【バルセロナ観光】ゴシック地区・旧市街の見どころや楽しみ方、行き方について解説!

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」の風景

「バルセロナ」といえば「サグラダファミリア」をはじめとする「ガウディ建築巡り」、そして「カタルーニャ音楽堂」や「サンパウ病院」などの世界遺産巡りが有名ですが、「ゴシック地区・旧市街」も見逃せないスポットです。

コチラの記事では「ゴシック地区・旧市街」の見どころや、旧市街周辺の観光スポットについて解説しています。

「ゴシック地区・旧市街」は中世の雰囲気漂うスポットで、「カテドラル」や「ピカソ美術館」をはじめ、多くの観光名所があります。「バルセロナ」の中心地付近にあるため、徒歩でまわることができます。

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」の見どころ

ゴシック地区・旧市街」を訪れた際、絶対に見ておきたいスポットを4つ紹介していきます。

ゴシック地区のシンボル「カテドラル(大聖堂)」

「ゴシック地区・旧市街」のシンボルともいえる「カテドラル(大聖堂)

週末になると、広場の前で楽しそうに踊る人達の風景を見ることができます。

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」にある「サンタエウラリア大聖堂」

別途入場料はかかりますが、「カテドラル」の内部を鑑賞することも可能です。

「礼拝と祈り」の営業時間については、下記になります。

曜日 営業時間
月曜~金曜 午前8時30分~午後12時30分
午後5時45分~午後7時30分
土曜 午前8時30分~午後12時30分
午後5時15分~午後8時
日曜、祝日 午前8時30分~午後1時45分
午後5時15分~午後8時
上記時間帯での入場料は、「聖歌隊席:3ユーロ」「屋上:3ユーロ」になります。

「観光での訪問」の営業時間については、下記になります。

曜日 営業時間
月曜~金曜 午後12時30分~午後7時45分
土曜 午後12時30分~午後5時30分
日曜、祝日 午後2時~午後5時30分
上記時間帯での入場料は「7ユーロ」になります。「カテドラル大聖堂」の公式ページはコチラ

バルセロナ観光でのスリ対策を7つ紹介!初心者の方におすすめ~

2019年3月6日

壁に描かれた「ピカソの線画」

カタルーニャ建築協会」の壁には、ピカソの線画が描かれています。

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」にある「ピカソの線画」

「ゴシック地区・旧市街」にある「ピカソ美術館」では、ピカソの少年時代の作品を見ることができます。

「ピカソ美術館」チケット料金と場所について

「ピカソ美術館」のチケット料金は、下記のようになります。

チケットの種類 チケット料金
一般チケット 12ユーロ
一般チケット+特別展 12ユーロ
特別展 6.5ユーロ
木曜日(午後6時~午後9時半)、第1日曜日(午前9時~午後8時半)は無料で入場することができます。

「ピカソ美術館」の場所は、下記になります。

「ピカソ美術館」では「絵画」「版画」など、多数のコレクションを鑑賞できます。「ピカソ美術館」の公式ページはコチラ

「バルセロナ観光」必要な日数って何日?バルセロナのモデルコースを紹介~

2019年11月24日

見るものを魅了する「ため息の橋」

「ゴシック地区・旧市街」を散策する際、もっとも印象的なのが「ため息の橋」です。

建物同士を結ぶ橋、その橋に施された装飾が芸術作品のように美しく、人気の観光スポットになっています。

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」にある「ため息の橋」
旧市街周辺では、中世の雰囲気を存分に味わうことができます。

「ため息の橋」の場所

「ため息の橋」の場所ですが、下記になります。

初めてのスペイン旅行なら「バルセロナ」がおすすめ!「ガウディ建築」「世界遺産」など見どころ満載~

2019年11月26日

中世の雰囲気あふれる「旧市街の街並み」

「ゴシック地区・旧市街」は歴史ある建物老舗の店舗などが多く、歩くだけでワクワクするようなスポットです。

地元の人も利用している「サンタ・カテリーナ市場」にも注目です。

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」の街並み風景
旧市街の路地は迷路のようになっていますので、迷わないよう注意が必要です。

