「ドバイ旅行」航空券が安い時期っていつ?ドバイのおすすめ時期について解説

ドバイ旧市街にある「バスタキヤ地区」

中東の観光都市「ドバイ」には、魅力的なスポットがいくつもあります。

超高層タワー「ブルジュハリファ」や、超高級ホテル「ブルジュ アル アラブ」などが有名で、世界中の旅行者から注目を集めています。

こちらの記事では、「ドバイ旅行」のおすすめ時期について解説しています。

「ドバイ」の航空券が安い時期や、現地の治安情報、「ドバイ」で人気の観光スポットなどを紹介しています。

「ドバイ旅行」航空券が安い時期

「ドバイ」の航空券が安い時期ですが、1月〜2月頃が特におすすめです。

このタイミングは「ドバイ」の気温も下がり、外の観光がしやすくなります。

航空券の料金目安としては、約9万円前後になります。(高い時期で約12~15万円くらい)

ちなみに4月〜10月の期間で航空券が安くなる時もあるのですが、4月〜10月の「ドバイ」はとても暑く、あまりおすすめできません…。

「ドバイ」行きの格安航空チケットを調べるなら、「スカイスキャナー」の利用がスムーズです。もっとも安い航空チケットを簡単に見つけられます。

「ドバイ」の場所

「ドバイ」はアラブ首長国連邦の都市で、近年急速に発展を遂げています。

高さ828mの「ブルジュハリファ」や、額縁型の建築「ドバイフレーム」をはじめ、「ドバイ」には魅力的なスポットがたくさんあります。

日本から直行便でアクセス可能で、移動時間は約11時間。(エミレーツ航空を利用する形)

「羽田空港」「成田空港」「関西空港」から、エミレーツ航空に乗ることができます。

「ドバイ」の治安情報

「ドバイ」は治安の良い都市で、比較的安心感のある場所です。

混雑する場所での「すり」や「置き引き」には注意が必要ですが、警戒レベルは低い状況です。

イメージとしては「東京」より少し警戒が必要、といった形になります。

観光客の多い場所では、夜も比較的安全です。

下記の記事では、「ドバイ」の治安について解説しています。

「ドバイ」にあるアルシーフの街並み

アラブ首長国連邦「ドバイ」の治安情報を紹介!ドバイで気をつけることや注意点について解説

2019年6月18日

「ドバイ空港」から市内アクセス

「ドバイ空港」から市内への移動手段ですが、「メトロ」「バス」「タクシー」などがあります。

ドバイの移動には「メトロ」の利用が便利で、空港から市内移動や、人気の観光地にも気軽にアクセスできます。

「ドバイ」の公共交通機関(メトロ、バス、トラム)を沢山使う方には、1日券がおすすめです。(1日券は22AED)



「ドバイ」の定番スポット

ここからは、「ドバイ」の定番スポットを3つ紹介していきます。

どのスポットにも「メトロ」でアクセスできるため、トランジットでの「ドバイ観光」にもおすすめです。

828mの超高層タワー「ブルジュハリファ」

「ブルジュハリファ」はダウンタウンにある観光名所で、「ドバイ」でも注目を集めるスポット。

地上からの高さは828mで、124〜125階には「展望台」があります。(チケットは有料)

夜は「ブルジュハリファ」に映像が流れ、大音量の音楽と共に楽しい時間を過ごせます。(ドバイファウンテンの噴水ショーと一緒に鑑賞できます)

ドバイのランドマーク「ブルジュハリファ」
現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「ブルジュハリファ」の展望台チケットを事前予約できます。

