『エミレーツ航空』エコノミークラスの事前座席指定について解説!4つの座席タイプや有料の場合の料金も紹介

「エミレーツ航空」エコノミークラス

航空券を予約する際、座席指定が事前にできるのかどうか?気になりますよね。

今回は、『エミレーツ航空』の事前座席指定について解説していきます。

こちらの記事では「座席タイプの特徴」や「運賃による事前座席指定の違い」をメインに紹介しています。

『エミレーツ航空』のエコノミークラスを利用される方が対象です。

「エミレーツ航空」の事前座席指定

『エミレーツ航空』の座席指定ですが、公式サイトから事前に行うことができます。

航空券を予約した後、『エミレーツ航空』の予約管理画面からフライトごとに座席指定が可能です。

下記画像で「青色」の箇所が空席となっていますで、希望の座席をクリックして座席を確保します。

事前座席指定の具体的なやり方については、下記の記事が参考になります。

「エミレーツ航空」ビジネスクラスラウンジ

【エミレーツ航空】航空券の予約方法や事前の座席指定のやり方について解説!獲得マイルの確認方法も紹介

2019年2月16日

航空券の運賃によって事前座席指定が有料に!?

『エミレーツ航空』の事前座席指定ですが、航空券の運賃によって一部有料となります。

例えば、エコノミークラスの「Special運賃」「Saver運賃」で航空券を予約した場合、事前の座席指定が有料となります。

エコノミークラスの「Flex運賃」で航空券を予約した場合は「レギュラーシート」の事前座席指定は無料ですが、「プリファードシート」「ツインシート」「エクストラレッグシート」の座席指定が有料です。

エコノミークラスの「Flex Plus運賃」の場合、「レギュラーシート」「プリファードシート(A380型機2階席を除く)」の座席指定は無料ですが、「ツインシート」「エクストラレッグシート」の座席指定が有料となります。

運賃 事前座席指定
Special 有料
Saver 有料
Flex レギュラーシートのみ無料
Flex Plus 一部無料
フライトの48時間前から、オンラインチェックインにて無料の座席指定ができます。

下記の記事で「エコノミークラス」の運賃タイプによるサービス内容の違いについて解説しています。

エミレーツ航空「ビジネスクラス」の客室

『エミレーツ航空』運賃タイプによる特典サービスの違いについて解説!SaverとFlex運賃で何が違うのか!?

2019年2月20日

座席タイプについて

『エミレーツ航空』の座席タイプですが、「レギュラーシート」「プリファードシート」「ツインシート」「エクストラレッグシート」の4つがあります。希望の座席を事前購入することもできます。

座席タイプの特徴については、下記の解説を参考にしてください。

レギュラーシート

「レギュラーシート」は、『エミレーツ航空』の通常座席になります。

「エミレーツ航空」エコノミークラス

下記画像の赤枠箇所が「レギュラーシート」になります。

「レギュラーシート」を利用するなら、人目を気にせず座席を倒せる最後列がおすすめです。

プリファードシート

「プリファードシート」は機内の前方座席になりますので、目的地に到着してからすぐに飛行機を降りることができます。

下記画像の赤枠箇所が「プリファードシート」になります。

乗り継ぎ時間が気になる方は、プリファードシートの利用がおすすめです。

ツインシート

「ツインシート」は窓側と通路側のみの2列シートになります。

下記画像の赤枠箇所が「ツインシート」になります。

カップルや友達同士、友人や家族とのフライトにオススメの座席です。

エクストラレッグシート

「エクストラレッグシート」は、足元スペースが広い前列座席になります。

下記画像の赤枠箇所が「エクストラレッグシート」になります。

長時間のフライトを快適に過ごしたい方は、「エクストラレッグシート」の利用がオススメです。
「エミレーツ航空」ビジネスクラス - ボーイング200

【エミレーツ航空】機内WiFiについて解説!無料で無制限に利用できる条件を紹介~

2019年7月6日

事前座席指定の料金

事前座席指定の料金ですが、下記の表を参考にしてください。

座席タイプ 料金(円建て)
レギュラー 1,500~3,600
プリファード 3,000~9,100
ツイン 3,600~15,500
エクストラレッグ 6,000~23,200
事前座席指定の料金については、「時期」「目的地」「路線」によって金額が異なります。

エミレーツ・スカイワーズ会員特典

「エミレーツ・スカイワーズ会員」で「シルバー」以上の場合、航空券の運賃に関係なく事前座席指定が一部無料になります。

例えば「シルバー会員」であれば「レギュラーシート」の座席指定が無料となり、「ゴールド会員」であれば「レギュラーシート」と「プリファードシート」の座席指定が無料となります。

会員ランク R P T E
ブルー会員
シルバー会員
ゴールド会員
プラチナ会員

※R=レギュラーシート、P=プリファードシート、T=ツインシート、E=エクストラレッグシート、無=無料、有=有料

「エミレーツ スカイワーズ会員」の特典サービスについては、下記の記事が参考になります。

「エミレーツ航空」ビジネスクラス ラウンジ B

エミレーツ航空「シルバー会員」の特典メリットや資格条件、ティアマイルやスカイワーズマイルを貯める方法について解説!

