スペイン世界遺産「コルドバ歴史地区」の見どころや街並みを紹介!アンダルシアの人気スポット

スペイン「コルドバ」の世界遺産「メスキータ」

「スペイン」には、現在49件の世界遺産があります。(2022年3月時点)

「スペイン」は世界で4番目に世界遺産の多い国で、世界中の旅行者から注目を集めています。

こちらの記事では、スペインの世界遺産「コルドバ歴史地区」の見どころについて紹介しています。

巨大モスク「メスキータ」をはじめ、「コルドバ歴史地区」には様々な見どころがあります。「コルドバ」はスペイン国内からもアクセスしやすく、周遊観光にもおすすめです。

世界遺産「コルドバ歴史地区」

「コルドバ歴史地区」はスペインの世界遺産で、イスラム建築の「メスキータ」、白壁の街並みがキレイな「ユダヤ人街」、そして美しい庭園が魅力の「アルカサル」など、多くの見どころがあります。

イスラム建築「メスキータ」

「メスキータ」は、「コルドバ歴史地区」最大の見どころで、イスラム芸術とキリスト教の雰囲気(増築部分)を肌で感じられる場所。

赤と白のコントラストが魅力の「馬蹄形のアーチ」や、800本以上の「円柱」、そして見応えのある「ミナレット」など、見どころが沢山あります。

下記の写真は、赤レンガと白い石を組み合わせた「馬蹄形のアーチ」。

スペイン「コルドバ」にある「メスキータ」の内部

下記の写真は「メスキータ」のミナレット。

スペイン「コルドバ」にある、イスラム建築のモスク「メスキータ

「メスキータ」の入場料は11ユーロで、チケットは現地窓口や公式サイトから手配できます。

ユダヤ人街「街並み」

「コルドバ歴史地区」には、白壁の綺麗な街並みが広がるエリア「ユダヤ人街」があります。

このエリアは人気の観光名所で、「石畳」の路地や、壁に飾られた「鉢植え」などが印象的。

スペイン「コルドバ」のユダヤ人街

ユダヤ人街「花の小道」

「ユダヤ人街」には、「花の小道」と呼ばれる人気スポットがあります。

「花の小道」では「ミナレット(メスキータ)」を背景に、色鮮やかな花の鉢植えと、白壁の美しい風景を眺められます。

「花の小道」は人気の写真スポットで、無人の写真を撮るのが少し難しい場所です…。

スペイン「コルドバ」にある「花の小道」


スペイン「コルドバ」の場所

「コルドバ」はスペイン「アンダルシア地方」にある県都で、旧市街が世界遺産に登録されています。

国内からもアクセスしやすく、「電車」や「バス」などを利用して行くことができます。

旧市街にある「メスキータ」が歴史地区最大の見どころで、イスラム芸術を存分に堪能できます。



Booking.com

コルドバ歴史地区」には、「ホテル」や「レストラン」なども沢山あります。「パティオ」や、壁に飾られた「お皿」などが魅力的で、アンダルシアの伝統的な雰囲気を肌で感じることができます。

「マドリード」から「コルドバ」への行き方

「マドリード」からアクセスする場合、「電車」や「バス」を利用する流れになります。

電車の場合は約1時間45分、電車の場合は約4時間50分で、「コルドバ」まで移動できます。

「グラナダ」から「コルドバ」への行き方

「グラナダ」からアクセスする場合、「電車」や「バス」を利用する流れになります。

電車の場合は約1時間30分、バスの場合は約2時間50分で、「コルドバ」まで移動できます。

スペイン「コルドバ」観光情報

ここからは、「コルドバ歴史地区」の観光に役立つ情報を3つ紹介していきます。

「コルドバ」の治安

「コルドバ」の治安は、比較的安定しています。

「すり」や「置き引き」には警戒が必要ですが、「マドリード」や「バルセロナ」よりも安全で、観光を楽しみやすい状況です。

「コルドバ」の旧市街は、入り組んだ細い路地が続く場所です。

日中でも人通りが少ない場所があるため、その点は注意が必要です。

「コルドバ」観光の所要時間

「コルドバ歴史地区」の観光時間ですが、約6時間必要となります。

6時間程度あれば、歴史地区を一通り観光できます。

夜の観光含め、ゆっくり楽しみたい場合は、「1泊2日」のプランがおすすめです。

2018年に「コルドバ歴史地区」を訪れましたが、私の場合は「グラナダ」から日帰り観光をしました。「コルドバ」滞在は約6時間で、主要な観光スポットを一通り見ることができました。

