「ドバイ」トランジットで観光するなら、どこがおすすめ?空港からメトロでアクセスできるスポットを紹介~

ドバイにある「ジュメイラモスク」

日本から「ドバイ」を経由して他の国へ行く場合、「ドバイ空港」での待ち時間が発生します。

次のフライトまで4時間以上の待ち時間がある場合、「ドバイ」へ入国して観光することも可能です。

コチラの記事では、「ドバイ」のトランジットでおすすめの観光スポットを5つ紹介しています。

「ドバイ空港」からメトロを利用して、アクセスできるスポットを紹介。「ドバイ」の定番スポットはもちろん、話題の新名所もピックアップしています。是非チェックしてみてください。

超高層タワー「ブルジュハリファ」

「ドバイ観光」といえば「ブルジュハリファ」が有名で、ガイドブックでも頻繁に取り上げられる観光名所です。

地上からの高さは828mで、世界一の高層タワーといわれています。

「ブルジュハリファ」の内部にも入ることが可能で、124~125階の「アットザトップ」、148階の「アットザトップスカイ」からの景色は一見の価値があります。

ドバイのランドマーク「ブルジュハリファ」

「ブルジュハリファ」の見どころをまとめてみました。

  1. 展望台からの景色「124~125階のアットザトップ」
  2. 「アトモスフィア」でのアフタヌーンティー
  3. 音楽と映像が楽しめる「プロジェクションマッピング
  4. 世界初となる「アルマーニホテル」
「アットザトップ」の入り口は、「ドバイモール」のLG階にあります。

「ドバイ空港」から「ブルジュハリファ」へのアクセス

「ドバイ空港」から「ブルジュハリファ」には、メトロを利用して行くことができます。

「ブルジュハリファ」の最寄り駅が「ブルジュハリファ/ドバイモール駅」で、空港から直通でアクセスできます。

移動時間の目安としては、約30~40分になります。



巨大ショッピングモール「ドバイモール」

「ドバイ ダウンタウン」には、世界最大級の規模を誇る「ドバイモール」があります。

モール内には1000以上の店舗、150以上のレストランやカフェをはじめ、3万以上の海洋生物を鑑賞できる「ドバイ水族館」などがあります。

また、「ブルジュハリファ」展望台や「ドバイファウンテン(噴水ショー)」にもアクセスできることから、多くの観光客で賑わっています。

「ドバイモール」のブランドエリア

「ドバイモール」の見どころをまとめてみました。

  1. 巨大ショッピングモールでの買い物
  2. エミレーツA380型機のフライト体験
  3. 3万以上の海洋生物を鑑賞できる「ドバイ水族館」
  4. 噴水ショーの鑑賞「ドバイファウンテン」
世界最大級の規模を誇るスポットで、一日いても飽きることがありません。

「ドバイ空港」から「ドバイモール」へのアクセス

「ドバイ空港」から「ドバイモール」には、メトロを利用して行くことができます。

「ドバイモール」の最寄り駅が「ブルジュハリファ/ドバイモール駅」で、空港から直通でアクセスできます。

移動時間の目安としては、約30~40分になります。
「ドバイ ファウンテン」の噴水ショー

「ドバイ ファウンテン」噴水ショーの時間や「ドバイ空港」からの行き方を紹介!音楽と水の演出が楽しめる~

2020年2月18日

黄金の額縁「ドバイフレーム」

ドバイフレーム」は2018年にオープンしたばかりの新名所で、黄金の額縁といわれるスポットです。

「ドバイフレーム」は高さ150m幅93mの巨大な額縁で、「旧ドバイ(オールドドバイ)」と「ニュードバイ」の中間辺りに位置しています。

フレームの内部にも入ることが可能で、「オールドドバイ」や「ニュードバイ」のギャラリーや、展望台からの絶景を楽しむことができます。

額縁型の建物「ドバイフレーム」

「ドバイフレーム」の見どころをまとめてみました。

  1. 展望台から眺められる、「オールドドバイ」と「ニュードバイ」の絶景
  2. 展望台の床(一部ガラス張りになっています)
  3. 展望台のカフェ
  4. 「オールドドバイ」と「ニュードバイ」のギャラリー
「ドバイフレーム」の入場料は「52.50ディルハム」になります。

「ドバイ空港」から「ドバイフレーム」へのアクセス

「ドバイ空港」から「ドバイフレーム」には、メトロを利用して行くことができます。

「ドバイフレーム」の最寄り駅が「アルジャフィリヤ駅」で、空港から直通でアクセスできます。

移動時間の目安としては、約30~40分になります。(駅から少し歩く形になります…)
「ドバイフレーム」展望台からの景色

「ドバイフレーム」への行き方を紹介!「ドバイフレーム」の予約方法や料金、展望台や夜景風景など解説

2019年4月20日

アラブの歴史を肌で感じられる「オールドドバイ」

近未来的な建物が注目されている「ドバイ」ですが、昔の「ドバイ」を感じられる「オールドドバイ」も見逃せません。

色とりどりの香辛料や調味料が売られている「スパイススーク」、政府が品質を保証する金製品のマーケット「ゴールドスーク」、布製品や雑貨店などが軒を連ねる「ドバイオールドスーク」など、見どころが沢山あります。

