「フランス」リヨンの治安について解説!安全な場所、治安の悪いスポットを紹介~

フランス「リヨン」旧市街の街並み

「フランス」といえば「パリ」や「モン・サン=ミシェル」などが有名ですが、「フランス南東部」にある「リヨン」にも多くの見どころがあります。

こちらの記事では、フランス「リヨン」の治安について解説しています。

「リヨン」には多くの移民(アフリカ系)がいますので、避けるべき場所がいくつかあります。

これから「リヨン」へ行かれる方は、コチラの記事を参考にしてください。

2019年9月と12月に「リヨン」を訪れ、市内をくまなく散策しました。その時の体験を基に、記事を作成しています。

「フランス」リヨンの治安

ここからは「リヨン」の人気スポットを8ヶ所ピックアップして、それぞれの治安について解説していきます。

「リヨン」パールデュー駅周辺(3区)

「パールデュー駅」は「リヨン」の交通の中心で、「TGV」や「地方列車」が停車したり、「リヨン サン=テグジュペリ空港」と市内を結ぶ「ローヌエクスプレス」も停まります。そのため、駅周辺は朝から晩まで混雑します。

「パールデュー駅」周辺で注意が必要なのが「スリ」です。

駅から外へ向かうタイミングや、駅を通過する際に「スマホ」や「財布」が盗まれるケースがあります。注意するようにしましょう。

「パールデュー駅」周辺は治安が安定しているエリアですので、「スリ」以外は特に心配ありません。
フランス「リヨン」の観光スポット「グラン オテル デュー」

「フランス」リヨン駅周辺の人気ホテルを紹介!リヨン空港からの移動に便利な宿泊施設

2019年10月7日

オペラ座、リヨン市庁舎周辺(1区)

オペラ座周辺には「市庁舎」「美術館」「商工会議所」「テロー広場」などの人気スポットがあり、多くの人で賑わっています。

2019年9月に訪れた際、「オペラ座」「市庁舎」「テロー広場」周辺は工事中でした。そのため歩道スペースが狭くて移動しにくい状況で、混雑していますので「スリ」にご注意ください。(夕方5時以降は帰宅ラッシュとかさなるため、特に混み合います)

観光スポット周辺の治安ですが、「スリ」以外は特に心配ありません。

ただ、「オテルドヴィル(Hotel de Ville)」から「クロワルース」方面へ向かうエリアは治安が不安定のため、徒歩ではなく、メトロでの移動がベストです。

リヨン商工会議所

「フランス観光」リヨンで絶対行くべきスポット10選!美食と世界遺産の街を散策~

2019年12月13日

「リヨン」クロワルース周辺(4区)

「クロワルース」は高級エリアになりますので、治安の方も安定しています。

駅周辺には「レストラン」も多く、夜は地元の人や観光客などで賑わっています。

駅から少し歩きますが、市内を一望できる夜景スポットもありますので、是非訪れてみてください。

グランオテルデュー夜景

「リヨン」ベルクール広場周辺(2区)

「ベルクール広場」周辺は観光エリアになるため、比較的治安が安定しています。

夜は人通りが少ない場所もありますが、そういったところを避ければ夜でも安全といえます。

ちなみに「ベルクール広場」の南側には「ペラーシュ駅」があり、駅周辺は治安が不安定となります。(夕方以降は近づかない方が無難です)

「ベルクール広場」周辺で宿泊すると、夜の旧市街にも行きやすくなります。
フランス「リヨン」の街並み

【フランス】リヨンで宿泊するなら、このエリアがおすすめ!治安が安定している4つのホテルスポットを紹介~

2019年10月5日

「リヨン」ペラーシュ駅周辺(2区)

「ペラーシュ駅」周辺は低所得層が住むエリアで、治安が不安定な場所です。

日中であれば問題ないですが、夕方以降はできるだけ避けた方がよい場所です。

乗り継ぎで「ペラーシュ駅」を利用する程度であれば問題ありません。
「リヨン」パールデュー駅からペラーシュ駅の行き方

「リヨン」パールデュー駅からペラーシュ駅の行き方について解説!駅周辺の治安も紹介~

2019年11月4日

「リヨン」グランオテルデュー周辺(2区)

