「ドバイ」ゴールドスークの行き方、見どころについて解説!煌びやかな市場を散策~

ドバイ旧市街「ゴールドスーク」ネックレス

「ドバイ観光」といえば「ブルジュハリファ」や「ブルジュ アル アラブ」というイメージがあるかと思いますが、古い街並みが残る旧市街も魅力的なスポットです。

コチラの記事では「ドバイ」旧市街にある「ゴールドスーク」への行き方、見どころについて解説しています。

「ドバイ」旧市街は「オールドドバイ」といわれ、異国情緒を感じる市場(スーク)や、アラブの伝統的な建築など見どころが満載です。

ドバイ「ゴールドスーク」の場所を地図で確認

「ゴールドスーク」は「ディラ地区」にあるスポットで、「スパイススーク」の近くにあります。

小舟(アブラ)で「ドバイクリーク」の運河を渡れば、「ドバイ オールドスーク」や「バスタキヤ地区」にも行くことができます。

【ドバイ観光】オールドドバイ(旧市街)の行き方、見どころについて解説!異国情緒あふれる人気スポット~

2019年4月30日

「ドバイ空港」から「ゴールドスーク」への行き方

「ドバイ空港」からメトロを使って、「ゴールドスーク」へアクセスできます。

最寄駅」や「空港からの移動時間」については、下記を参考にしてください。

最寄駅 アルラス駅(Al Ras)
路線 グリーンライン
移動時間 駅から約5分
「ドバイ空港」からアクセスする場合、「ユニオン駅(Union)」もしくは「バールジュマン駅(BurJuman)」でグリーンラインへの乗り換えが必要となります。
ウォールアートで有名な、ドバイの「カラマ地区」

「ドバイ メトロ」グリーンラインでアクセスできる、おすすめスポットを紹介!中東の雰囲気たっぷりの旧市街エリア~

2020年1月18日
ドバイの新名所「コカコーラ アリーナ」

【2020年度版】ドバイの治安情報を紹介!気をつけること、注意点について解説~

2019年6月18日

アブラの乗り方

旧市街の観光スポットは、運河の両岸にあります。

小舟(アブラ)を利用して「運河」を渡ることができます。

アブラの路線について

アブラには2つの路線があります。

  1. 「ディラ オールドスーク渡船場」 ~「バールドバイ渡船場」
  2. 「ドバイ オールドスーク渡船場」 ~「アル サブハ渡船場」
「アブラ」での移動時間は、約5分です。
ドバイ旧市街「アブラ」のルート

「アブラ」乗り方の流れ

「アブラ」の乗り方はとても簡単で、下記①~③の流れになります。

  1. 「渡船場」からアブラに乗る
  2. 船の中で料金を支払う
  3. 目的地に到着したら、アブラから降りる
「アブラ」の料金は「2ディルハム」です。現金でのお支払になります。
「オールドドバイ」の渡し船「アブラ」

「ゴールドスーク」の見どころ

ここからは、「ゴールドスーク」の見どころについて解説していきます。

ギネス世界記録に認定「世界一大きな指輪」

「ゴールドスーク」を訪れた際、絶対に見ておきたいスポットが「世界一大きな指輪」です。

この指輪は「ダマスジュエリー」というお店に飾られていて、ギネス世界記録にも認定されています。

ドバイの「ゴールドスーク」にある世界一大きな指輪
あまりの大きさに圧倒されます。

旧市街に広がる「煌びやかな市場」

「ゴールドスーク」には金製品を扱うお店が軒を連ね、煌びやかな雰囲気が漂っています。

ゴージャスな「金のネックレス」や「バングル」をはじめ、「金の置物」などが所狭しと並んでいます。

ドバイ旧市街「ゴールドスーク」ネックレス1
品質は政府が保証しているため、安心して買い物を楽しめます。
ドバイ旧市街にある「スパイススーク」の風景

「ドバイ」スパイススークの行き方、見どころについて解説!エキゾチックな雰囲気漂う中東市場~

2020年1月5日

旧市街を存分に楽しむなら、現地ツアーの利用がおすすめ

「ドバイ」旧市街には「バスタキヤ歴史地区」や「ドバイ博物館」、「3つのスーク(市場)」など、見どころが豊富にあります。

これらのスポットを効率的に観光するなら、現地ツアーの利用がおすすめです。

旧市街ツアーは半日でまわれるプランで、下記6つのスポットを楽しめます。

  • ゴールドスーク(金製品が並ぶ市場)
  • スパイススーク(香辛料などが並ぶ市場)
  • アブラ(小船)
  • オールドスーク(布製品が並ぶ市場)
  • ドバイ博物館(ドバイの歴史を知る)
  • バスタキヤ地区(ドバイの伝統的な建築にふれる)
旧市街ツアーには日本語ガイドが付くため、説明を受けながら観光を楽しめます。

「ドバイ」の旧市街ツアーは、現地ツアーの専門サイト「ベルトラ」から予約可能です。

VELTRA(ベルトラ)の予約方法や予約キャンセルの手順、口コミや評判などを解説!【空港送迎編】

2019年2月2日

「ゴールドスーク」周辺の観光スポット

ここからは、「ゴールドスーク」周辺のおすすめスポットを紹介していきます。

エキゾチックな雰囲気あふれる「バスタキヤ地区」

「バスタキヤ地区」は「オールドドバイ」の人気スポットで、「ドバイ」の伝統的な建築が残っているエリアです。

迷路のような細道や、アラブの装飾、歴史地区に造られたおしゃれなカフェなど、見どころがたくさんあります。

ドバイ旧市街「バスタキヤ地区」の街並み風景2
「バスタキヤ地区」は夜のライトアップも魅力的で、フォトジェニックな風景を楽しむことができます。
ドバイ「バスタキヤ地区」の観光スポット

「ドバイ観光」バスタキヤ地区の行き方、見どころについて解説!アラブの雰囲気漂う歴史エリア~

2020年1月4日

ザビールパークに造られた、世界一の額縁「ドバイフレーム」

「ドバイ」には「ブルジュ アル アラブ(7つ星ホテル)」や「カヤンタワー(ねじれたビル)」をはじめ、興味深い建物がいくつもありますが、「ドバイフレーム」もその一つになります。

地上からの高さ「150m」、幅「93m」の外観はとてもインパクトがあり、写真を撮るのも一苦労です…

「ドバイフレーム」の外観

「ドバイフレーム」の中に入ることも可能で、2階には「オールドドバイ(旧ドバイ)」と「未来のドバイ」が楽しめる「ギャラリー」があります。

フレームの48階には展望台があり、「オールドドバイ」と「ニュードバイ」の景色を眺めることができます。

「ドバイフレーム」は夜景もキレイで、フレームが複数の色に変化します。(7~8色)

「ドバイフレーム」の行き方やチケット予約、見どころ(展望台・夜景)について解説!トランジットで黄金の額縁を鑑賞~

2019年4月20日

「ゴールドスーク」まとめ

「ゴールドスーク」は金製品のお店がならぶ煌びやかな市場で、歩くだけでも楽しめるスポットです。

「ダマスジュエリー」に飾られている世界一大きな指輪は、一見の価値があります。

「ゴールドスーク」は「ドバイ空港」からもアクセスしやすいため、トランジットでの観光にもおすすめです。

ペルシャ湾から見た「ブルジュアルアラブ」の景色

短時間でも楽しめるドバイの観光スポットを紹介!乗り継ぎ(トランジット)での利用に最適~

2019年2月23日







注目の記事