「ドバイ観光」バスタキヤ地区の行き方、見どころについて解説!アラブの雰囲気漂う歴史エリア~

ドバイ旧市街にある「バスタキヤ地区」

「ドバイ空港」周辺にある「ドバイクリーク」は旧市街が並ぶエリアで、古きよき「ドバイ」の雰囲気を感じられるスポットです。

「ドバイクリーク」の北東側には「ゴールドスーク」や「スパイススーク」、南西側には「ドバイオールドスーク」や「バスタキヤ地区」があります。

こちらの記事では、「バスタキヤ地区」の見どころについて解説しています。

「バスタキヤ地区」は、アラブの伝統的な建築が残されているスポットです。ラクダ肉の料理が食べられる「レストラン」や、「ドバイクリーク」の両岸を結ぶ「アブラ(渡し船)」など、旧市街ならではの魅力が満載。

ドバイ「バスタキヤ地区」の見どころ

ここからはドバイ旧市街の人気スポット、「バスタキヤ地区」の見どころ紹介していきます。

アラブの雰囲気を味わえる「バスタキヤ歴史地区」

「バスタキヤ地区」はアラブの伝統的な建築が残されているエリアで、「旧ドバイ」の風景を存分に楽しめるスポットです。

迷路のような「細道」、綺麗に飾られた「装飾」、おしゃれな「ギャラリー」などがとても印象的です。

ドバイ旧市街にある「バスタキヤ地区」の街並み
絵になるスポットが多い「バスタキヤ地区」。インスタ映え間違いなしの観光名所です。

ラクダ肉の料理が食べられる「ローカルハウス」

「バスタキヤ地区」にある「ローカルハウス」というレストランでは、新鮮なラクダ肉の料理が食べられます。

2019年4月に「ローカルハウス」へ行った際、ラクダ肉のハンバーガーを注文してみました。

「ローカルハウス」のラクダ肉は特に臭みもなく、とてもジューシーでした。日本人にも合う味付けで、食べやすかったです。(少し大きいですが…)

ドバイ「バスタキヤ地区」にあるレストラン
「ドバイ」ならではの食事を楽しみたい方は、ラクダ肉の料理」がおすすめです。

ドバイの歴史がわかる「ドバイ博物館」

「バスタキヤ地区」のすぐ近くにある「ドバイ博物館」では、昔の「ドバイ」の風景や、歴史に触れることができます。

「アラブの伝統的な建物」や「ダウ船」などは、とても見応えがあります。

ドバイ旧市街にある「ドバイ博物館」
「ドバイ博物館」の入場料は「3ディルハム」になります。

「バスタキヤ地区」の夜はフォトジェニック

日中は多くの観光客で賑わう「バスタキヤ地区」ですが、夜は人通りがカナリ少なくなります。

2020年2月に夜の散策をしてみましたが、数える程度の人しかいませんでした。

ドバイ「バスタキヤ地区」のライトアップ風景
「バスタキヤ地区」の風景を楽しみたい方には、おすすめの時間帯です。



ドバイ「バスタキヤ地区」の場所

「バスタキヤ地区」は、ドバイ旧市街にある観光スポットです。

旧市街は異国情緒を感じられる人気の観光地で、3つのスーク(ゴールドスーク、スパイススーク、オールドスーク)や、ドバイクリーク沿いの「アルシーフ」も観光客に人気があります。

「アブラ(渡し船)」を利用して、運河を渡ることができます。



Booking.com

ドバイクリーク(運河)の移動には、「アブラ(渡し船)」が便利

「オールドドバイ」には「ゴールドスーク」や「スパイススーク」といったスポットがあり、現地住民や観光客に人気があります。

「バスタキヤ地区」からアクセスする場合、「アブラ(渡し船)」を利用して運河(ドバイクリーク)を渡る形になります。

「アブラ」の乗り方については、下記流れになります。

  1. 「ドバイ オールドスーク」の渡船場からアブラに乗る
  2. アブラの中で料金を支払う
  3. 「アル・サブハ」の渡船場でアブラから降りる
「アブラ」の料金は「2ディルハム」になります。
ドバイ旧市街にある「アブラ(小舟)」

「ドバイ空港」から「バスタキヤ地区」への行き方

「ドバイ空港」からメトロを利用して、「バスタキヤ地区」へアクセスできます。

「バスタキヤ地区」の最寄り駅は、グリーンラインの「アルファヒーディ(Al Fahidi)」になります。

「ドバイ空港」から「ユニオン駅」もしくは「バールジュマン駅」まで行き、グリーンラインへ乗り換えて「アルファヒーディ駅」へ行く流れになります。

メトロ内での飲食は禁止となります。(100ディルハムの罰金)