2019年1月28日

「ドバイ」おすすめの観光スポット

超高層タワー「ブルジュハリファ」や、黄金の額縁「ドバイフレーム」など、「ドバイ」には魅力的なスポットがたくさんあります。

ここからは、「ドバイ」でおすすめのスポットを3つ紹介していきます。

飛行機の乗り継ぎで「ドバイ空港」を利用される場合、フライトの待ち時間が5時間程度あれば、短時間での「ドバイ」観光も可能です。

高さ828mの超高層タワー「ブルジュハリファ」

「ブルジュハリファ」は「ドバイ」の人気スポットで、市内中心部のダウンタウンにある観光名所です。

地上からの高さ828mの超高層タワーで、外観はとてもインパクトがあります。

建物内部にも入場可能で、124~125階の展望台から「ドバイ」の街並みを見下ろすことができます。

ドバイのランドマーク「ブルジュハリファ」

「ブルジュハリファ」の展望台は観光客に人気で、とても混雑します。スムーズに入場するなら、チケットの事前予約がおすすめです。

高さ250mの巨大観覧車「ドバイアイ」

ドバイアイ」は「ドバイ」のニュースポットで、高さ250mの観覧車になります。(世界一の高さを誇る観覧車)

2021年10月21日にオープンし、「ドバイ」を訪れる観光客から注目を集めています。

観覧車の内部にも入場可能で、海沿いのキレイな景色を存分に楽しめます。

高さ250mの観覧車「ドバイアイ」

異国情緒を感じられる「ドバイ旧市街」

ドバイ旧市街」は、ドバイクリーク沿いにある観光名所です。

中東の雰囲気を存分に味わえるスポットで、金の専門店が軒を連ねる「ゴールドスーク」や、香りの良い香辛料が並ぶ「スパイススーク」など、見どころがたくさんあります。

アラブの伝統的な建築や装飾などが見られる「バスタキヤ地区」も見逃せません。

ドバイ旧市街にある「バスタキヤ地区」

「ドバイ」現地ツアー情報

「ドバイ」は、近年急速に発展している注目の都市です。

「ブルジュハリファ」や「ドバイフレーム」などの展望台や、砂漠体験、海沿いのクルーズなど、多くの見どころがあります。

「ドバイ」滞在中に多くのスポットを観光するなら、現地ツアーの利用がおすすめです。

「Get Your Guide」ドバイの現地ツアーが豊富

「Get Your Guide」はドイツの企業が運営する現地ツアーの専用サイトで、「ドバイ」の観光プランが充実しています。

「ドバイ」には多くのアクティビティがありますが、下記ツアーなどが観光客に人気です。

  • ドバイの砂漠体験「デザートサファリツアー
  • 高層階からドバイ鑑賞「ブルジュハリファ」展望台
  • 海からドバイを見渡せる「ボートツアー」
人気施設のチケット予約や、高級ホテルのレストラン予約も手配できます。

「ベルトラ」ドバイの日本語サポートに対応

「ドバイ」で日本語ツアーを希望するなら、「ベルトラ」の利用がおすすめです。

「ベルトラ」は日本の上場企業が運営するツアーサイトで、日本語での予約やサポートを受けられます。

日本語のドバイ観光プランは少ないものの、人気スポットが一通り揃っているため、安心して「ドバイ旅行」を楽しめます。

「エミレーツ航空」事前座席指定のまとめ

『エミレーツ航空』エコノミークラスの事前座席指定について解説しましたが、良い座席ほどすぐに埋まってしまいます…(旅行シーズンは特に)

希望の座席を抑えるなら「Flex運賃」以上の航空券を予約、もしくは航空券は「Special運賃」「Saver運賃」で予約して、座席指定は別途購入するという形も可能です。

『エミレーツ航空』を利用される際、事前座席指定でお悩みの場合はコチラの記事を参考にしてみてください。

「エミレーツ・スカイワーズ」シルバー会員以上は、運賃に関係なく事前座席指定が一部無料です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。