「バルセロナ」ランブラス通りの観光スポットを紹介!おすすめの観光名所を5つピックアップ~

スペイン「バルセロナ」のメインストリート「ランブラス通り」の風景

「バルセロナ」はスペイン第二の都市で、世界遺産や「ガウディ建築」をはじめ、多くの見どころがあります。

また、本場の「スペイン料理」や「フラメンコ鑑賞」なども人気で、世界中の旅行者から注目を集めています。

こちらの記事では「バルセロナ」のメインストリート、「ランブラス通り」の見どころについて解説しています。

「ランブラス通り」は市内中心部にある大通り。「レストラン」や「ホテル」をはじめ、観光スポットも多いことから、観光客に人気のある場所です。

バルセロナ「ランブラス通り」の見どころ

バルセロナの「ランブラス通り」には、一度は訪れてみたい観光スポットがたくさんあります。

ここからは、「ランブラス通り」で特に人気のスポットを5つ紹介していきます。

ランブラス通りの入り口にある「カナレタスの泉」

カタルーニャ広場」から「ランブラス通り」を歩いていくと、最初に目に入るのが「カナレタスの泉」です。

蛇口から水が出てきますので、手を洗ったり、「ペットボトル」に水を入れて飲んだりすることができます。

「バルセロナ」のランブラス通りにある「カナレタスの泉」
海外の水が不安な方は、手を洗う程度にしておいた方が無難です。

新鮮な食材が並ぶ「ボケリア市場」

「ランブラス通り」で大人気のスポットが「ボケリア市場」です。

この市場では、フルーツや魚介系のフリット、オリーブやナッツ、生ハムや生肉など、種類豊富な食品が売られています。

手軽に食べられるものが多いので、朝食やランチにもおすすめです。

「バルセロナ」のランブラス通りにある「ボケリア市場」
日中は混雑していますので、「スリ」に気を付けましょう。
バルセロナ「ボケリア市場」のフルーツショップ

「バルセロナ」ボケリア市場の見どころについて解説!ボケリア市場の場所、行き方、営業時間など紹介

2020年3月4日

ランブラス通りの地面に広がる「ミロのモザイク床」

「ランブラス通り」を歩いていて見落としがちなのが、「ミロのモザイク床」です。

日中は観光客で混雑していますので、注意して地面を見ておかないと通り過ぎてしまうことがあります…

「バルセロナ」のランブラス通りにある「ミロのモザイク床」
無人の写真を撮るのが難しいスポットです…

ランブラス通り近くの「レイアール広場」

「ランブラス通り」から少し中の方へ入ったところに、「レイアール広場」があります。

この場所にはガウディが建築学校卒業後、最初に手掛けた作品「レイアール広場の街灯」があります。

バルセロナ「レイアール広場」にある外灯(ガウディ作品)
「レイアール広場」にはおしゃれな「バル」や「レストラン」がありますので、ランチやディナーにおすすめです。

スペインの世界遺産「グエル邸」

「ランブラス通り」を徒歩で真っすぐ歩いて行き、「ミロのモザイク床」の少し先辺りに「グエル邸」があります。

豪華な造りが特徴の建物で、有料ですが内部も鑑賞することができます。

バルセロナにある世界遺産「グエル邸」
「グエル邸」はガウディ作品の一つで、世界遺産にも登録されています。



「バルセロナ」ランブラス通りの場所

「ランブラス通り」は「バルセロナ」の中心部にあるスポットで、「カタルーニャ広場」から徒歩でアクセスできます。

「ランブラス通り」は道幅の広い大通りで、周辺には「レストラン」や「ホテル」、「地下鉄駅」や「市場」などがあります。

空港からの移動もしやすい場所で、「バルセロナ」初心者の方におすすめのエリアです。

「バルセロナ」ランブラス通りの治安

「ランブラス通り」周辺で、特に注意が必要なのが「スリ」です。

「ランブラス通り」から「ボケリア市場」や「旧市街」、世界遺産の「グエル邸」や「カタルーニャ音楽堂」などへアクセスが可能ですので、この通りは非常に混雑しています。

