【リヨン光の祭典2019】フランスの冬イベントが凄い!世界遺産を背景に「プロジェクションマッピング」が楽しめる~

フランス「リヨン」で開催される、冬の一大イベントといえば「音と光の祭典(Fête des Lumières)」が有名です。

このシーズンは街全体が煌びやかになり、世界遺産を背景に「プロジェクションマッピング」などを楽しむことができます。

コチラの記事では、2019年12月5日~8日に開催された「リヨン光の祭典2019」の最新情報を紹介していきます。

「光の祭典」開催期間に合わせて「リヨン」へ行ってきました。全36ヶ所のプログラム制覇はできませんでしたが、特に人気だったスポットを中心に現地情報を紹介していきます。

リヨン「光の祭典2019」について

2019年の「光の祭典」は、12月5日(木)~8日(日)まで開催されました。

4日間限定イベントということもあり、世界各国から大勢の観光客が訪れていました。(2018年度は4日間で約180万人がイベントへ訪れたといわれています)

イベント期間中は厳戒態勢が敷かれ、大勢の警察が待機していました。(武装した軍人のような人達も沢山いました)

「光の祭典」のタイミングに合わせてパリでストライキが起こり、フランス国鉄(SNCF)の約9割が停止するなど、トラブルも発生していました。普段は混雑している「パールデュー駅」ですが、イベント期間中はガラガラでした…

リヨン「光の祭典2019」音と光の演出が凄い!

ここからは、「光の祭典」で特に人気だったスポットを6つ紹介していきます。

とにかく人で溢れていた場所ばかりになります…

ルイ14世の騎馬像が印象的な「ベルクール広場」

「ベルクール広場」には大きな観覧車が設置され、「ルイ14世の騎馬像」の周囲には光輝く植物が立てられていました。

イベントが開始されると光る生き物が空中を舞い、まるで海の中にいるかのような雰囲気を味わえました。

下記YouTubeで「ベルクール広場」のイベント映像を視聴できます。

【フランス】リヨンでおすすめの夜景スポットを紹介!見どころや、夜の治安についても解説~

2019年12月15日

旧市街のシンボル「サンジャン大聖堂」

「リヨン旧市街」では9つのスポットで、夜のイベントが開催されていました。

旧市街でもっとも混雑していたのが「サンジャン大聖堂」になります。

12世紀に建設された「サンジャン大聖堂」を背景に、音と光の演出が行われました。

「サンジャン大聖堂」は人気スポットだったこともあり、周辺の道路は一方通行になっていました。

「リヨン」サンジャン大聖堂の見どころ、行き方について解説!旧市街のシンボルを鑑賞~

2019年11月6日

観光客に人気の夜景スポット「ソーヌ川」

「ソーヌ川」では、「サンジャン大聖堂」「フルヴィエール聖堂」「リヨン裁判所」などを背景に、クオリティの高い映像と音楽が流されました。

約9分の映像がイベント終了まで流れ続ける形で、一回の映像が終わる度に観客も入れ替わっていました。

演出の豪華さで見ると、「ソーヌ川」の映像がもっとも凄かったです。

【リヨン】「フルヴィエールの丘」の行き方について解説!ローマ劇場やノートルダム大聖堂を鑑賞~

2019年10月1日

若者が集まる「テロー広場」

「光の祭典」全36プログラムの中で、もっとも混雑していたスポットが「テロー広場」です。

「市庁舎」と「美術館」を使った音と光の演出はとても豪華で、迫力満点の内容でした。

「市庁舎」の中で、別の祭典イベントが開催されていました。通常は「市庁舎」の中に入ることはできませんが、イベント期間中は限定的に「市庁舎」へ入場可能となります。

「フランス観光」リヨンで絶対行くべきスポット10選!美食と世界遺産の街を散策~

2019年12月13日

「ジャコバン広場」

彫刻と噴水が印象的な「ジャコバン広場」は「リヨン」でも有名な広場で、このスポットでも「光の祭典」イベントが開催されました。

噴水の周りを覆うミストに光のレーザーが照らされ、幻想的な空間を作り上げていました。

歴史ある劇場「テアトル・デ・セレスティン」

テアトル・デ・セレスティン」は「リヨン」でも古い歴史を持つ劇場です。

「光の祭典」では、「セレスティン劇場」と両サイドの建物を使った豪華な演出が行われました。

下記YouTubeでフル動画を視聴できます。是非チェックしてみてください。

リヨン「光の祭典2019」注目のスポット

「光の祭典」の中では演出が地味でしたが、光の変化をのんびりと楽しめたスポットを3つ紹介していきます。

ルイプラデル広場

「リヨン・オペラ座」の隣にある「ルイプラデル広場」では、大きなシャンデリアが設置されていました。

20個のランプが様々な色に変化するというもので、ゆっくりとした時間が流れていました。

すぐ近くにある「テロー広場」や「市庁舎」は大混雑でしたが、「ルイプラデル広場」ではのんびりと鑑賞できました。

レピュブリック通り

「リヨン市庁舎」や「オペラ座」がある場所から「レピュブリック広場」を結ぶ「レピュブリック通り」では、下記写真のような装飾が目立ちました。

「エドワール・エリオ通り」「ガスパラン通り」「エミル・ゾラ通り」なども別の装飾が付けられていて、煌びやかな空間を作り上げていました。

「リヨン空港」に設置された光のトライアングル

リヨン空港(サンテグジュペリ)」にも、「光の祭典」のスポットがありました。

トライアングルのアーチは、音楽構成に合わせて色が変わる仕組み。

「光の祭典」の穴場スポットでした。

【フランス】リヨン空港から市内への移動には「ローヌエクスプレス」がおすすめ!乗り方や乗り場について解説~

2019年9月23日

【リヨン空港】「ローヌエクスプレス」チケットの買い方、路線図や時刻表について解説!

2019年9月23日

イベント期間中は宿泊費が高騰する!?

「光の祭典」期間中、「リヨン」市内のホテル代は2~3倍近くに跳ね上がります。

今回「リヨン」の7区に宿泊しましたが、1泊3万円程度でした…(「グランオテルデュー」の対岸にあるホテルになります)

宿泊ホテルからイベント開催エリアまでは徒歩で約10分程度でしたが、歩いて行けることもあって便利でした。

上記のようなところでも高額になるため、立地や治安の良い場所であれば更にホテル代が高くなります。

2020年以降で「光の祭典」をご検討の方は、参考にしてください。

【フランス】リヨンで宿泊するなら、このエリアがおすすめ!治安が安定している4つのスポットを紹介~

2019年10月5日

「リヨン」光の祭典2019まとめ

今回初めて「光の祭典」へ行きましたが、クオリティの高さ人の多さに圧倒されました。

「光の祭典」のプログラムは全部で36ヶ所ありましたが、実際に観れたのは22ヶ所でした。(微妙そうなプログラムは飛ばしました)

記事の前半に紹介している6つのスポットが特に人気で、前に進めないほどの人で賑わっていました。

ちなみに「光の祭典」の入場料は無料です。

【フランス旅行】リヨンの治安について解説!安全な場所、治安の悪いスポットを紹介~

2019年11月1日







注目の記事