「ドバイ旅行」でおすすめのクレジットカードを紹介!様々なシーンで利用できるお得なカード~

ドバイモールの「カフェ」

アラブ首長国連邦にある「ドバイ」は急速に発展している都市で、2020年10月から「ドバイ国際博覧会」が開催される流れもあり、世界からも注目を集めています。

公共交通機関やインフラなども整っている「ドバイ」では、様々なシーンで「クレジットカード」を利用できます。

コチラの記事では、「ドバイ旅行」でおすすめのクレジットカードを紹介しています。

「ドバイ」では、ほとんどの場所でクレジットカードが使えます。ただ、タクシーや一部の店舗では現金のみというケースもあるため、「クレジットカード」+「少額の現金(40〜50AED)」という組み合わせが最適です。

「ドバイ旅行」でおすすめのクレジットカード

ここからは、「ドバイ旅行」でおすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。

海外旅行保険が魅力の「エポスカード」

「エポスカード」最大の魅力は、年会費無料最短即日発行が可能という点になります。(マルイ店頭で受け取った場合に、即日発行できます)

「エポスカード」には海外旅行保険が付いていて、例えば旅行中にデジカメが壊れたり、スマホが盗難に遭った場合、20万円まで保証されます。(年会費無料で補償まで付いている、お得なカードです)

年会費 永年無料
還元率 0.5%
国際ブランド VISA
海外旅行保険 傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
携行品 20万円
「クレジットカード」を初めて作る方におすすめのカードです。

驚異の16%還元「Booking.comカード」

「Booking.comカード」最大の魅力は、指定条件をクリアした場合に最大16%の還元が受けられる点になります。

「Booking.comカード」を使って16%還元を受ける方法については、下記流れになります。

  1. 「Booking.comカード」に申し込む
  2. カード発行後、「Genius」への登録手続き
  3. 「Genius」登録後、「三井住友カードVpass」に登録
  4. 「Vpass」から「Booking.com」にログインし、ホテルを予約
通常の利用で1%、「Genius」登録後、「Vpass」経由でのホテル予約で15%が還元されます。(合計で16%OFF)
年会費 永年無料
還元率 1%(最大6%)
国際ブランド VISA
海外旅行保険 傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品 20万円

国内・海外のホテル予約サイト『Booking.com』で、16%還元を受ける方法を紹介!

2019年1月28日

還元率3倍の「アメックス スカイトラベラーカード」

「アメックス スカイトラベラーカード」最大の魅力は、対象の航空会社で航空券を購入した場合に、還元率が3倍になる点です。

貯まったポイントは「マイル」に交換することができ、「特別航空券」や「座席のアップグレード」などに使うことができます。

日本から「ドバイ」へ行く場合に利用する「エミレーツ航空」も還元率3倍の対象で、仮に往復の航空券が10万円の場合、3000ポイント貯めることができます。(100円=3ポイント)

ポイントからマイルに交換する際のレートは、「1000ポイント=1000マイル」で、「全日空(ANA)」をはじめとする15社の航空会社の中から交換先を選べます。

年会費 11,000円
還元率 1%(最大3%)
国際ブランド AMEX
海外旅行保険 傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品 30万円
「アメックス スカイトラベラーカード」には「乗継遅延」や「出航遅延」、「受託手荷物遅延」などの補償も付いています。(カード利用付帯)

「ドバイ旅行」クレジットカードの利用シーン

ここからは、「クレジットカード」の利用シーンについて解説していきます。

ショッピングセンターでの買い物

ドバイモール」や「モール オブ ジ エミレーツ」をはじめ、「ドバイ」には多くのショッピングセンターがあります。

これらのスポットでは「クレジットカード」が利用できますので、現金を持ち歩く必要もありません。

トランジットでも楽しめる「ドバイモール」

「ドバイ」のショッピングセンター場所については、下記を参考にしてください。

施設名 最寄駅
ドバイモール ダウンタウン
モール オブ ジ エミレーツ モールオブ ジ エミレーツ
スーク マディナジュメイラ
イブン バットゥータモール イブン バットゥータ
ビーチアットJBR DMCCメトロ
ドバイマリーナモール
ドバイ「ダウンタウン」の風景

【ドバイ観光】ダウンタウンの行き方、見どころについて解説!昼も夜も楽しめる「ドバイ」の人気スポット~

2020年1月6日

入場チケットの購入

ブルジュハリファ」や「ドバイフレーム」をはじめ、「ドバイ」には展望台ギャラリーなどを楽しめるスポットがあります。

これらの施設に入る際、入場料を支払うことになりますが、こういった場所でも「クレジットカード」が利用できます。

トランジットでも楽しめる「ブルジュハリファ」
「ブルジュハリファ」や「ドバイフレーム」などは、ネット経由で事前にチケット購入できます。
ドバイの超高層タワー「ブルジュハリファ」

「ドバイ」ブルジュハリファのチケット予約、展望台の料金、見どころについて解説!

