フランス「パリ」から「リヨン」への行き方について解説!「飛行機」や「TGV」での移動時間などを紹介

フランス「リヨン商工会議所」

フランスの首都「パリ」には「ヴェルサイユ宮殿」や「ルーヴル美術館」をはじめ、魅力的なスポットが多数あります。

「パリ」近郊にも見どころが多く、「フォンテーヌブロー」や「ランス」、「シャルトル」や「リヨン」などは、「パリ」から日帰りで行くことができます。

こちらの記事では、フランス「パリ」から「リヨン」への行き方について解説しています。

「パリ」から「リヨン」までは、飛行機で約1時間、TGV(高速鉄道)で約2時間でアクセスできます。「パリ」から日帰りで、「リヨン」観光を楽しむことも可能です。

フランス「パリ」から「リヨン」への行き方

「パリ」から「飛行機」や「TGV(高速鉄道)」を利用して、「リヨン」へ行くことができます。

飛行機で「パリ」から「リヨン」へアクセス

「パリ」から飛行機を利用する場合、直行便の「エールフランス航空」がおすすめです。

「パリ」から約1時間で、「リヨン」へアクセスできます。

「エールフランス」の直行便が、「パリ」から1日8便出ています。

「リヨン」行きの格安航空券をお探しなら、「スカイスキャナー」の一括検索がとても便利。最も安い航空券をすぐにチェックできます。

TGVで「パリ」から「リヨン」へアクセス

「パリ」から「TGV(高速鉄道)」を利用して、約2時間で「リヨン」にアクセスできます。

パリの「リヨン駅(PARIS GARE LYON)」から「TGV」に乗り、リヨンの「パールデュー駅(LYON PART DIEU)」で下車します。

「TGV」の料金や時刻表については、「レイルヨーロッパ」から確認できます。

下記の記事では、「リヨン」でおすすめのホテル地区を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

フランス「リヨン」の街並み

【フランス】リヨンで宿泊するなら、このエリアがおすすめ!治安が安定している4つのホテルスポットを紹介~

2019年10月5日

フランス「リヨン」の場所

「リヨン」はフランス南東部にある都市で、美食と世界遺産の街と呼ばれています。

「飛行機」の国際線や、「TGV」が利用できることから、毎年多くの観光客が「リヨン」を訪れます。

フランス国内への移動もしやすく、周遊観光にもおすすめの都市です。

フランスの冬イベント「リヨン光の祭典(Fete Des Lumieres)」が、毎年12月に開催されています。(4日間で約180万人くらいが集まるイベントです)

「リヨン空港」から市内への移動について

「リヨン空港」から市内への移動ですが、「ローヌエクスプレス」の利用が便利です。

空港から「パールデュー駅」まで約30分でアクセス可能で、乗り換えの心配もありません。

「ローヌエクスプレス」のチケットはネット経由でも購入可能で、1ヶ月前から予約することで割引もあります。

「ローヌエクスプレス」の料金については、下記の表を参考にしてください。

チケットの種類 券売機のチケット料金 ネット経由のチケット料金
片道チケット 16,30 15,20
往復チケット 28,30 26,70
往復チケット(1か月前) 24,50
往復チケット(2か月前) 21,40
ネット経由で購入する場合、予約が確認できる内容(メール、PDFなど)を用意しておきましょう。車内でQRコードを読み取られる流れになります。

【リヨン空港】「ローヌエクスプレス」チケットの買い方や予約方法、路線図や時刻表について解説!

2019年9月23日

リヨン「パールデュー駅」から市内への移動について

リヨン「パールデュー駅」は、交通の中心地

「トラム」や「バス」をはじめ、空港と市内を結ぶ「ローヌエクスプレス」などが「パールデュー駅」から利用できます。

「トラム」や「バス」を利用する事で、「ベルクール広場」や「テロー広場」がある半島へ移動できます。

スーツケースを持って移動が面倒…という方は、「パールデュー駅」周辺での宿泊がおすすめです。コスパの良いホテルが沢山あります。

【リヨン】パールデュー駅から旧市街への移動には「C3バス」の利用がおすすめ!