夜の人気スポット「ドバイファウンテン」

ドバイファウンテン」はドバイの定番スポットで、大迫力の噴水ショーを楽しめます。

日中は2回程度のショーを見られますが、夕方以降がおすすめで、30分おきに異なるパターンの「噴水ショー」を鑑賞できます。

音楽の種類も豊富で、K-POPやアラブ系の音楽、有名映画の曲などが流れます。

夜の人気スポット「ドバイファウンテン」

アラブの雰囲気漂う「ドバイ スーク」

「ドバイ旧市街」は異国情緒を感じられる人気スポットで、3つのスーク(市場)が見どころの一つ。

香辛料などの店舗が並ぶ「スパイススーク」、金製品店が軒を連ねる「ゴールドスーク」、パシュミナやアラブ雑貨店が多数ある「オールドスーク」など、どれも見応えがあります。

また、アラブの伝統的な建築や装飾などが見られる「バスタキヤ地区」も有名で、中東の雰囲気を存分に味わえます。

アラブの雰囲気漂う「バスタキヤ地区」

下記の記事では、ドバイ旧市街「オールドドバイ」の見どころを紹介しています。

【ドバイ観光】オールドドバイ(旧市街)の行き方、見どころについて解説!異国情緒あふれる人気スポット~

2019年4月30日

「ドバイ」のニュースポット

「ドバイ」では次々と新しい観光スポットが誕生し、世界中の旅行者から注目を集めています。

特におすすめのニュースポットを、3つ紹介していきます。

高さ250mの観覧車「ドバイアイ」

「ドバイアイ」は、湾岸エリアにある新しい観光スポット。(2021年10月にオープン)

「ドバイアイ」の高さは250mで、世界一高い観覧車として注目を集めています。

観覧車の料金は130AEDで、ビーチ沿いの景色や、近未来的な「ドバイ」の街並みを眺められます。(約38分)