「グランオテルデュー」周辺は観光エリアになるため、治安が安定しています。

「グランオテルデュー」があるローヌ川沿いは人気の夜景スポットで、川沿いの広場には現地の人や観光客が集まり、とても賑わっています。

クロワルース夜景
夜の川沿いは、アルコールを楽しむ場になります。酔っ払いに絡まれないようご注意ください。

【フランス】リヨンでおすすめの夜景スポットを紹介!見どころや、夜の治安についても解説~

2019年12月15日

リヨン旧市街(5区)

「旧市街」は「リヨン」で人気の高い観光スポットで、日中から夜にかけて混雑する場所です。

観光目的で訪れる人が多いため治安も安定していますが、下記2点には注意が必要です。

  1. 混雑する場所では「スリ」に気をつける
  2. 人通りの少ない路地は避ける
人通りが多い場所であれば、夜でも比較的安全です。

下記の記事では、「リヨン旧市街」の見どころについて解説しています。

リヨン「ソーヌ川」の風景

「フランス」リヨン旧市街の街並みを紹介!リヨン歴史地区の観光名所&夜景スポット

2019年10月30日

「リヨン」フルヴィエールの丘(5区)

「旧市街」同様に「フルヴィエールの丘」も人気のあるスポットで、日中は治安も安定していますので安全に観光できます。

「ノートルダム大聖堂」や「展望台」は夜のライトアップスポットとしても有名ですが、夜は人通りが少ないため注意が必要です。

ケーブルカー乗り場(フルヴィエール(Fourvière)駅)の正面に「ノートルダム大聖堂」があります。夜の観光が不安な方は、駅周辺からライトアップを眺めるといった楽しみ方もあります。


「フランス」リヨン市内の場所

「リヨン」市内の地図に番号をつけています。

下記の表と照らし合わせて、それぞれの場所をご確認ください。

番号 名称
パールデュー駅
オペラ座、リヨン市庁舎
クロワルース
ベルクール広場
ペラーシュ駅
グランオテルデュー
リヨン旧市街
フルヴィエールの丘
在リヨン領事事務所
「リヨン旧市街」の近くに「ソーヌ川」、「グランオテルデュー」の近くに「ローヌ川」が流れています。「ソーヌ川」と「ローヌ川」に挟まれた半島にはホテルやレストランなどがたくさんあります。(半島で宿泊すると、市内観光がスムーズです)
リヨン「サンジャン大聖堂」の内部

【フランス】リヨン「サンジャン大聖堂」の見どころ、行き方について解説!旧市街のシンボルを鑑賞~

2019年11月6日

「フランス」リヨン観光に必要な日数

フランス「リヨン」には多くの見どころがありますが、ソーヌ川の両岸に観光スポットが集中しているため、徒歩でまわることができます。(一部のスポットは、メトロでのアクセスが便利)

「リヨン」の観光日数としては2日必要で、2日あれば主要スポットを一通り観光できます。

中世の街並みがキレイな「ペルージュ」や、ワイナリーで有名な「ボジョレー」など、「リヨン」近郊エリアも観光する場合、もう1~2日必要となります。

フランス「リヨン旧市街」の街並み風景

フランス「リヨン」の観光日数について解説!モデルコースや街並みの風景を紹介

2022年6月5日

「フランス」リヨンのお役立ち情報

ここからは、「リヨン」観光に役立つ情報をいくつか紹介していきます。

「フランス」ではクレジットカードの利用がおすすめ

「フランス」は移民の多い国で、訪れる場所によっては治安が不安定…というケースがあります。

また、日本とは異なり「すり」の多い国ですので、現金の持ち歩きは避けたいところ。

「フランス」では多くの場所で「クレジットカード」が利用できるため、カードをメインに利用するのがおすすめです。

「エポスカード」は年会費無料で、Visa付きのカードを発行することで海外旅行保険が「自動」で付帯されます。

「エポスカード」の補償内容ですが、下記などがあります。

保険の種類 保険金額
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
携行品損害 20万円(1個:10万円限度)
旅行中に「スマホ」や「カメラ」が壊れた場合、最大20万円まで補償されます。「エポスカード」のような、海外旅行保険付きの「クレジットカード」がとても便利です。

困ったときは「在リヨン領事事務所」へ

「リヨン」で何かのトラブルに巻き込まれたり、パスポートの盗難・紛失でお困りの場合、市内にある「在リヨン領事事務所」を訪れましょう。

「在リヨン領事事務所」の情報については、下記をご確認ください。

名称 在リヨン領事事務所
住所 131 boulevard Stalingrad 69100 Villeurbanne
(Le Prémiumビル内 8階(=7ème étage)
連絡先 04.37.47.55.00
時間 月曜~金曜日
9時~12時、13時45分~16時30分
最寄駅 シャーペンヌ駅(Charpennes)
「シャーペンヌ駅(Charpennes)」から徒歩で約10分の場所にあります。

