「ギリシャ旅行」で必要な持ち物を紹介!「アテネ」や「サントリーニ島」観光の必需品&あった方がいいもの

ギリシャ「パロス島」の街並み

EU加盟国の「ギリシャ」には、現在18件の世界遺産があります。(2022年3月時点)

アテネにある「アクロポリス」や、奇岩の景色が魅力の「メテオラ」が特に人気で、世界中の旅行者から注目を集めています。

こちらの記事では、「ギリシャ旅行」の持ち物について解説しています。

これから「ギリシャ」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

「パスポート」や「現地通貨」、「電源プラグ」や「クレジットカード」など、必需品やあると便利なものを紹介しています。

「ギリシャ旅行」必要な持ち物

ここからは、「ギリシャ」旅行で必要な持ち物を7つ紹介していきます。

パスポート

「ギリシャ」に限らず、日本から海外へ行く場合に「パスポート」が必要となります。

「ギリシャ」はシェンゲン協定加盟国で、90日以内の滞在であれば「ビザ不要」となります。(シェンゲン加盟国での合計滞在日数で90日以内)

「パスポート」の残存有効期間は3ヶ月以上で、空白の査証欄が2ページ以上ある事が必要です。

「ギリシャ」入国スタンプ
「ギリシャ」へ行く前に、「パスポート」を確認しておきましょう。

「ギリシャ」の通貨

「ギリシャ」で使われる通貨は「ユーロ」で、1ユーロ=125.59円になります。(2022年3月7日時点)

紙幣の種類は複数ありますが、観光で使いやすいのが「5ユーロ」、「10ユーロ」、「20ユーロ」になります。

高額紙幣は利用しにくいため、あまりおすすめできません…

ギリシャでは「クレジットカード」の利用がおすすめ

「ギリシャ」は「すり」の多い国で、現金や貴重品などが盗まれる可能性があります。

現地では「クレジットカード」を使えるところが沢山あるため、カードをメインに利用するのがおすすめです。(少ない額の現金を持ち歩く形)

「ギリシャ」で持ち歩くなら海外旅行保険付きの「エポスカード」がおすすめで、年会費無料で発行できます。(最短即日発行できます)

「エポスカード」には「傷害治療費用」や「携行品損害」などの補償が付いているため、万が一の備えにもなります。(安心して海外旅行が楽しめます)

ネット経由で申し込むと、2,000円分のポイントが付与されてお得です!

「ギリシャ観光」に便利なポケットWiFi

「ギリシャ」は見どころの多い国で、観光しながらネットで情報を見る機会も多くなります。

快適にネット利用を楽しむなら、通信品質に定評のある「グローバルWiFi」がおすすめです。

「グローバルWiFi」は200以上の国と地域に対応する通信サービスで、海外WiFiレンタルの実績も豊富にあります。

また、「トランジットオプション」も「グローバルWiFi」の特徴の一つで、乗り継ぎ先の「空港」でもネット環境が利用できます。

「トランジットオプション」を利用することで、飛行機の待ち時間を快適に過ごせます。

ギリシャ旅行の必需品「サングラス」「日焼け止め」

「ギリシャ」は日差しの強い国で、「サングラス」や「日焼け止め」などが必要です。

また、夏のシーズンに「サントリーニ島」や「メテオラ」に行く場合、暑さ対策も必要になります。

ギリシャ「パロス島」の街並み

モバイルバッテリー

「ギリシャ」には観光名所が沢山あり、「写真」や「動画」を撮る機会も自然と多くなります。

複数回の充電ができる「モバイルバッテリー」があると、観光に便利です。

持ち運びしやすい、コンパクトサイズの「バッテリー」がおすすめです。

ギリシャの電圧・電源プラグ

日本と「ギリシャ」では、電圧やプラグが異なります。

そのため日本の家電製品を「ギリシャ」で使う場合、「変圧器」と「プラグ」が必要になります。

日本 ギリシャ
電圧 100V 220V
周波数 50/60Hz 50Hz
プラグ A C



「ギリシャ旅行」あると便利なもの

ここからは「ギリシャ旅行」へ行く際、あると便利なものを4つ紹介していきます。

プライオリティパス

「ギリシャ」はヨーロッパにある国で、日本から長距離での移動が必要になります。

現状、日本からの直行便がないため、「欧州」や「中東」を経由する形になり、飛行機の待ち時間が発生します。(複数回)