混雑した場所ではスリ被害に遭う確率も上がりますので、万全のスリ対策が必要となります。

「スリ」以外の危険要素は、現状特にありません。

バルセロナ観光でのスリ対策を7つ紹介!初心者の方におすすめ~

2019年3月6日

「バルセロナ」ランブラス通り沿いでおすすめのホテル

「ランブラス通り」は「バルセロナ」でも人気のスポットで、通り沿いには「ホテル」がたくさんあります。

ここからは、ランブラス通り沿いでおすすめのホテルを3つ紹介していきます。

ロケーション抜群のホテル「ロイヤル ランブラス」

「ロイヤル ランブラス」は、ランブラス通り沿いにある4つ星ホテルです。

「バルセロナ」観光に最適なホテルで、中世時代の建物が並ぶ「ゴシック地区」や、世界遺産「カタルーニャ音楽堂」など、多くの観光スポットが徒歩圏内にあります。

また、空港バスの停留所から近い距離にホテルがあるため、移動もスムーズです。

客室はスタイリッシュで、オシャレな雰囲気。部屋のスペースも広々としています。

清潔感のある宿泊施設「シタディーン ランブラス」

「シタディーン ランブラス」は、「ランブラス通り」沿いに位置する人気の宿泊施設です。

立地の良いホテルで、大通り沿いの観光スポットはもちろん、旧市街や「グラシア通り」にもアクセスしやすい特徴があります。

客室は清潔感があり、落ち着いた雰囲気の内装デザインです。

ランブラス通り沿いの高級ホテル「ホテル バゲス」

「ホテル バゲス」は、バルセロナの中心部にある高級ホテルです。

空港アクセスや市内観光にとても便利なホテルで、「ボケリア市場」や「サンタ エウラリア大聖堂」などがすぐ近くにあります。

また、古い建物が並ぶ「ゴシック地区」や、地中海沿いの「バルセロネータ」も徒歩圏内にあります。

客室はゴージャスで、高級感のある内装デザイン。部屋の設備も充実しています。

スペイン「バルセロナ旅行」に役立つ情報

初めて「バルセロナ」を訪れる方は、現地の「言葉」や「習慣」に戸惑うこともあるかと思います…

特に重要な点を3つ紹介しますので、是非参考にしてください。

「バルセロナ」って英語は通じるの!?

「バルセロナ」では、通常は「スペイン語」や「カタルーニャ語」が使われます。

観光エリアにある「ショップ」や「カフェ」、「レストラン」などでは英語が通じます。

外国人がお店の定員というケースも多々ありますので、簡単な英語を覚えておくだけで問題ありません。

挨拶程度のスペイン語は覚えるようにしましょう。そうすることで現地の方の対応も良くなり、より観光を楽しむことができます。

スペインの習慣「シエスタ」

スペインでは、午後13時~16時頃まで休憩する習慣があります。(時間は目安です。)

この時間帯はお店が閉まっているケースがありますので、注意が必要です。

もし気になるお店があれば、午前もしくは16時以降にまわるのがベストです。

スペインの食事時間は、日本よりも遅くなります。お昼は13時以降、夜は21時以降が目安となります。

日曜日の「バルセロナ」

日頃大賑わいの「バルセロナ」ですが、日曜日になると大半のお店が閉まっています

スペインでは日曜日は休息し、家族や友人とのんびり過ごす習慣があります。

そのため気になるお店があれば、「月曜日~土曜日」に行くことをおすすめします。

日本同様の感覚で行くと、困惑します…

バルセロナ「ランブラス通り」の見どころまとめ

「ランブラス通り」は「バルセロナ」の中心部に位置しているため、市内観光がしやすい特徴があります。

また、通り沿いに「ボケリア市場」や「スーパーマーケット」などがあるため、食に困ることもありません。

「ランブラス通り」は「バルセロナ」でも特に混雑する場所ですので、「すり」には注意しましょう。

「ランブラス通り」は、夜でも比較的人が多い場所です。他のエリアに比べると、夜でも観光がしやすい所です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。