2020年1月2日

「ドバイフレーム」の行き方やチケット予約、見どころ(展望台・夜景)について解説!トランジットで黄金の額縁を鑑賞~

2019年4月20日

レストランでの会計

「ドバイ空港」や「ドバイ市内」のレストランでは、「クレジットカード」が利用できます。

「ドバイ」の物価は東京よりも高く、レストランでの支払いも少し高額になります。(行くお店にもよりますが…)

ドバイ「ディラシティセンター」のフードコート
夜に現金を持ち歩くのが不安…という方には、「クレジットカード」の利用がおすすめです。
ドバイモールのカフェショップ

ドバイの通貨について解説!日本円とAEDの為替レート、紙幣&硬貨の種類などを紹介〜

2020年3月5日

ドバイ旅行のお役立ち情報

ここからは、「ドバイ」に関するお役立ち情報を紹介していきます。

ドバイで使える通貨は?

「ドバイ」で使える通貨は「ディルハム(AED)」になります。

アフリカの方にも「ディルハム」という通貨がありますが、それとは全く別物になります。(例えばモロッコなど)

1AED=約30円」で、空港や「ドバイ」市内の両替所、ショッピングモールなどで外貨両替できます。

「ドバイ旅行」おすすめの日数

「ドバイ」の市内観光がメインでしたら、「3日」あれば大体のスポットを観光できます。(日本からの移動も含めて5日必要)

一ヶ所の滞在時間を長めに取ったり、「ドバイ」から「アブダビ」への日帰り観光をされる場合は、もう1日(4日)あった方が安心です。(日本からの移動も含めて6日必要)

海水浴が楽しめる、ドバイマリーナの「ザビーチ」

下記の記事では、「3日」でまわれる「ドバイ」のモデルコース」について解説しています。

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

ドバイ旅行の持ち物

「ドバイ旅行」の持ち物ですが、必ず必要なものと、あった方が良いものを紹介していきます。

必ず必要なもの パスポート
お金、クレジットカード
変圧器とプラグ
あった方がいいもの サングラス
ウェットティッシュ
日焼け止め
モバイルバッテリー
砂漠へ行くなら必要 酔い止め
サンダル
これから「ドバイ」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

『ドバイ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!

2019年2月24日

ドバイ市内の移動に便利な「メトロ」

「ドバイ」市内の移動手段としては「メトロ」「タクシー」「バス」などがありますが、個人的には安くて便利な「メトロ」での移動をおすすめします。

「ドバイ」には「レッドライン」と「グリーンライン」の2路線があり、「ドバイ空港」にも直結しているため、とても便利です。

ドバイ空港直結の「レッドライン」

「レッドライン」を使って、下記スポットへアクセスできます。

駅名 観光スポット
Airport Terminal1 ターミナル1
Airport Terminal3 ターミナル3
Al Jafiliya ドバイフレーム
Burj Khalifa/Dubai Mall ドバイモール
ブルジュハリファ
Damac Properties カヤンタワー
Dmcc Metro ザビーチ
Ibn Battuta 世界一美しいスタバ
ドバイフレームの2階にある「ギャラリー」

「ドバイ メトロ」レッドラインでアクセスできる、おすすめスポットを紹介!「ドバイ空港」直通の便利な路線~

2020年1月12日

3大スークへ行くなら「グリーンライン」

「グリーンライン」を使って、下記スポットへアクセスできます。

駅名 観光スポット
Al Ras ゴールドスーク
スパイススーク
Al Fahidi オールドスーク
バスタキヤ地区
ドバイ博物館
「レッドライン」から「グリーンライン」へ乗り換える場合、「ユニオン駅」または「バールジュマン駅」を利用します。
ウォールアートで有名な、ドバイの「カラマ地区」

「ドバイ メトロ」グリーンラインでアクセスできる、おすすめスポットを紹介!中東の雰囲気たっぷりの旧市街エリア~

2020年1月18日

「ドバイ旅行」クレジットカードまとめ

「ドバイ」では多くの場所で「クレジットカード」が使えますが、小さなお店や「タクシー」では現金のみ、というケースもあります…

メインの支払いには「クレジットカード」を利用し、現金は少額持ち歩くのがおすすめです。

ペルシャ湾から見た「ブルジュアルアラブ」の景色

短時間でも楽しめるドバイの観光スポットを紹介!乗り継ぎ(トランジット)での利用に最適~

2019年2月23日







注目の記事