飛行機の待ち時間を快適に過ごすなら、「プライオリティパス」の利用がおすすめです。

「プライオリティパス」世界1300ヶ所の空港ラウンジが利用できるサービスで、「軽食」や「ドリンク」を楽しみながらフライトまでの時間を過ごせます。

世界148ヶ国、600以上の都市で「空港ラウンジ」が利用できます。

お得に「プライオリティパス」会員になる方法

「プライオリティパス」会員になるには、直接公式サイトから入会するか、「クレジットカード」経由で入会するパターンがあります。

ちなみに直接公式サイトから入会する場合、年会費+1回のラウンジ利用で年間約15,000円かかります。

ちなみに「楽天プレミアムカード」経由で入会する場合、無料で「プライオリティパス」が発行できますし、ラウンジ利用ごとの費用も不要となるため、年間約11,000円に抑えられます。(楽天プレミアムカードの年会費のみ掛かる形)

「楽天プレミアムカード」経由で「プライオリティパス」会員になる場合、高ランクの「プレステージ」と同じサービスが受けられます。

衣類の圧縮袋

海外旅行の場合は「スーツケース」の荷物も多くなり、衣服などはかさばりやすくなります。

そんな時に便利なのが「圧縮袋」で、上手く活用することで荷物スペースにも余裕が出てきます。

下着や寝間着などは、常に圧縮袋で「コンパクト」に持ち運びができます。

「ギリシャ」のガイドブック

「ギリシャ」には世界遺産や古代遺跡など、様々な見どころがあります。

名称など覚え難いものが沢山あるため、「ガイドブック」が手元にあると観光しやすくなります。

「地球の歩き方」や「るるぶ」などが見やすく、おすすめです。

ウェットティッシュ

「ギリシャ」では、「パン」や「ケバブ」を食べる機会が多くなります。

「口元」や「手」などが少し気になるケースもあるため、「ウェットティッシュ」があると便利です。

ギリシャ「アテネ」のケバブショップ

日本から「ギリシャ」への行き方

日本から「ギリシャ」への行き方ですが、現状直行便がないため、欧州(ドイツ、トルコなど)や中東(ドバイ、カタールなど)を経由して、アクセスする流れになります。

日本から「アテネ」への移動時間ですが、約16時間となります。(トルコを経由)

航空券の料金目安は約12万円で、1月、11月頃が安い傾向にあります。

観光しやすい4月、7月~9月頃は、航空券も高騰しやすい時期になります。

「ギリシャ」行きの格安航空券をチェックするなら、「スカイスキャナー」の一括検索がとても便利。簡単操作で、お得な航空券がすぐに見つかります。

「ギリシャ」の治安情報

「ギリシャ」の治安は年々悪化しており、「すり」や「置き引き」による被害が増えています。

2019年には120件の被害が発生し、約8割は「すり」による犯行となっています。(在ギリシャ日本国大使館の公開情報)

犯行が起こりやすい場所としては、地下鉄駅や電車内、人気の観光スポット、「レストラン」や「バー」などがあります。

土地勘の無い観光客は狙われやすいため、万全の対策が必要となります。

下記の記事では、ギリシャの首都「アテネ」の治安情報について紹介しています。

ギリシャ「アテネ」の風景

「ギリシャ」アテネの治安について解説!実際に「アテネ」に行ってみて感じた点を紹介

2019年6月16日

すぐにできる「すり」対策とは

「ギリシャ」は「すり」の多い国で、日本と同じような感覚で過ごすと悲惨な目に遭います…

例えば、日本では後ろポケットに「財布」や「スマホ」を入れていても盗まれる可能性は低いですが、「ギリシャ」では一瞬で盗まれてしまいます。

そのため、「ギリシャ」では万全の対策が必要となります。

すぐにできる「すり」対策には、下記などがあります。

  • ポケットに「財布」や「スマホ」を入れない
  • バッグは体の前に持つ
  • 現金を持ち歩かない(クレジットカードを利用する)
  • 高価な時計やアクセサリーを身に着けない
  • 派手な格好は避ける(目立たない工夫が必要)
「すり」の多い「ギリシャ」では、隙を見せない工夫が必要となります。


