「ドバイ旅行」一人旅におすすめの観光スポット、食事、ホテルを紹介!一人参加OKの現地ツアーも多数あり~

ドバイ「シティウォーク」の風景

世界一プロジェクトの開発が進む「ドバイ」は、世界からも注目を集める観光都市。

2020年は「ドバイクリークハーバー(世界一のタワー)」や「ドバイアイ(世界一大きな観覧車)」といった新名所のオープンを控え、熱気も高まっています。

コチラの記事では、「ドバイ一人旅」について解説しています。

主要の観光スポットはもちろん、「デザートサファリ」や「遊覧船」など、「ドバイ」には一人でも楽しめるスポットが沢山あります。「ドバイ一人旅」に役立つ情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

「ドバイ一人旅」おすすめの観光スポット

ここからは、「ドバイ一人旅」でおすすめの観光スポットを紹介していきます。

中東の雰囲気あふれる「オールドドバイ」

「ドバイ」の「ディラ地区」や「バールドバイ地区」は旧市街が広がるエリアで、昔の「ドバイ」を肌で感じることができます。

中東の雰囲気を感じられる「3つの市場」や、アラブの伝統的な建物がキレイに残る「バスタキヤ地区」などが「オールドドバイ」の見どころになります。(3つの市場:スパイススーク、ゴールドスーク、オールドスーク)

ドバイ旧市街「バスタキヤ地区」の街並み風景1

「オールドドバイ」を効率よくまわるなら、現地ツアーの利用がおすすめです。(日本語での説明付き)

ゴールドスーク」にある世界一大きな指輪は、一見の価値があります。

「オールドドバイ」について詳しく知るなら、下記の記事が参考になります。

【ドバイ観光】オールドドバイ(旧市街)の行き方、見どころについて解説!異国情緒あふれる人気スポット~

2019年4月30日

地上からの高さ150mの「ドバイフレーム」

「ドバイ」には「ドバイフレーム」と呼ばれるフレーム型の建物があり、2018年のオープン以来注目を集めています。

圧倒される「フレームの外観」、建物2階の「ギャラリー」、そして新旧ドバイの景色を楽しめる「展望台」など、見どころが豊富にあります。

「ドバイフレーム」の外観

「ドバイフレーム」のアクセス方法ですが、メトロを利用して行くことができます。(最寄駅「アルジャフィリヤ」から徒歩で約20分)

「ドバイフレーム」の入場料は52.50AEDになります。

下記の記事では、「ドバイフレーム」の見どころについて解説しています。

「ドバイフレーム」の行き方やチケット予約、見どころ(展望台・夜景)について解説!トランジットで黄金の額縁を鑑賞~

2019年4月20日

ドバイ日帰り観光なら「デザートサファリ」

「ドバイ」では様々なアクティビティを楽しめますが、砂漠で貴重な体験ができる「デザートサファリ」は必見です。

砂漠の中を4WDで走る「砂漠ドライブ」や「ラクダ乗り体験」、砂漠で味わう「バーベキュー」や「ベリーダンスショー」など、見どころ満載です。

ドバイのデザートサファリで楽しめる「ラクダ乗り体験」

砂漠エリアは市内中心地から離れた場所にあるため、現地ツアーの利用がおすすめです。

個人ではアクセスしにくい「砂漠地帯」ですが、現地ツアーを利用することでスムーズに観光できます。(ツアーは1人参加OKです)
「ドバイ」砂漠の風景

【ドバイ観光】デザートサファリ(砂漠ツアー)の見どころ、注意点について徹底解説!

2019年2月21日

「ドバイ一人旅」おすすめのホテル

「ドバイ」には1泊1万円以下の安いホテルから、7つ星といわれる高級ホテルまで、様々なタイプの宿泊施設があります。

1泊1万円以下の安いホテル

安いホテル」をお探しの方には「ディラ地区」がおすすめで、「ロイヤル コンチネンタル ホテル」や「イビス デイラ シティ センター」など、1泊1万円以下で泊まれるホテルが多数あります。

ディラ地区」は「ドバイ空港」周辺のエリアで、空港からの移動に便利です。

利便性が良いホテル

利便性が良いホテル」をお探しの方には「ダウンタウン」での宿泊がおすすめで、「ローブ ダウンタウン」や「パレス ダウンタウン」などは観光客に人気があります。

ダウンタウン」は「ドバイ」の中心地で、他のエリアにもアクセスしやすい特徴があります。
ドバイ「ダウンタウン」の風景

【ドバイ観光】ダウンタウンの行き方、見どころについて解説!昼も夜も楽しめる「ドバイ」の人気スポット~

2020年1月6日

ドバイの高級リゾートホテル

「ドバイ」らしい高級感のあるホテルをお探しの方には、「パームジュメイラ」や「ブルジュ アル アラブ」がおすすめです。

高級感のあるホテルで、王様気分を味わうことができます。
「ドバイ」マディナジュメイラ

「ドバイ観光」マディナジュメイラの行き方、見どころについて解説!アラブの雰囲気たっぷりの高級リゾート~

2020年1月1日

「ドバイ一人旅」おすすめの食事スポット

一人旅行の場合、夜の食事で困るケースがあるかと思います。(朝食やランチでしたら、一人でのレストラン利用もしやすいですが、夜は気まずい雰囲気があります…)

そんな時におすすめなのが、ショッピングモールの「フードコート」です。

「フードコート」でしたら、ファーストフード、和食、洋食、ラーメン、ケバブなど、様々な種類の料理が選べて、飽きることがありません。

「ドバイモール」のフードコート

「ドバイモール」のフードコートは、LG階にあります。

巨大ショッピングモールの「フードコート」だけあって、沢山のお店が並んでいます。

「ディラシティセンター」のフードコート

「ディラシティセンター」のフードコートは、2階にあります。

「フードコート」でしたら、一人でも気軽に利用できます。(夜も安心です)