「フランス」リヨン空港から市内へのアクセス

「リヨン サン=テグジュペリ空港」から市内への移動手段は様々ですが、大きな荷物を持っている場合は「ローヌエクスプレス」の利用が便利です。

「ローヌエクスプレス」は「リヨン空港」と市内の「パールデュー駅」を結ぶ特急電車で、利用者の多くが観光客のため安全に移動できます。

「ローヌエクスプレス」のチケットはネット経由でも購入可能で、現地で買うよりも1.6ユーロお得です。

チケット料金については、下記の表を参考にしてください。

チケットの種類 券売機のチケット料金 ネット経由のチケット料金
片道チケット 16,30 15,20
往復チケット 28,30 26,70
往復チケット(1か月前) 24,50
往復チケット(2か月前) 21,40
「ローヌエクスプレス」には早割りもあります。(更にお得です)

下記の記事では、「ローヌエクスプレス」の乗り方について解説しています。

【フランス】リヨン空港から市内への移動には「ローヌエクスプレス」がおすすめ!乗り方や乗り場について解説~

2019年9月23日

リヨンの公共交通機関について

「リヨン」市内では、「メトロ」「トラム」「バス」を使っての移動がとても便利です。

市内のチケットは共通チケットですので、1枚の乗車券で「メトロ」「トラム」「バス」「ケーブルカー」に乗ることができます。

「リヨン」の市内観光は1日でまわれるため、1日乗車券の購入がおすすめです。夜景メインなら19時以降乗り放題の「夕方券」が便利です。

公共交通機関のチケット買い方については、下記の記事が参考になります。

【リヨン交通チケット】バス、トラム、メトロ、ケーブルカーのチケットの買い方について解説!

2019年9月28日

「リヨン」在住の日本人に個別相談できる「ロコタビ(旧トラベロコ)」

初めて「リヨン」へ行かれる方におすすめなのが、「ロコタビ(旧トラベロコ)」というサービスです。

「ロコタビ」は「リヨン」在住の日本人に個別相談できるサイトで、現在119名の方が登録しています。(2022年6月時点)

「ロコタビ」を使って、下記のような相談ができます。

  • 現地で人気のレストラン予約代行
  • 「リヨン」観光プランの相談(観光プラン作成)
  • 「リヨン」の現地観光案内の相談(個人ガイド)
  • フランス語での通訳
現地情報を事前に収集したり、現地の観光ガイドを依頼することができます。


リヨン近郊へ行くなら、現地ツアーの利用がおすすめ

「リヨン」はフランス南東部の中心で、「ブルゴーニュ地方」や「ローヌ地方」などの近郊にもアクセスしやすい特徴があります。

「リヨン」近郊では、下記のような人気スポットがあります。

  • 美しい村「ペルージュ」
  • 鶏で有名な「ブールガン・ブレス」
  • 自然豊かな中世の街「アヌシー」
  • 魅力溢れるワイナリー「ボージョレ」
  • フランスの最も美しい村「オワン」
上記スポットですが、「リヨン」から日帰りで行くことができます。

「リヨン」近郊スポットを効率的に観光するなら、往復送迎が付いている「ベルトラ」の利用がおすすめです。

「ベルトラ」は現地ツアーの専門サイトで、日本語対応プランがとても充実しています。(フランス語や英語が分からない方でも、安心できます。)

また、過去にツアー参加した人の体験談を見ることができますので、じっくりと検討することもできます。

下記公式サイトから、「ベルトラ」のツアー情報を確認できます。

VELTRA(ベルトラ)の予約方法や予約キャンセルの手順、口コミや評判などを解説!【空港送迎編】

2019年2月2日

「フランス」リヨンの治安まとめ

「リヨン」の治安について解説しましたが、下記5点には気をつけましょう。

  1. 混雑している場所での「スリ」に気をつける
  2. 低所得層が住むエリアに近づかない
  3. 人通りが少ない場所は避ける
  4. 夜の一人歩きは控える
  5. 物乞いや浮浪者には近づかない
人通りが多い場所であれば、夜でも比較的安全です。
フランスの美しい街「アヌシー」

リヨン近郊のおすすめ観光スポット4選!絶対に見ておきたいフランスの美しい風景~

2019年11月3日