「ビジネスクラス搭乗記」エミレーツ航空【A380 エアバス】のビジネスクラスについて解説!

「エミレーツ航空」のエアバス(A380)は2階建ての飛行機で、1階には「エコノミークラス」、2階には「ビジネスクラス」や「ファーストクラス」が配置されています。

コチラの記事ではエアバス(A380)の「ビジネスクラス」について解説しています。

【エアバス(A380)】ビジネスクラス

ここからはエアバス(A380)の「ビジネスクラス」エリアの機内や、サービス内容について解説していきます。

A380「ビジネスクラス」の機内

エアバスの「ビジネスクラス」エリアは1-2-1列シートで、2-3-2列シートのボーイングよりも空間が広々としています。

全ての座席が通路に面している点が、エアバス(A380)特徴です。
「エミレーツ航空」ボーイング777-200「ビジネスクラス」

「エミレーツ航空」ビジネスクラスについて解説!食事やラウンジ、送迎やWiFiなどサービス内容が充実~

2020年2月26日

A380「ビジネスクラス」のシート(座席)

エアバスの「ビジネスクラス」の座席ですが、下記画像のように広々としています。

シートは水平にすることも可能で、客室乗務員が専用のマットレスを敷いてくれますのでゆっくりと休むことができます。

座席の横にはミニバーがあり、水やソフトドリンクが置かれています。

窓側の席には、バッグなどを入れられる棚が完備されています。

A380「ビジネスクラス」の食事

エアバスの「ビジネスクラス」の食事ですが、コースメニューになります。

前菜、メイン、デザートは複数の種類から好きなものを選べます。

エミレーツ航空ビジネスクラスの機内食メニューについて解説!EK77便の機内食(2019年7月版)

2019年7月28日

ドリンク

ドリンクは「シャンパン」や「ワイン」をはじめ、多数のアルコール類、「ソフトドリンク」や「コーヒー・紅茶」などが楽しめます。

A380「ビジネスクラス」には、ラウンジがある

「エミレーツ航空」のエアバス(A380)の「ビジネスクラス」といえば、機内に完備されたバーカウンターが有名です。

このバーカウンターではシャンパンやワインをはじめ、様々なアルコール類を気軽に楽しむことができます。

お酒以外にも、つまみやカットフルーツ、軽食なども用意されています。

「エミレーツ航空」にはエアバス(A380)ボーイング777がありますが、機内のバーカウンターはエアバス専用のサービスです。

トイレのアメニティ(VOYA)

「ビジネスクラス」のトイレには、専用のアメニティが用意されています。

なかでも「VOYA」のハンドクリームが便利で、持ち運びしやすいサイズということで、こそっと持ち帰る人も多いのでは…

「VOYA」は世界中の高級スパで愛用されているブランドになります。

【エミレーツ航空】無料の空港送迎サービス予約方法について解説!

2019年10月5日

マイルのアップグレードでエアバス体験

飛行機の「ビジネスクラス」といえば高額というイメージですが、「エミレーツ航空」のマイルを使って、エアバス(A380)の「ビジネスクラス」を体験することができます。

最もおすすめなのが「ドバイ」⇔「ヨーロッパ」便のフライトで、30000マイル程度あれば「ビジネスクラス」にアップグレードできます。

参考までに「エコノミークラス」から「ビジネスクラス」にアップグレードする際、必要となるマイル数を下記に紹介していきます。

ドバイからヨーロッパ

例えば「ドバイ空港」から「パリ空港」までのフライトで、「エコノミークラス」から「ビジネスクラス」にアップグレードする場合、下記マイル数が必要となります。

運賃タイプ 必要マイル
Saver 57500マイル
Flex 39000マイル
Flex Plus 30000マイル
購入する運賃タイプによって、必要マイル数が異なります。

エミレーツ航空『マイル』の使い方、貯め方について解説!貯まった『マイル』を使ってアップグレードや特別航空券に交換

2019年3月4日

成田・関空からドバイ

「エミレーツ航空」は日本では「羽田空港」「成田空港」「関西空港」に就航していますが、エアバス(A380)を利用できるのが「成田空港」と「関西空港」になります。

例えば「成田空港」から「ドバイ空港」までのフライトで、「エコノミークラス」から「ビジネスクラス」にアップグレードする場合、下記マイル数が必要となります。

運賃タイプ 必要マイル
Saver 81250マイル
Flex 54600マイル
Flex Plus 42000マイル
日本からドバイは距離があるため、多くのマイルが必要となります…。より少ないマイルで「ビジネスクラス」にアップグレードできる「ドバイ」⇔「ヨーロッパ」便のフライトがおすすめです。

エミレーツ航空のスカイワーズ会員特典

「エミレーツ航空」のフライトを利用するなら、「スカイワーズ会員」になるのがおすすめです。

「スカイワーズ」とは「エミレーツ航空」が独自に展開しているマイレージプログラムで、会員ランク応じて様々な特典が受けられます。

ここからは「スカイワーズ会員」の特典内容を4つ紹介していきます。

フライトでボーナスマイルがもらえる

「エミレーツ航空」のフライトを利用する際、「シルバー会員」以上はボーナスマイルが加算されます。

ボーナスマイルの付与率については、下記表のようになります。

会員クラス シルバー ゴールド プラチナ
獲得マイル 25% 50% 75%
貯まったマイルは、座席のアップグレードに利用できます。

エミレーツ航空の会員特典サービスを徹底比較!ランク別の会員メリットを詳しく解説

2019年1月31日

エミレーツラウンジの利用

「エミレーツ航空」の「シルバー会員」になると、「ドバイ空港」にある「エミレーツ・ビジネスクラスラウンジ」を無料で利用できます。(※シルバー会員以上が対象)

ゴールド会員」になると、世界中にある「エミレーツ提携ラウンジ」を無料で利用できます。(※ゴールド会員以上が対象)

「ゴールド会員」の方は「羽田空港」を利用した際、「サクララウンジ」を利用できます。

エミレーツ航空「シルバー会員」の特典メリットや資格条件、ティアマイルやスカイワーズマイルを貯める方法について解説!

2019年1月28日

機内WiFiが無料で使える

「エミレーツ航空」の「ゴールド会員」になると、機内WiFi無制限&無料で利用できます。(※ゴールド会員以上が対象)

自分のタイミングで好きなだけネットに接続できますので、フライト中も退屈しません。

【エミレーツ航空】ゴールド会員の特典について解説!

2019年6月30日

預け荷物の優先受け取り

「エミレーツ航空」の「ゴールド会員」になると、預け荷物にプライオリティタグが付けられるため、荷物を優先的に受け取ることができます。

目的地に到着後、レーンが回り始めてから約5分くらいで預け荷物を受け取れます。

エミレーツ航空【エアバス(A380)】まとめ

「エミレーツ航空」の「ビジネスクラス」を利用するなら、バーカウンター(ラウンジ)がある「エアバス(A380)」がおすすめです。

私も3回ほど「エアバス(A380)」の「ビジネスクラス」を体験しましたが、ホテルのラウンジにいるかのような雰囲気を機内で味わうことができます。

ちなみに日本からは、「成田空港」「関西空港」から「エアバス(A380)」に乗ることができます。

「羽田空港」は「ボーイング777」のみとなります。
ドバイの「ジュメイラモスク」

「ドバイ」トランジットで観光するなら、どこがおすすめ?空港からメトロでアクセスできるスポットを紹介~

2020年1月3日







注目の記事