「フランス」リヨン旧市街の街並みを紹介!リヨン歴史地区の観光名所&夜景スポット

リヨン「ソーヌ川」の風景

「リヨン」はフランス第3の観光都市で、美食と世界遺産の街として知られています。

「サンジャン大聖堂」や「フルヴィエール聖堂」などの世界遺産をはじめ、「ポール・ボキューズ市場」や「ベルナシオン」などが「リヨン」の人気スポットになります。

こちらの記事では「リヨン」の歴史を肌で感じられる、旧市街の街並みについて紹介しています。

これから「リヨン」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

「フルヴィエール大聖堂」や「リヨン裁判所」、旧市街のシンボル「サンジャン大聖堂」など、リヨン旧市街には見応えのある観光スポットが沢山あります。

「フランス」リヨン旧市街の見どころ

「リヨン旧市街」には多くの見どころがありますが、特におすすめなのが下記4つのスポットです。

  1. 丘の上にあるカテドラル「ノートルダム大聖堂」
  2. ギリシャ神殿を彷彿とさせる「リヨン裁判所」
  3. リヨン旧市街のシンボル「サンジャン大聖堂」
  4. 「リヨン」ソーヌ川の対岸からの絶景
旧市街では、「リヨン」の伝統料理(ブション)が味わえるお店が沢山あります。

「リヨン」観光を楽しむなら、「リヨン シティカード」の利用がおすすめです。市内の公共交通機関が無料で使えますし、23ヶ所の美術館&博物館にも無料で入場できます。

リヨンのランドマーク「ノートルダム大聖堂」

「リヨン」のランドマークとして有名なのが、「フルヴィエールの丘」にある「ノートルダム大聖堂」です。

この聖堂は19世紀後半に建てられたもので、聖堂の内部も鑑賞できます。(午前7時~午後19時まで)

リヨン旧市街「フルヴィエールの丘」にあるカテドラル

「フランス観光」リヨンで絶対行くべきスポット10選!美食と世界遺産の街を散策~

2019年12月13日

ギリシャ神殿を彷彿とさせる「リヨン裁判所」

「リヨン旧市街」で一際目を引く建築が「裁判所」で、間近で見るとギリシャ神殿のような円柱が連なっています。

「リヨン裁判所」は夜のライトアップも魅力的で、ソーヌ川の対岸からは下記のような風景を見ることができます。

「リヨン裁判所」は、日中も夜も楽しめるスポットです。

下記の記事では、「リヨン」でおすすめの夜景スポットを紹介しています。

【フランス】リヨンでおすすめの夜景スポットを紹介!見どころや、夜の治安についても解説~

2019年12月15日

「リヨン」ソーヌ川の対岸からの絶景

「リヨン旧市街」を観光する際、ソーヌ川の対岸からの景色も見逃せません。

ソーヌ川沿いでは「サンジャン大聖堂」と「ノートルダム大聖堂」が重なる位置が特におすすめで、下記のような景色を眺めることができます。

夕方ごろからライトアップされるため、「夕日」と「夜景観賞」を楽しめます。

下記の記事では、「リヨン」でおすすめのホテル地区を紹介しています。

フランス「リヨン」の街並み

【フランス】リヨンで宿泊するなら、このエリアがおすすめ!治安が安定している4つのホテルスポットを紹介~

2019年10月5日

リヨン旧市街のシンボル「サンジャン大聖堂」

階段を利用して旧市街から「フルヴィエールの丘」へ行く場合、途中で「サンジャン大聖堂」の美しい景色を眺めることができます。

「リヨン」サンジャン大聖堂の風景(階段からの眺め)
階段を利用しなければ、コチラの景色を見ることができません。


「フランス」リヨン旧市街の夜景(ライトアップ)