ゴシック地区・旧市街【夜の雰囲気】

「ゴシック地区・旧市街」は、夜の雰囲気も魅力的です。

特に人気のスポットを2つ、紹介していきます。

カテドラル(大聖堂)の夜景

夜の「カテドラル(大聖堂)」は重厚感があり、日中とは違った深みのある雰囲気を感じられます。

日中はとても混雑しますが、夜は空いているため、じっくりと大聖堂を眺めることができます。

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」にある「サンタエウラリア大聖堂」の夜景
人通りが少ない路地は、避けた方が無難です。(夜は危険が伴います)

旧市街の街並み

夜の「旧市街」は人通りも少なく治安面での怖さもありますが、歴史ある建物・街並みをじっくりと鑑賞することができます。

下記インスタを見ていただくと分かりやすいですが、夜の「旧市街」は閑散としています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

夜はあまり治安が良くないため、不安な方は日中の旧市街散策を楽しみましょう。
バルセロナの「ゴシック地区」

バルセロナ「ゴシック地区」の治安について解説!中世の建築がならぶ旧市街~

2020年5月19日

ゴシック地区・旧市街の場所を地図で確認

「ゴシック地区・旧市街」ですが、「バルセロナ」の中心部「カタルーニャ広場」から徒歩で約10分の場所にあります。

周辺には世界遺産「カタルーニャ音楽堂」、メインストリートの「ランブラス通り」、海沿いの街「バルセロネータ」、そして2つの世界遺産がある「グラシア通り」があります。

【スペイン旅行】バルセロナの治安情報(2020年度版)!気をつけること、注意点について解説~

2019年6月15日

「バルセロナ」でおすすめの現地ツアー

「バルセロナ」の観光スポットといえば、下記のようなものがあります。

  • ガウディ建築巡り
  • 世界遺産巡り(カタルーニャ音楽堂、サンパウ病院)
  • 美術館巡り(ピカソ、ミロなど)
  • バル巡り
  • フラメンコ観賞
  • サッカー観戦
「タラゴナ」や「モンセラット」など、「バルセロナ」周辺スポットも見逃せません。

限られた時間のなかで、より多くのスポットを観光するなら、現地ツアーの利用がおすすめです。

「バルセロナ」の現地ツアーでしたら、日本語対応プランが充実している「ベルトラ」の利用が便利です。

VELTRA(ベルトラ)の予約方法や予約キャンセルの手順、口コミや評判などを解説!【空港送迎編】

2019年2月2日

「ゴシック地区・旧市街」の周辺スポットについて

「ゴシック地区・旧市街」周辺には魅力的なスポットがたくさんありますが、特におすすめのスポットを2つ紹介します。

天井のステンドグラスが印象的な「カタルーニャ音楽堂」

カタルーニャ音楽堂」は「モンタネール」が手掛けた建築で、世界遺産に登録されています。

建物内部に施された「豪華な装飾」や「ステンドグラス」、そして「カラフルなバルコニー」など、見どころが豊富にあります。

バルセロナの世界遺産「カタルーニャ音楽堂」の館内
ガイドツアーに参加することで、建物内部も鑑賞できます。

【バルセロナ観光】「カタルーニャ音楽堂」の見どころやチケット予約、行き方について解説!

2019年4月5日

ランブラス通りの観光名所「ボケリア市場」

「ランブラス通り」は「カタルーニャ広場」から「コロンブスの塔」まで続く大通りで、レストランやカフェなども多く日々賑わっています。

「ランブラス通り」で立ち寄りたいのが「ボケリア市場」で、食に関する様々なものが揃っている人気スポットです。(果物、野菜、肉、魚、サフラン、香辛料、調味料、揚げ物など)

バルセロナのランブラス通りにある「ボケリア市場」
日中はカナリ混雑しますので、空いている午前中に訪れるのがおすすめです。

【バルセロナ】ランブラス通りの観光スポットを紹介!おすすめの観光名所を5つピックアップ~

2019年3月18日

バルセロナ「ゴシック地区・旧市街」まとめ

「ゴシック地区・旧市街」は、中世の建築が残っている歴史地区になります。

「カテドラル」や「ピカソ美術館」をはじめ、見応えのあるスポットが沢山あります。

また、老舗の店舗なども多数ありますので「お土産探し」にもおすすめです。

少し足を延ばすと「カタルーニャ音楽堂」や「ランブラス通り」がありますので、一緒にまわると効率的に観光できます。

下記の記事では、「ゴシック地区」周辺のおすすめホテルを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

中世の建築がそびえる「ゴシック地区」

バルセロナ「ゴシック地区」周辺のおすすめホテルを紹介!

2020年5月22日







注目の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。