「スペイン旅行」必要な持ち物

「スペイン」は日本よりも日差しが強く、夏のアンダルシア地方はカナリ暑くなります…

2018年7月に「コルドバ」へ行きましたが、日中の気温が40度近くまで上がりました。

夏場に「スペイン」へ行く場合、「サングラス」や「紫外線対策」が必須となります。

また、日本と「スペイン」では、電圧や電源プラグが異なります。日本の家電製品を持って行く場合、「変圧器」や「プラグ」の準備が必要です。

「スペイン」は「すり」や「置き引き」の多い国で、現金の持ち歩きは極力避けたいところ…。色々な場所で「クレジットカード」が使えるため、カード利用をメインにするのがおすすめです。


スペイン「コルドバ」でおすすめのホテル

ここからは、「コルドバ」でおすすめのホテルを3つ紹介していきます。

世界遺産「メスキータ」近くのホテル

「ユーロスターズ コンキスタドール」は、「コルドバ」のユダヤ人街にある宿泊施設です。

ロケーション最高のホテルで、コルドバの世界遺産「メスキータ」や「ユダヤ人街」などを存分に楽しめる施設です。

客室はエレガントな雰囲気で、「パティオ(中庭)」や「遺跡」などもあります。

「コルドバ旧市街」の歴史ある高級ホテル

「ラス カサス デ ラ フデリア デ コルドバ」は、「コルドバ」の旧市街にある宿泊施設です。

17~18世紀の邸宅を利用した高級ホテルで、「パティオ」や「噴水」など、アンダルシアらしい雰囲気を肌で感じられる施設。

立地も良く、「メスキータ」や「アルカサル」の観光もしやすい便利なホテルです。

ホテルの屋上から「メスキータ」が見える

「バルコン デ コルドバ」は、「コルドバ」の中心部にある宿泊施設です。

市内観光にとても便利なホテルで、「コルドバ」の主要な観光スポットが徒歩圏内にあります。

また、ホテルの屋上にある「レストラン」から、「メスキータ」の景色を眺めることができます。(おすすめポイント)

客室はモダンで、落ち着いた雰囲気の内装デザインです。

スペイン「アンダルシア地方」の人気スポット

スペイン南部「アンダルシア地方」には、一度は見ておきたい観光名所がいくつもあります。

特におすすめの観光スポットを3つ紹介していきます。

イスラム建築の世界遺産「アルハンブラ宮殿」

アルハンブラ宮殿」は、アンダルシア地方の「グラナダ」にある観光名所。

王の居城でイスラム芸術を堪能できる「ナスル宮殿」、噴水や花々が綺麗な「ヘネラリフェ」、市内を一望できる「アルカサバ」など、数々の見どころがあります。

また、「アルハンブラ宮殿」は丘の上にあるため、市内の様々な場所から宮殿の風景を楽しむことができます。(サンニコラス広場が特におすすめ)

スペイン「アルハンブラ宮殿」のヘネラリフェ

素朴な雰囲気が魅力「フリヒリアナ」

「アンダルシア地方」には、素朴な雰囲気が楽しめる「白い村」があります。

「ミハス」や「モンテフリオ」などが有名で、世界中の旅行者から注目を集めています。

個人的には「フリヒリアナ」がおすすめで、「ミハス」ほど観光地化されていないため、ゆっくりと綺麗な街並みを散策できます。

白壁の建物や、壁に飾られた「鉢植え」、地面に描かれた「モザイク」など、「フリヒリアナ」には多くの見どころがあります。

スペイン「アンダルシア地方」にある白い村「フリヒリアナ」

スペイン最大規模「セビリア大聖堂」

セビリア」はアンダルシア地方の中心都市で、「闘牛」や「フラメンコ」の本場。

「セビリア大聖堂」や「アルカサル」などの世界遺産や、有名映画の撮影にも使われた「スペイン広場」、そして巨大に木造建築物「メトロポール パラソル」など、市内には多くの見どころがあります。

闘牛の聖地「マエストランサ闘牛場」

世界遺産「コルドバ歴史地区」まとめ

「メスキータ」はとても見応えのある建築で、800本以上の「円柱」や「馬蹄形のアーチ」などは一見の価値があります。

スペイン「アンダルシア地方」では、色々なところで白壁の街並みを見ることができますが、「コルドバ歴史地区」にある「花の小道」は特におすすめの場所です。

「ミナレット(メスキータ)」を背景に、白壁と花々の美しい風景を眺められます。