高さ250mの観覧車「ドバイアイ」

異国情緒を感じる「アルシーフ」

アルシーフ」は、「ドバイ」の旧市街近くにある観光スポットです。

アラブの雰囲気を感じられる場所で、「アラブ雑貨」や「民族衣装」を扱う店舗や、アラブ料理が味わえる「レストラン」などが軒を連ねています。

夜はライトアップされた街並みが綺麗で、おすすめの時間帯。ドバイクリーク沿いの景色も見逃せません。

異国情緒を感じる「アルシーフ」

眺めの良い「ザ ビュー アットザパーム」

ザ ビュー アットザパーム」は、2021年にオープンした「ドバイ」の新名所。

高級リゾートで知られる「パームジュメイラ」を一望できるスポットとして人気があります。

「ザ ビュー アットザパーム」の入場料は、100AED~になります。



「ドバイ」でおすすめのホテルエリア

「ドバイ」で宿泊するなら、市内中心部の「ダウンタウン」や海沿いの「ドバイマリーナ」、空港近くの「ディラ地区」がおすすめです。

この3つエリアは「ホテル」の数も多く、市内観光もしやすい特徴があります。

ここからは、「ドバイ」でおすすめのホテルを3つ紹介していきます。

ドバイ観光に便利「ラマダ ダウンタウン ドバイ」

「ラマダ ダウンタウン ドバイ」は、ドバイの中心部「ダウンタウン」にある宿泊施設です。

「ドバイ」の市内観光に便利なホテルで、「ブルジュハリファ」や「ドバイファウンテン」の噴水ショーを存分に楽しむことができます。

一部の客室から「噴水ショー」や「ブルジュハリファ」が見えるため、ゆっくりと鑑賞したい方におすすめのホテルです。

ロケーション抜群「ヌーラン マリーナ サービス レジデンス」

「ヌーラン マリーナ サービス レジデンス」は、湾岸エリア「ドバイマリーナ」にある宿泊施設です。

ロケーション抜群のホテルで、高層ビル群の景色が楽しめる「マリーナウォーク」や、「モール」でのショッピング、海沿いのビーチなど、楽しめるスポットが沢山あります。

客室はモダンで、落ち着いた雰囲気の内装。部屋のスペースも広く、居心地の良い空間が広がっています。

空港移動に便利「ロイヤル コンチネンタル ホテル」

「ロイヤル コンチネンタル ホテル」は、空港近くの「ディラ地区」にある宿泊施設です。

空港移動に便利なホテルで、大きな荷物を持っての移動もスムーズです。

「メトロ」を使って「ドバイ旧市街」や「ダウンタウン」へアクセス可能で、移動時間は約20〜30分になります。

「ドバイ」基本情報

ここからは「ドバイ」の通貨や現地ツアーなど、「ドバイ旅行」のお役立ち情報を3つ紹介していきます。

「ドバイ」観光に必要な日数

「ドバイ」の人気スポットを一通り観光するなら、3日程度は必要です。(移動日は含めていません)

観光で3日あれば、「デザートサファリ」含めて様々なスポットを観光できます。(砂漠観光に、半日程度必要です)

首都の「アブダビ観光」も楽しみたい場合、もう1日必要となります。「シェイク ザイード グランドモスク」や「エミレーツ パレス」など、「アブダビ」には見応えのあるスポットが沢山あります。

下記の記事では「ドバイ観光」の日数や、観光のモデルコースについて解説しています。

「ドバイ」バスタキヤ地区の風景

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

「ドバイ」の通貨について

「ドバイ」の現地通貨は「ディルハム(AED)」で、1AED=38.17円になります。(2022年9月3日時点)

「ドバイ」の空港や、市内の「ショッピングモール」などで外貨両替できます。

ちなみに「ドバイ」では「クレジットカード」の利用がおすすめで、日本と同じような感覚でカードが使えます。(ドバイの色々な場所で、クレジットカードが利用できます)

海外旅行保険付きの「クレジットカード」を複数枚持つことで、万が一の時にも安心できます。

「ホテル」や「レストラン」、「カフェ」や「ショッピングモール」など、色々な場所でカード決済できます。

「ドバイ旅行」入国審査の流れ

「ドバイ」の入国審査ですが、「パスポート」のみ提示する流れになります。(入国カードはありません)

日本の「パスポート」の場合、観光目的で30日以内の滞在であれば「ビザ」不要となります。

入国審査での質問はあまり無い印象ですが、「観光目的」「滞在期間」「滞在先の住所」などは即答できるようにしましょう。

過去に3回「ドバイ」へ行きましたが、私の場合は質問された事が無く、審査が緩いと感じました。

「ドバイ」現地ツアー情報

「ドバイ」には見応えのあるスポットが多数ありますが、現地ツアーを利用することで効率的に観光を楽しめます。

「ドバイ」の現地ツアー情報

「ドバイ」には多くの見どころがありますが、「メトロ」でアクセスできる場所も多く、初心者の方にもおすすめの場所です。

ただ、砂漠エリアの「デザートサファリ」は移動手段が必要となるため、現地ツアーに参加するのがスムーズです。

現地ツアーには「ラクダ乗り体験」や砂漠での「ドライブ」、砂漠での「アクティビティ」や「バーベキュー」などが含まれています。

「ホテル」の往復送迎も付いていますので、気軽にツアー参加ができます。

「ドバイ」個人ツアーなら「ロコタビ」が便利

自分の好きなプランで「ドバイ旅行」を楽しむなら、「ロコタビ」の利用が便利です。

「ロコタビ」は「ドバイ」に住む日本人に、直接相談などができるサービスです。

例えば「ドバイ」の現地情報や、観光ガイドの相談、「レストラン」の予約代行など、様々な依頼に対応しています。

相談相手によって金額が異なりますが、自分の好みに合わせて調整することができます。(自由度の高いサービス)

また、車を持っている方も多く、そういった人に1日観光案内を依頼する事で、複数スポットを効率良く観光できます。

「ドバイ旅行」航空券が安い時期

「ドバイ」の航空券が安い時期は、1月〜2月頃になります。

このタイミングは「ドバイ」の気温も落ち着き、観光しやすい時期です。

4月〜10月の「ドバイ」はとても暑く、日差しも強くなります。(ご注意ください)