2019年9月26日

フランス「リヨン」の見どころ

フランス「リヨン」には多くの見どころがありますが、特に人気なのが下記スポットです。

  • 古い街並みが広がる「リヨン旧市街
  • 旧市街の高台にある「フルヴィエール聖堂」
  • フランスでも有名な「ベルクール広場」
  • リヨンのおしゃれスポット「グラン オテル デュー」
  • 観光客で賑わう「テロー広場」
「リヨン」には古い建物が多く、ただ歩くだけで楽しい気持ちになります。

リヨン市内を一望できる「フルヴィエールの丘」

「フルヴィエールの丘」は、リヨン旧市街の人気スポットです。

1896年に建てられた「フルヴィエール聖堂(ノートルダム)」や、市内の街並みが一望できる「展望台」などが主な見どころ。

夜は、ライトアップされた「街並みの風景」を眺められます。

リヨン旧市街にある「フルヴィエールの丘」からの絶景
旧市街の「ヴューリヨン(Vieux Lyon)」から「ケーブルカー」を利用して、「フルヴィエールの丘」へアクセスできます。急な階段を登る流れになりますが、徒歩でも行くことができます。

下記の記事では、「サンジャン大聖堂」について解説しています。

リヨン「サンジャン大聖堂」の内部

【フランス】リヨン「サンジャン大聖堂」の見どころ、行き方について解説!旧市街のシンボルを鑑賞~

2019年11月6日

中世の街並みが魅力「リヨン旧市街」

「リヨン旧市街」は古い街並みが残る歴史地区で、世界遺産に登録されています。

「ルネサンス時代」の建物や、インパクト絶大の「サンジャン大聖堂」、郷土料理が楽しめる「ブション」など、見どころが沢山あります。

夜のライトアップも魅力的で、ソーヌ川沿いからは下記のような景色を見ることができます。

フランス「リヨン」の風景
旧市街は石畳の道になります。履き慣れた靴で行かれることをおすすめします。
リヨン「ソーヌ川」の風景

「フランス」リヨン旧市街の街並みを紹介!リヨン歴史地区の観光名所&夜景スポット

2019年10月30日

フランス「リヨン」の基本情報

ここからは、「リヨン」の基本情報を紹介しています。

リヨンの治安

「リヨン」の治安ですが、「テロー広場」や「ベルクール広場」周辺、「旧市街」や「クロワルース」などは観光客も多く、比較的安全です。

「ペラーシュ駅」周辺は低所得層が住むエリアで、治安が不安定な場所になります。ご注意ください。

「グランオテルデュー」周辺ですが、夜の川沿いは「アルコール」を楽しむ場になります。酔っ払いに注意が必要です。

「リヨン」滞在中、何かトラブルに遭遇した場合は「在リヨン領事事務所」に連絡しましょう。
フランス「リヨン」旧市街の街並み

「フランス」リヨンの治安について解説!安全な場所、治安の悪いスポットを紹介~

2019年11月1日

「リヨン シティカード」について

「リヨン」観光をより楽しむなら、「リヨン シティカード」の利用がおすすめです。

「リヨン」の公共交通機関が無料で利用できたり、「リヨン美術館」などの人気ミュージアムが無料で入場可能となります。

「リヨン シティカード」には、下記のようなメリットがあります。

  • 23ヶ所のミュージアムに、無料で入場できる
  • バス、地下鉄、トラム、ケーブルカーに乗り放題
  • ショッピングや劇場などで割引特典がある
シティカードを利用することで、「リヨン」観光を存分に楽しむことができます。

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「リヨン シティカード」の予約ができます。

市内の移動には「トラム」「バス」「メトロ」の利用が便利

「リヨン」は公共交通機関が発達していますので、「トラム」「バス」「メトロ」での移動がとても便利です。

公共交通機関は共通チケットで、下記のような種類があります。

チケットの種類 料金(ユーロ)
TICKET UNITE(1枚券) 1.90
TICKET 24 HEURES(1日券) 6.20
TICKET 48 HEURES(2日券) 12.00
TICKET 72 HEURES(3日券) 16.00
TICKET SOIREE(夕方券) 3.20
CARNET 10(10回券) 17.60
CARNET 10 MOINS DE 26 ANS(26歳未満の10回券) 15.10
一日券が特におすすめで、「フルヴィエールの丘」へ行く際の「ケーブルカー」にも利用できます。

【リヨン交通チケット】バス、トラム、メトロ、ケーブルカーのチケットの買い方について解説!