「ギリシャ」おすすめの観光スポット

「ギリシャ」には様々な見どころがありますが、下記5つの観光名所が特に人気です。

  1. 人気の観光名所「アクロポリス」
  2. 奇岩の景色が魅力「メテオラ
  3. アポロン聖域「デルフィ」
  4. 中世の雰囲気が残る「テッサロニキ」
  5. エーゲ海の人気スポット「サントリーニ島」
①〜④は「ギリシャ」でも人気の世界遺産になります。

世界遺産「アクロポリス」

「アクロポリス」は「アテネ」の中心部にあるスポットで、人気の観光名所になります。

ギリシア建築の最高峰といわれる「パルテノン神殿」や、アテネフェスティバルの会場となる「ヘロド アッティコス音楽堂」をはじめ、多くの見どころがあります。

「アクロポリス」は丘の上にある聖域で、市内の様々なスポットから神殿の風景を楽しめます。(リカヴィトスの丘や、モナスティラキ広場がおすすめのビュースポット)

アテネにある劇場「ヘロド アッティコス音楽堂」

下記の記事では、「アテネ」でおすすめのホテル地区を紹介しています。

アテネ「アクロポリス」の風景

ギリシャ「アテネ」で宿泊するならどの地区がおすすめ?人気のホテルエリアを詳しく紹介

2022年2月15日

奇岩の景色が魅力「メテオラ」

「メテオラ」はギリシャの山方面にあるスポットで、「奇岩の景色」や「修道院」の見学など、様々な見どころがあります。

アテネから電車でアクセス可能で、約4時間で最寄り駅の「カランバカ」まで移動できます。

下記の写真は「メガロ メテオロン修道院」で、「メテオラ」最大規模となります。

メテオラ最大規模「メガロ メテオロン修道院」

「アテネ」から「メテオラ」への行き方については、下記の記事が参考になります。

ギリシャ「アテネ」から「メテオラ」への行き方について解説!電車での移動時間や乗り方を紹介

2019年1月27日

エーゲ海の人気スポット「サントリーニ島」

「サントリーニ島」はエーゲ海にある小さな島で、白壁の美しい街並みが魅力の人気スポット。

「アテネ」から飛行機で約45~55分、フェリーで約5~6時間でアクセスできます。

サンセットの名所「イア」や「フィロステファニ」の街並みがとても美しく、見るものを魅力します。

サントリーニ島「イア」の風景

下記の記事では、「サントリーニ島」のモデルコースを紹介しています。

サントリーニ島の観光名所「古代ティラ」

ギリシャ「サントリーニ島」の観光日数について解説!モデルコースや魅力的なスポットを紹介

2022年2月18日

「ギリシャ」現地ツアー情報

「ギリシャ」には世界遺産や古代遺跡、そしてエーゲ海の島巡りなど、多くの見どころがあります。

限られた時間で、より多くのスポットを観光するなら、現地ツアーの利用がおすすめです。

「ギリシャ」の観光プランが充実

「ギリシャ」の現地ツアーなら、観光プランが充実している「Get Your Guide」がおすすめです。

「アクロポリス」の説明を聞きながら観光できるガイドツアーや、複数のスポットに入場できるチケットの手配、そして「メテオラ」や「デルフィ」などの世界遺産をまわれるプランなど、様々な種類があります。

3〜5時間程度で参加できるプランもあり、現地での空き時間を有効活用できます。

「ギリシャ」のプライベートツアー

団体ツアーが苦手…という方には、「ロコタビ」の利用が便利です。

「ロコタビ」は海外在住の日本人に個別相談できるサービスです。現在「ギリシャ」では44人の登録があり、サイトを通して気になる人へ連絡することができます。

「ギリシャ」の観光情報を聞いたり、現地の観光案内や「ギリシア語」の通訳、「レストラン」の予約代行など、様々な依頼に対応しています。

「ロコタビ」は個人対個人のやり取りになるため、相談相手によって金額が異なります。

「ギリシャ旅行」必要な持ち物まとめ

「ギリシャ」はヨーロッパの中では治安が良い方ですが、「すり」には注意が必要です。

多額の現金を持ち歩くのは危険ですので、「クレジットカード」をメインに利用するのがおすすめです。

下記の記事では、「アテネ空港」から市内への行き方を紹介しています。

ギリシャ「アテネ」にある「モナスティラキ広場」の風景

ギリシャ「アテネ空港」から市内への行き方を紹介!空港シャトルバスで「シンタグマ広場」へアクセス

2019年1月29日