「ドバイ空港」から市内への移動には「メトロ」が便利

「ドバイ空港」から市内への移動には「メトロ」の利用がおすすめです。

「ドバイ」のメトロは空港に直結していて、中心地「ダウンタウン」まで約25分でアクセスできます。

「ドバイ メトロ」には「レッドライン」と「グリーンライン」の2路線があります。

それぞれの違いについては、下記を参考にしてください。

「レッドライン」を使って、ドバイ新市街へアクセス

「レッドライン」は空港直結の路線で、下記スポットへアクセスすることができます。

観光スポット 移動時間
(空港から最寄駅まで)
ドバイフレーム 18分
ブルジュハリファ 25分
ドバイモール
カヤンタワー 47分
マリーナウォーク 50分
ザビーチ
世界一美しい
「スタバ」
54分
1日で複数回「メトロ」を利用される場合、1日券の購入がおすすめです。
ドバイフレームの2階にある「ギャラリー」

「ドバイ メトロ」レッドラインでアクセスできる、おすすめスポットを紹介!「ドバイ空港」直通の便利な路線~

2020年1月12日

「グリーンライン」を使って、ドバイ旧市街へアクセス

「グリーンライン」は旧市街方面をまわる路線で、下記スポットへアクセスできます。

観光スポット 移動時間
(空港から最寄駅まで)
スパイススーク 30分
ゴールドスーク
ドバイ博物館 23分
バスタキヤ地区
オールドスーク
「レッドライン」から「グリーンライン」へ乗り換える場合、「ユニオン駅」や「バールジュマン駅」を利用します。
ウォールアートで有名な、ドバイの「カラマ地区」

「ドバイ メトロ」グリーンラインでアクセスできる、おすすめスポットを紹介!中東の雰囲気たっぷりの旧市街エリア~

2020年1月18日

「ドバイ」のお役立ち情報

ここから、「ドバイ旅行」のお役立ち情報を紹介していきます。

「ドバイ旅行」の日数について

「ドバイ旅行」に必要な日数ですが、主要スポットを一通りまわるなら、最低でも「3日」必要となります。(日本からの移動を含めると「5日」必要です)

例えば「ドバイ」で3日あれば、下記スポットを観光することができます。(個人差があるため、参考程度にみていただけると幸いです)

  • オールドドバイ(3大スーク、ドバイの伝統的建築)
  • ダウンタウン(ブルジュハリファ、噴水ショー)
  • ドバイ ミラクルガーデン(花のアート)
  • ドバイマリーナ(高層ビル、ビーチ)
  • マディナ ジュメイラ(高級リゾート、スーク)
  • デザートサファリ(砂漠体験)
4日あれば、「ドバイ」から「アブダビ」への日帰り旅行も楽しめます。(日本からの移動を含めると「6日」必要です)

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

ドバイの通貨

「ドバイ」で使える通貨は「ディルハム(AED)」です。

1AED=約30円」で、「ドバイ空港」や「ショッピングモール」、市内の両替所などで外貨両替できます。

「ドバイ」ではクレジットカードの利用が便利です。ショッピングモールやレストラン、観光施設の入場チケットなど、様々な場面でクレジットカードが利用できます。
「クレジットカード」が使えないタクシーがあるため、タクシーを利用する場合は現金を所持しておきましょう。
ドバイモールの「カフェ」

「ドバイ旅行」でおすすめのクレジットカードを紹介!様々なシーンで利用できるお得なカード~

2020年1月23日

ドバイ旅行の持ち物(必需品)

ここからは、「ドバイ旅行」の必需品を紹介していきます。

  • サングラス(日本よりも日差しが強めです)
  • ウェットティッシュ(ドバイは暑くて砂っぽいです)
  • サンダル(砂漠へ行くなら必須)
  • 酔い止め(砂漠ツアーや遊覧船に乗るなら必須)
  • クレジットカード(買い物や食事の支払いに便利)
  • 変圧器とプラグ(BF)
  • モバイルバッテリー(いつでも充電できるように)
「デザートサファリ(砂漠ツアー)」や「遊覧船ツアー」へ参加される場合、酔い止めを飲まれることをおすすめします。砂漠ドライブや遊覧船は、想像以上に揺れますので…。

『ドバイ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!

2019年2月24日

ドバイの治安

「ドバイ」は外国人労働者が多い都市ですが、治安の方は安定しています。

外務省の海外安全ホームページ」や「在ドバイ日本国総領事館」の最新情報を確認してみましたが、危険情報などは特にありませんでした。

公共交通機関(メトロ、バス)、混雑する場所でのスリには注意しましょう。
ドバイの新名所「コカコーラ アリーナ」

【2020年度版】ドバイの治安情報を紹介!気をつけること、注意点について解説~

2019年6月18日

「ドバイ一人旅」まとめ

ブルジュハリファ」や「ドバイモール」をはじめ、「ドバイ」には見応えのあるスポットが多く、一人旅でも十分に楽しめます。

「ドバイ」は公共交通機関が発達しています。「ドバイ空港」からメトロを使って、「ドバイモール」や「ドバイフレーム」、「ドバイマリーナ」などへ簡単にアクセスできます。(とても便利です)

飛行機の乗り継ぎ時間を利用して、短時間での「ドバイ観光」も可能です。(待ち時間が5時間あれば、複数のスポットをまわれます)
「ドバイ」ジュメイラビーチの夕日

ドバイでおすすめの「オプショナルツアー」を紹介!ドバイの観光エリアについても解説~

2020年4月12日







注目の記事