「リヨン旧市街」には多くの夜景スポットがあり、日中とは違った景色を眺めることができます。

「リヨン旧市街」で特におすすめの「夜景スポット」を、3つ紹介していきます。

ライトアップが美しい「ノートルダム大聖堂」

「ノートルダム大聖堂」は夜のライトアップも魅力的で、様々な場所から美しい景色を眺めることができます。

おすすめのビューポイントとしては、下記になります。

  • 「フルヴィエールの丘」へ上り、間近で大聖堂を鑑賞
  • 「サンジャン大聖堂」の前にある広場から眺める
  • ソーヌ川の対岸から「サンジャン大聖堂」と一緒に眺める
  • ソーヌ川の対岸から「裁判所」や「橋」と一緒に眺める
「ノートルダム大聖堂」の目の前に「ケーブルカー乗り場(駅)」があるため、夜でもスムーズに移動できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

リヨンの歴史を肌で感じられる「旧市街」

石畳の道と、歴史ある建築が軒を連ねる「リヨン旧市街」。

「旧市街」にはおしゃれなショップやレストランも数多く、地元住民や観光客で1日中賑わっている人気スポットです。

22時過ぎには「レストラン」も閉まり、閑散とした街並みを眺めることができます。

「ブション(リヨンの郷土料理が食べられるお店)」巡りも楽しめるエリアになります。

「フランス」リヨン市内の絶景(夜景)

「ノートルダム大聖堂」の裏側には、「リヨン」市内を一望できる「展望台」があります。

日中は赤い屋根の家並みが美しく、夜は「サンジャン大聖堂」や「ソーヌ川沿い」のキレイな景色を眺めることができます。

「フルヴィエールの丘」では「ノートルダム大聖堂」に注目しがちですが、「展望台」からの絶景も見応えがあります。


「フランス」リヨン旧市街の場所

「リヨン旧市街」は、ソーヌ川の西側に位置するスポット。

ルネッサンス様式の建物や、石畳の街並みが美しい人気の観光地です。

「リヨン」の郷土料理が味わえる「ブション」なども、旧市街に沢山あります。

ソーヌ川の対岸からは、「サンジャン大聖堂」「リヨン裁判所」「ノートルダム大聖堂」を眺めることができます。

「フランス」旅行に必要な持ち物

「パスポート」や「ポケットWiFi」をはじめ、「フランス」旅行に必要な持ち物は様々あります。

例えば、下記などは「フランス」旅行へ行く場合に必ず必要となります。

  • パスポート(入国カードはありません)
  • 現地の通貨(ユーロ)
  • クレジットカード
  • ポケットWiFi
  • サングラスや日焼け止め
「フランス」は「すり」の多い国です。現金よりも「クレジットカード」を利用するのがおすすめです。(現金を持ち歩く場合、複数の場所で持つようにしましょう)

下記の記事では、「フランス」旅行の必需品について解説しています。ぜひ参考にしてください。

「フランス」アヌシーの美しい湖

「フランス旅行」で必要な持ち物を紹介!フランス観光の必需品&あった方がいいものをピックアップ

2022年3月4日

フランス「リヨン観光」に必要な日数

「旧市街」や「ベルクール広場」などの「リヨン歴史地区」や、郷土料理が楽しめる「ブション」など、「リヨン」には多くの見どころがあります。

「リヨン観光」に必要な日数としては2日程度で、夜のライトアップ含めて、主要スポットを一通り観光できます。

「リヨン」はローヌアルプ地方の中心都市で、近郊エリアにも魅力的なスポットが多数あります。

「ペルージュ」や「アヌシー」などが特に人気で、近郊スポットも観光するなら、もう1~2日必要となります。

下記の記事では、「リヨン観光」のモデルコースについて解説しています。

フランス「リヨン旧市街」の街並み風景

フランス「リヨン」の観光日数について解説!モデルコースや街並みの風景を紹介

2022年6月5日

リヨン旧市街からフルヴィエールの丘への移動方法

「リヨン旧市街」から「フルヴィエールの丘」への行き方ですが、下記2つの移動手段があります。

  1. ケーブルカーでアクセス
  2. 階段でアクセス
階段からは「サンジャン大聖堂」の美しい景色を眺められますので、行きはケーブルカーを利用し、帰りは階段といった形がおすすめです。

