「リヨン」から「ディジョン」への行き方について解説!TGV乗り場や列車チケットの買い方を紹介~

フランスの「ディジョン」といえば、中世の古い街並みや「マスタード」の産地として有名な都市。

「パリ」や「リヨン」から日帰りでアクセスできることから、「フランス」でも人気の観光スポットになっています。

コチラの記事では、「リヨン」から「ディジョン」への行き方について解説しています。

2019年9月に「リヨン」から日帰りで「ディジョン」へ行きました。その時の体験を基に、記事を作成しています。

「リヨン」から「ディジョン」への行き方

「リヨン」から「ディジョン」への行き方ですが、TGV(高速鉄道)を利用してアクセスできます。

「リヨン」から約1時間30分でアクセスできますので、日帰りでの観光も可能です。

直行便でアクセスできるため、乗り換えの心配はありません。TGV(高速鉄道)で約1時間30分、TER(普通列車)で約2時間10分となります。

リヨン近郊のおすすめ観光スポット4選!絶対に見ておきたいフランスの美しい風景~

2019年11月3日

TGV乗り場

ここからは、「リヨン」と「ディジョン」のTGV乗り場について解説していきます。

「リヨン」のTGV乗り場

「リヨン」の「パールデュー駅」から、TGVに乗ることができます。

【リヨン】パールデュー駅周辺のおすすめホテルを紹介!空港からのアクセスに便利なスポット~

2019年10月7日

「ディジョン」のTGV乗り場

ディジョン ヴィル駅」から、TGVに乗ることができます。

「ディジョン ヴィル駅」から観光エリアまでは、徒歩で約10分でアクセスできます。

「リヨン」から「ディジョン」チケットの買い方

TGVのチケットですが、「レイルヨーロッパ」の公式サイトから購入できます。

駅名 スペル
リヨン・パールデュー LYON PART DIEU
ディジョン・ヴィル DIJON VILLE

チケット買い方の手順については、下記のようになります。

  1. レイルヨーロッパ」の公式サイトへアクセス
  2. 出発地、目的地、チケットタイプ選択、日付、人数を入力して「検索」
  3. 希望のチケットを選択
  4. クレジットカードで決済
  5. チケットを印刷する
「レイルヨーロッパ」では、予約手数料が1,500円掛かります。この手数料は1枚単位ではなく、一回の購入につき掛かる費用となります。複数チケットを購入される場合、一回でまとめて購入されるのがベストです。

「ディジョン」の見どころ

ここからは「ディジョン」の見どころを4つ紹介していきます。

ディジョンのノートルダム教会

「ディジョン」の「ノートルダム教会」は、旧市街の中心部にあります。(一際目立っています)

「ディジョン」の「ノートルダム教会」は13世紀に建てられたゴシック様式の建築で、教会正面に見える「ガーゴイル」が一つの特徴になります。(下記インスタの7枚目のスライドで確認できます)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

51体の「ガーゴイル」は、とても見応えがあります。

幸福を呼ぶ「フクロウ」

「ディジョン」の町を歩くと、道に埋め込まれた「フクロウ」を見るケースが多くなります。(下記インスタの3枚目のスライドになります)

この「フクロウ」には番号が振ってあり、番号順に進むことで「ディジョン」の観光スポットをまわれる仕組みになっています。

また、「ノートルダム教会」の外壁に「フクロウ」の彫刻があります。(下記インスタの1枚目のスライドになります)

この「フクロウ」を左手で撫でると、幸福が訪れるといわれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo(@ryo_europe_travel)がシェアした投稿

縁起の良い「フクロウ」は、「ディジョン」のシンボルになります。

ブルゴーニュの郷土料理「エスカルゴ」を味わえる

「ディジョン」では、ブルゴーニュの郷土料理「エスカルゴ」を楽しむことができます。

下記写真は「リベラシオン広場」のすぐ近くにある、「CaféGourmand」というレストランで食べた「エスカルゴ」です。

ガーリック系のソースがとても美味しく、余ったソースをパンに付けて食べるのがおすすめです。

「エスカルゴ」は臭みやクセがなく、日本人にも合う味付けでした。

木造の古い建物が印象的な「ディジョン」の街並み

「ディジョン」の街並みを散策すると、所々木造で造られた古い建物が目に入ってきます。

これらの建物は12世紀頃に建てられた建築で、「ディジョン」の見どころの一つになります。

建物の上半分が木造で造られていたり、屋根にモザイクが描かれているなど、一風変わった雰囲気を楽しめます。(上の方を見ながら町を散策すると、より楽しめると思います)

「ディジョン」の治安

2019年9月に「ディジョン」へ行きましたが、街並みが綺麗に整備されていて、治安も安定していました。

「ディジョン」は多くの観光客が訪れる都市ですので、そこまで警戒する必要はありませんが、「スリ」や「置き引き」には注意が必要です。

簡単にできる「スリ」対策としては、下記などがあります。

  • ポケットにスマホや貴重品を入れない
  • バッグは体の正面で持つ
  • ブランド品や高級時計などは付けない
  • 新しいものを身に付けない
  • 会話に夢中にならない(誰かと一緒にいる時はスキが生まれるため、最も危険です)
列車内や駅周辺は「スリ」に遭いやすいため、ご注意ください。

「リヨン」から「ディジョン」への行き方まとめ

「ディジョン」には多くの見どころがあり、治安が安定していることから、ヨーロッパに慣れていない方にもおすすめできます。

TGVを利用して「パリ」や「リヨン」から簡単にアクセスできるため、観光客の数は多くなります。(日帰りでの観光も可能です)

「旧ブルゴーニュ公宮殿」や「リベラシオン広場」をはじめ、「ノートルダム・ド・ディジョン教会」や「ダルシー庭園」などが「ディジョン」の人気スポットになります。

また、「エスカルゴ」や「パン・デピス」など、本場ならではの味を楽しめるのも「ディジョン」の魅力です。

「フランス観光」リヨンで絶対行くべきスポット10選!美食と世界遺産の街を散策~

2019年12月13日







注目の記事