また、アラブの建築や装飾が残っている「バスタキヤ地区」も魅力的で、「ドバイ」の雰囲気を肌で感じることができます。

ドバイにある世界一大きな指輪

「オールドドバイ」の見どころをまとめてみました。

  1. 3大スーク巡り(ゴールド、スパイス、ドバイオールド)
  2. バスタキヤ地区散策
  3. アブラ(渡し船)
  4. ゴールドスークにある世界一大きな指輪
「バスタキヤ地区」には、新鮮なラクダ肉を食べられる「ローカルハウス」というレストランがあります。

「ドバイ空港」から「オールドドバイ」へのアクセス

「ドバイ空港」から「オールドドバイ」には、メトロを利用して行くことができます。

スパイススーク」や「ゴールドスーク」の最寄り駅が「アルラス(Al Ras)」駅になります。「ユニオン駅」でグリーンラインに乗り換えて、アクセスできます。

「ドバイオールドスーク」や「バスタキヤ地区」の最寄り駅は「アルファヒーディ(Al Fahidi)」駅になります。「バールジュマン駅」でグリーンラインに乗り換えて、アクセスできます。

「スパイススーク」「ゴールドスーク」側から「ドバイオールドスーク」「バスタキヤ地区」への行き方ですが、渡し船(アブラ)の利用が便利です。片道2ディルハムで、運河を渡ることができます。



リゾート気分を満喫「ドバイマリーナ」

近未来的な建物、高層レジデンスなどが立ち並ぶ「ドバイマリーナ」は、「ドバイ」のセレブタウンといわれるスポット。

高層ビルを眺めながら散歩が楽しめる「ドバイマリーナウォーク」、気軽に海水浴が楽しめる「ザビーチ」、遊覧船に乗って海側から「ドバイ」の景色を眺められる「イエローボート」など、他のスポットとは違った楽しみ方ができます。

人気の散歩コース「ドバイ マリーナウォーク」

「ドバイマリーナ」の見どころをまとめてみました。

  1. ねじれたビル「カヤンタワー」
  2. のんびり散歩が楽しめる「マリーナウォーク」
  3. 海側からドバイの景色を眺められる「イエローボート(遊覧船)」
  4. 海水浴が楽しめる「ザビーチ
「ザビーチ」では、砂浜と一緒に「高層ビル」と「ラクダ」を見ることができます。(「ドバイ」ならではの風景)

「ドバイ空港」から「ドバイマリーナ」へのアクセス

「カヤンタワー」や「イエローボート」の最寄り駅が、「ダマックプロパティーズ駅」になります。

「ドバイマリーナモール」や「マリーナーウォーク」の最寄り駅が、「DMCCメトロ駅」になります。

どちらも「レッドライン」でアクセスすることができます。

移動時間の目安としては、約50分になります。

ドバイ遊覧船「イエローボートツアー」の料金プランや評判、ツアーの見どころや注意点について解説!

2019年2月14日

「ドバイ旅行」お役立ち情報

現地の治安や使用される通貨など、「ドバイ旅行」に役立つ情報を3つ紹介していきます。

「ドバイ」治安情報

「ドバイ」は近年急速に発展している都市で、外国人労働者や観光客(海外からの)が多いところ。

「ドバイ」では厳格な入国管理を実施しており、現地の治安は安定しています。

過去に3度「ドバイ」を訪問し、夜スポット含めて色々観光しましたが、とても治安が良い印象でした。(東京と同じくらい安定していました)

混雑する場所での「スリ」や、レストランなどでの「置き引き」には注意が必要ですが、あまり神経質にならなくても大丈夫なところです。

下記の記事では、「ドバイ」の治安について解説しています。

「ドバイ」にあるアルシーフの街並み

アラブ首長国連邦「ドバイ」の治安情報を紹介!ドバイで気をつけることや注意点について解説

2019年6月18日

「ドバイ」で使われる通貨

「ドバイ」で使用される通貨は「ディルハム」で、1AED=38.92円です。(2022年9月17日時点)

現地の空港や、市内各所にある「ショッピングモール」などで外貨両替できます。

ちなみに「ドバイ」では、多くの場合でクレジットカードが使えます。外貨両替が面倒という方には、カード決済がおすすめです。

「タクシー」や小さな店舗では、カード決済NGのケースもあります。30〜50AED程度の現金を持ち歩くことで安心できます。

「ドバイ」で英語は通じる?

「ドバイ」には外国人労働者が多く、現地では英語で会話することができます。(アラブ首長国連邦の公用語はアラビア語)

「ショッピングモール」や「レストラン」をはじめ、現地ツアーガイドの多くは、近隣国からの出稼ぎ労働者。

観光客が訪れる場所には外国人労働者が多いため、簡単な英語が話せれば大丈夫です。

「ドバイ」トランジット観光まとめ

「ドバイ」の定番スポットを観光してみたい、という方には「ブルジュハリファ」や「ドバイモール」がおすすめです。(距離も近く、空港からの移動もスムーズです)

「ドバイ」の新しいスポットを観光してみたい、という方には「ドバイフレーム」や「ドバイマリーナ」がおすすめです。

昔の「ドバイ」を肌で感じてみたい、という方には、アラブの雰囲気たっぷりの「オールドドバイ」がおすすめです。