2019年9月28日

「フランス」旅行で必要な持ち物

「フランス」旅行で必要な持ち物は様々ありますが、「パスポート」や「現地通貨」をはじめ、「ポケットWiFi」や「電源プラグ」などは必要です。

また、日本よりも日差しが強く、乾燥しやすい国でもあるため、紫外線&乾燥対策も必要となります。

あと、現地では「すり」被害に遭う可能性もあるため、「クレジットカード」の利用が便利です。(フランスは「すり」の多い国で、現金の持ち歩きは危険です…)

おすすめのカードは「エポスカード」で、年会費無料で最短即日発効できるクレジットカードになります。

Visa付きのカードを発行することで「海外旅行保険」もついてきますので、「フランス」旅行にとても便利。(保険は自動付帯)

「リヨン」近郊の観光地も魅力的

「リヨン」近郊には、中世の街並みが美しい「ペルージュ」や、キレイな湖が広がる「アヌシー」、そしてブルゴーニュ地方の「ディジョン」などがあります。

「リヨン」から「電車」や「バス」などを利用して、近郊エリアにアクセスできます。

「リヨン」からの移動時間については、下記を参考にしてください。

観光スポット 移動時間(片道)
ペルージュ 約30分
アヌシー 約2時間
ディジョン 約1時間30
ル ピュイ アン ヴレ 約2時間20分
どこか一つだけ観光するなら、フランスの最も美しい村「ペルージュ」がおすすめです。

リヨン近郊のおすすめ観光スポット4選!絶対に見ておきたいフランスの美しい風景~

2019年11月3日

フランス「リヨン」の現地ツアー

「フルヴィエールの丘」や「旧市街」をはじめ見どころが多い「リヨン」ですが、近郊にも「美しい村」や「ワイナリー」など、魅力的なスポットが沢山あります。

「リヨン」近郊スポットを観光するなら、現地ツアーの利用がおすすめです。

「リヨン」近郊の現地ツアーなら「Get Your Guide」

「Get Your Guide」は現地ツアーの専門サイトで、「リヨン」の観光プランがとても充実しています。

「ペルージュ」や「オワン」などの美しい村、「ボージョレ」や「コートデュローヌ」をはじめとした「ワイナリー」など、観光プランがとても充実しています。

「リヨン」から日帰りで観光できますし、ホテルの往復送迎も付いています。

「リヨン」のプライベートツアーなら「ロコタビ(旧トラベロコ)」

思い通りのスケジュールで「リヨン」近郊を観光するなら、「ロコタビ」の利用がおすすめです。

「ロコタビ」は「リヨン」在住の日本人に個別相談できるサイトで、下記のような依頼に対応しています。

  • 「リヨン」市内の観光ガイド
  • 「リヨン」近郊の観光ガイド
  • 現地のレストラン予約代行
  • 空港送迎
  • フランス語の通訳
個人対個人のやり取りになるため、団体ツアーよりも金額が上がりますが、自分好みの内容にカスタマイズすることができます。

「ロコタビ(旧トラベロコ)」のメリットや評判、利用料金や対応エリア、注意点などを解説!

2019年1月31日

フランス「パリ」から「リヨン」への行き方まとめ

「パリ」から「飛行機」や「TGV(高速鉄道)」を利用して、「リヨン」へアクセスできます。

フランス「リヨン」には「サンジャン大聖堂」や「ベルクール広場」をはじめ、魅力的なスポットが沢山あります。

「リヨン」の観光名所は徒歩でまわれるところが多く、初めての方にも安心です。

「リヨン」近郊にも人気の観光スポットがあり、「ペルージュ」や「オワン」などへ日帰りで行くことができます。

下記の記事では、フランス「リヨン」でおすすめの夜景スポットを紹介しています。

【フランス】リヨンでおすすめの夜景スポットを紹介!見どころや、夜の治安についても解説~

2019年12月15日