ドバイ ミラクルガーデン」は、砂漠地帯にある世界最大級のフラワーガーデンです。

「ミラクルガーデン」では様々な種類の花デザインや、美しい花の空間を楽しむことができます。

「花デザイン」はどれも見応えがあり、花にあまり興味がない方でも楽しめるスポットです。

「ドバイ」ミラクルガーデンの風景
「ミラクルガーデン」は、毎年11月中旬~5月中旬まで営業しています。

「ドバイ」の基本情報

ここからは「ドバイ」の基本情報を5つ紹介していきます。

日本と「ドバイ」の時差

日本と「ドバイ」の時差は5時間で、日本の方が5時間進んでいます。

直行便で日本から「ドバイ」へ行く場合、深夜に出発して、早朝「ドバイ」に到着する流れになります。

ドバイの入国審査って難しいの?

ドバイの入国審査って厳しいの?ドバイ入国の流れやビザ、パスポートの有効残存日数について解説~

2020年1月17日

「ドバイ」観光に必要な日数

「ドバイ」市内を中心に観光するのであれば、3泊5日のプランで十分です。

「3日」あれば、「ドバイ」の主要な観光スポットを一通りまわることができます。

砂漠エリアを観光する場合は、「現地ツアー」の利用がスムーズです。半日くらいで効率よく観光できます。

もし「アブダビ観光」も加える場合は、もう1日追加された方がゆっくりできます。

下記の記事では、3泊5日でまわれるドバイ観光のモデルコースを紹介しています。

「ドバイ」バスタキヤ地区の風景

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

「ドバイ」の治安情報

「ドバイ」の治安については、「在ドバイ日本国総領事館」の公式サイトから最新情報を確認できます。

現状、目立った危険情報はありませんが、下記4点には注意が必要です。

  • 夜間に一人で歩かない
  • 人通りが少ない道は避ける
  • メトロ、人気スポットでは「スリ」に気をつける
  • 現金はあまり持ち歩かない(クレジットカードをメインに使う)
過去に2度ドバイを訪れましたが、私の印象としては「アメリカ」や「ヨーロッパ」に比べて治安が良いと感じました。

下記の記事では、「ドバイ」の治安情報について解説しています。

「ドバイ」にあるアルシーフの街並み

アラブ首長国連邦「ドバイ」の治安情報を紹介!ドバイで気をつけることや注意点について解説

2019年6月18日

「ドバイ」の通貨について

「ドバイ」で使われている通貨は「ディルハム(AED)」です。

1ディルハム=37.79円(2022年11月12日時点)

「ドバイ空港」や、市内の「ショッピングモール」などで外貨両替できます。

「ドバイ」では、ほとんどの場所でクレジットカードが利用できます。稀にタクシーでクレジットカードが使えないケースがあるため、タクシーを利用さる方は現金も所持しておいた方が安心です。
「ドバイモール」

「ドバイ旅行」でおすすめのクレジットカードを紹介!海外旅行保険付きのクレジットカードが便利

2020年1月23日

ドバイのベストシーズン

「ドバイ」のベストシーズンは、気温が下がってくる10月~4月になります。

服装については、下記の表を参考にしてください。(個人差がありますので、あくまで参考程度にみていただけると幸いです。)

服装(日中) 服装(朝、夜)
3~4月 半袖、半ズボン(3月は長ズボン) 半袖、長ズボン(薄手の上着)
5~9月 半袖、半ズボン 半袖、半ズボン
10~11月 半袖、半ズボン(11月は長ズボン) 長袖、長ズボン
12~2月 半袖、長ズボン(薄手の上着) 長袖、長ズボン(上着も必要)
5月~9月は気温と湿度が高く、日差しも強くなります。(外を歩くのも大変です…)

下記の記事では、「ドバイ」の旅行費用について解説しています。

夕方ごろの「ドバイアイ」風景

ドバイの旅費っていくらかかるの?ドバイ旅行の費用(航空券、ホテル、現地移動費)について解説~

2020年4月23日

車社会のドバイでは、現地ツアーの利用が便利

「ドバイ」の観光スポットはいくつかの場所に散らばっていますので、個人でまわる場合は移動手段が必要です。

効率よく「ドバイ」観光するなら、往復送迎が付いている現地ツアーの利用が便利です。

ドバイのオプショナルツアーなら「Get Your Guide」がおすすめ

「ドバイ」の現地ツアーを予約するなら、「Get Your Guide」の利用がおすすめです。

「Get Your Guide」のおすすめポイントとしては、下記4点になります。

  • ホテルの往復送迎が付いている(一部を除く)
  • 「ドバイ」の観光プランが充実
  • 過去に参加した人の体験談が閲覧できる
  • 短時間でのツアー参加も可能(2~3時間など)
ペルシャ湾の「クルーズツアー」や、砂漠エリアの「デザートサファリ」などが特に人気です。

ドバイのプライベートツアーなら「ロコタビ」がおすすめ

団体ツアーが苦手…という方には、「ロコタビ(旧トラベロコ)」という便利なサービスがあります。

「ロコタビ」は「ドバイ」在住の日本人に個別相談できるサービスです。

現在「297名」の日本人が登録しており、気になった方へ「ドバイ」の観光案内をお願いしたり、旅行計画の相談をすることができます。

「ロコタビ」は個人対個人のやり取りになりますので自分の好みを反映させやすく、内容も自由にカスタマイズできます。

「ロコタビ(旧トラベロコ)」のメリットや評判、利用料金や対応エリア、注意点などを解説!

2019年1月31日

日本からドバイへの行き方まとめ

日本から「ドバイ」へ行くなら、直行便の「エミレーツ航空」がおすすめです。

「エミレーツ航空」の場合は深夜に日本を出発して、「ドバイ」へ到着するのが早朝になります。

そのため、「ドバイ」到着日から1日フルで市内観光を満喫できます。