「フルヴィエールの丘」の行き方を詳しく知るなら、下記の記事が参考になります。

リヨン「フルヴィエールの丘」のビュースポット

【リヨン】「フルヴィエールの丘」の行き方について解説!ローマ劇場やノートルダム大聖堂を鑑賞~

2019年10月1日

「ケーブルカー」でアクセス

「ケーブルカー」を利用して「フルヴィエールの丘」へアクセスする場合、旧市街の「ヴュー リヨン(Vieux Lyon)」から「ケーブルカー」に乗ります。

「ケーブルカー」には複数の路線がありますが、「フルヴィエール(Fourvière)」行きに乗ります。(移動時間は1~2分)

「ケーブルカー」のチケットは「メトロ」「トラム」「バス」でも使える共通チケットになりますので、1日乗車券や夕方券の購入がおすすめです。

チケットの買い方については、下記の記事が参考になります。

【リヨン交通チケット】バス、トラム、メトロ、ケーブルカーのチケットの買い方について解説!

2019年9月28日

階段でアクセス

旧市街から階段を利用して、「フルヴィエールの丘」へ行くことができます。

急な階段で長い距離を歩く形になるため、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

階段の場所は、下記の地図を参考にしてください。(下記画像の赤いラインの箇所です。)

青い丸のところに「サンジャン大聖堂」、緑色の丸のところに「ノートルダム大聖堂」があります。




「フランス」リヨン旧市街の治安について

「リヨン旧市街」は多くの観光客で賑わっていますので、治安も比較的安定しています。

ただ、人通りが少ない路地がありますので、こういった場所では注意が必要です。(旧市街は迷路のような造りになっています)

慣れている方でしたら特に問題ありませんが、初めて「リヨン」へ行かれる方は道に迷う可能性もあるため、人通りの多い路地を歩いた方が無難です。

「リヨン旧市街」夜の治安

夜の旧市街ですが、「レストラン」がある通りは賑わっていますので比較的安全です。

「サンジャン大聖堂」周辺も人通りが多く、治安面での心配はありません。

「フルヴィエールの丘」については、夜は人通りが少なくなりますので注意が必要です。

夜に「ノートルダム大聖堂」や「展望台」へ行かれる際はご注意ください。

「ケーブルカー」乗り場の正面に「ノートルダム大聖堂」がありますので、不安な方は「ケーブルカー」の利用がおすすめです。

「リヨン」の治安については、下記の記事が参考になります。

フランス「リヨン」旧市街の街並み

「フランス」リヨンの治安について解説!安全な場所、治安の悪いスポットを紹介~

2019年11月1日

リヨン近郊を観光するなら、現地ツアーの利用がおすすめ

「リヨン」には「国際空港」や「TGV」の停車駅があるため、「アヌシー」や「ディジョン」といった近郊スポットにもアクセスしやすい特徴があります。

「リヨン」から日帰りで行けるスポットも多く、中世の美しい村、有名なワイナリーなど、フランスならではの風景を見ることができます。

「リヨン」近郊スポットを効率よく観光するなら、現地ツアーの利用が便利です。

フランスの現地ツアーでは「ベルトラ」がおすすめで、下記のような特徴があります。

  • 日本語対応プランが充実している
  • ホテルの往復送迎が付いている
  • 利用者の体験談が見れる
往復送迎付きの「日本語対応プラン」を選ぶことで、「リヨン」初心者の方でも安心してツアー参加できます。

プライベートツアーなら「ロコタビ」が便利

自分好みのプランで「リヨン」観光を楽しむなら、「ロコタビ」の利用がおすすめです。

「ロコタビ」は、現地在住の日本人に個別相談できるサービスです。

「リヨン」の観光相談や現地情報はもちろん、個別に観光案内を依頼することも可能です。

「ロコタビ」では個人対個人のやり取りになるため、相談する人によって料金が異なります。

興味のある方は、公式サイトからチェックしてみてください。

「フランス」リヨン旧市街まとめ

「リヨン」旧市街では歴史ある古い街並み、「フルヴィエールの丘」、ソーヌ川の対岸からの景色など、見逃せないスポットがたくさんあります。

また、「旧市街」は夜のライトアップも魅力的で、丘の上にある「展望台」からの絶景はとても見応えがあります。

旧市街から「フルヴィエールの丘」へ行かれる際、上りは「ケーブルカー」を利用し、下りは「階段」を使われるのがおすすめです。