「バスタキヤ地区」周辺にも観光スポットが多数

「バスタキヤ地区」以外にも、見どころが多い旧市街。

特におすすめのスポットを3つ紹介していきます。

色鮮やかな香辛料&調味料が並ぶ「ドバイ スパイススーク」

「ドバイ」旧市街にある「スパイススーク」は、「香辛料」や「調味料」を扱う専門店が集中しているスポット。

「カラフル」な見た目と「スパイシー」な香りがとても印象的で、ちょっとしたお土産にも最適です。

ドバイ旧市街にある市場「スパイススーク」
中東の雰囲気を存分に味わうことができます。
ドバイ旧市街にある市場「スパイススーク」

「ドバイ」スパイススークの行き方、見どころについて解説!エキゾチックな雰囲気漂う中東市場~

2020年1月5日

夜の街並みがキレイ「アルシーフ」

アルシーフ」はドバイクリーク沿いにあるスポットで、比較的新しい観光地になります。

アラブの「民族衣装」や「雑貨」を扱う店舗や、アラブ料理が味わえる「レストラン」などが並んでいます。

夜の「アルシーフ」はライトアップが綺麗で、「遊覧船の灯り」や「街並みの景色」を楽しめます。

ドバイ「アルシーフ」のライトアップ風景

下記の記事では、「ドバイ」でおすすめの夜景スポットを紹介しています。

ドバイにある「アルシーフ」の夜風景

「ドバイ」おすすめの夜景スポット7選!「ブルジュハリファ」「ドバイマリーナ」など、見どころ満載~

2019年10月12日

煌びやかな市場「ドバイ ゴールドスーク」

「ドバイ」旧市街にある「ゴールドスーク」は、金製品を扱う専門店が集中しているスポット。

政府が品質を保証していますので、安心して購入することができます。

専門店のなかには「世界一大きな指輪」を飾っている店もあり、とても見応えがあります。

ドバイ「ゴールドスーク」にある、世界一大きな指輪2
ブラブラ歩くだけでも楽しめるスポットです。



「ドバイ旅行」で役立つ情報

ここからは、「ドバイ」旅行で役立つ情報を紹介していきます。

「ドバイ」でおすすめのホテルエリア

「ドバイ」で宿泊するなら、「ディラ地区」「ダウンタウン」「ドバイマリーナ」がおすすめです。

「ディラ地区」は空港近くにあるスポットで、物価の安いエリアになります。1泊1万円前後で泊まれるホテルが沢山あります。

「ダウンタウン」はドバイの中心地で、「噴水ショー」や「超高層タワー」などがある場所です。空港からも移動しやすく、市内観光に便利なエリアになります。

「ドバイマリーナ」は海沿いに広がるエリアで、リゾート気分が味わえる場所です。知名度のある高級ホテルが軒を連ねています。

下記の記事では、「ドバイ」のホテルエリアについて解説しています。

ドバイ「ジュメイラビーチ」の街並み

「ドバイ」でおすすめのホテルエリアを紹介!「ドバイ」観光に便利な宿泊地区や場所について解説

2022年3月27日

「ドバイ」観光日数

「ドバイ」には、高さ828mの超高層タワー「ブルジュハリファ」や、砂漠エリアの「デザートサファリ」など、様々な見どころがあります。

また、「ドバイアイ」や「ザ ビュー アット ザ パーム」といった新しいスポットも、毎年のように誕生しています。

見どころの多さから考えると、観光日数としては3日必要です。(移動日は含めていません)

観光で3日あれば、主要な観光スポットを一通りまわることができます。

下記の記事では、「ドバイ観光」のモデルコースを紹介しています。

「ドバイ」バスタキヤ地区の風景

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

「ドバイ」ってどんなところ?

「ドバイ」は近年、急速に発展を遂げている中東の都市で、外国企業の誘致に積極的です。

「ドバイ」の人口の約9割が外国人で、インドやパキスタンをはじめ、周辺国からの労働者が多い状況です。(現地のアラブ人を見かける事は、カナリ少ないです)

また、世界からの旅行者も多く、厳格な入国審査を行っているため、「ドバイ」の治安は安定しています。

「ドバイ」旧市街観光なら、現地ツアーの利用が便利

旧市街(オールドドバイ)を効率的にまわるなら、現地ツアーの利用が便利です。

現地ツアーの予約サイト「Get Your Guide」では、「ドバイ」の観光プランが充実しています。

約3時間程度で、「ドバイ」の旧市街をまわれるガイドツアーも現在開催中です。

現地ツアーを利用することで、旧市街の人気スポット6ヶ所を観光することができます。

  1. ゴールドスーク(金の専門店巡り)
  2. スパイススーク(香辛料&調味料の専門店巡り)
  3. アブラ(船)
  4. オールドスーク(アラブの雑貨巡り)
  5. ドバイ博物館(ドバイの歴史がわかる)
  6. バスタキヤ地区(伝統的な建築や装飾を鑑賞)
「ドバイ」初心者の方でも安心できます。

ドバイ「バスタキヤ地区」まとめ

「ドバイ」では、7つ星ホテル「ブルジュ アル アラブ」や、世界一の高層タワー「ブルジュハリファ」が注目を集めていますが、旧ドバイの雰囲気を肌で感じられる「バスタキヤ地区」も見逃せません。

アラブの伝統的な建築、旧ドバイの歴史がわかる「ドバイ博物館」、そして運河を渡る「アブラ」など、「オールドドバイ」ならではの魅力が満載

ラクダ肉の料理が楽しめるレストラン「ローカルハウス」も、是非チャレンジしてみてください。