「スペイン旅行の費用」日本からバルセロナの旅費について解説!4泊6日で掛かった旅行費用の内訳を紹介

スペインの世界遺産「サンパウ病院」

「サグラダファミリア」や「アルハンブラ宮殿」をはじめ、魅力的な観光名所が多い「スペイン」。

コロナ終息後、「スペイン」旅行を計画している方もいらっしゃるかと思います。

こちらの記事では、日本からスペイン「バルセロナ」へ行く際の旅費について解説しています。

4泊6日で「バルセロナ」へ行きましたが、その時にかかった「航空券」「ポケットWiFi」「ホテル」「食費」「交通費」「観光」など、旅行費用を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「スペイン」バルセロナ旅行の費用

2018年2月に、4泊6日で「バルセロナ」へ行きました。その時に掛かった旅行費用の詳細を紹介していきます。

冬のシーズンだった為、「航空券」や「ホテル代」などは少し抑えられたと思います。夏のシーズンは、少し値段が上がります。

日本から「バルセロナ」の航空券費用

日本から「バルセロナ」の直行便が無いため、「ドバイ」を経由して行きました。

航空会社は「エミレーツ」を利用して、往復で約12万円でした。(全てエコノミークラス)

ちなみに日本から「バルセロナ」へ行く場合、「マドリード」を経由して「バルセロナ」へ移動するケースや、ヨーロッパの国で乗り継いでアクセスするケースなどがあります。

「ポケットWiFi」の費用

「ポケットWiFi」は、評判が良かった「グローバルWiFi」を利用しました。レンタル期間は6日間で、約9,500円でした。

「バルセロナ」での通信も安定していて、ネット接続もスムーズでした。

「ポケットWiFi」のサイズが少し気になるものの、私の場合は毎回「グローバルWiFi」を使っています。

「バルセロナ」の宿泊費

「バルセロナ」での宿泊ですが、一つのホテルで4泊しました。ホテル費用は約38,000円でした。

「サグラダファミリア」をメインに観光計画を立てていたため、すぐ近くの「ブティック オステンプロ サグラダ ファミリア」というホテルに宿泊しました。

「バルセロナ」のホテル代は高めですが、「ブティック オステンプロ サグラダ ファミリア」はコスパの良いホテルでした。

一つネックだったのは、市内中心部から少し距離がある点です。

「バルセロナ」での食費

「バルセロナ」での食費ですが、約40,000円でした。

現地の「カフェ」や「レストラン」、「ファーストフード」などを頻繁に利用しました。

「バルセロナ」の物価は、東京と同じくらいです。(場所によっては、少し高めな印象)

スペイン料理「パエリア」

下記の記事では、「バルセロナ」のおしゃれスポット「グラシア通り」について解説しています。

スペイン「バルセロナ」にあるオシャレ通り「グラシア通り」

「バルセロナ」のグラシア通りにある「ガウディ建築」を紹介!スペインで人気の世界遺産

2020年5月13日

「バルセロナ」での交通費

「バルセロナ」滞在中にかかった交通費ですが、約7,000円でした。

「バルセロナ」では、「地下鉄」「バス」「タクシー」などの移動手段があります。

多くの観光スポットには徒歩でアクセスできますが、下記スポットなどは移動手段が必要です。(ほんの一例です)

  • 「サグラダファミリア」
  • 「グエル公園」
  • カサビセンス
  • 「ミロ美術館
「バルセロナ」で地下鉄を利用する際、「すり」に注意が必要です。

「グエル公園」の見どころについては、下記の記事が参考になります。

スペイン「バルセロナ」にある、「グエル公園」の風景

バルセロナ「グエル公園」の見どころや行き方について解説!ガウディの魅力が詰まったスペイン世界遺産

2019年5月24日

「バルセロナ」観光の費用

「バルセロナ」といえば「ガウディ建築」や「美術館」などが有名で、それぞれ「入場料」が必要となります。

主要観光スポットの入場料は、下記の表を参考にしてください。

観光名所 入場料(ユーロ)
サグラダファミリア 33ユーロ
カサバトリョ 35ユーロ
カサミラ 25ユーロ
グエル公園 10ユーロ
ピカソ美術館 17ユーロ
ミロ美術館 13ユーロ
カタルーニャ音楽堂 18ユーロ
サンパウ病院 19ユーロ
「カサビセンス」や「グエル邸」など、上記以外にも注目のスポットがいくつもあります。

私の場合、様々な観光名所を訪れたため、4日間での観光費用が約28,000円でした。

「ガウディ建築」は人気の観光名所で、現地はとても混雑します。スムーズに入場するなら、チケットの事前予約がおすすめです。

「バルセロナ」旅費の合計金額

「バルセロナ」旅行で掛かった旅費の合計は、4泊6日で242,500円でした。

一人旅行の場合の旅費となります。参考程度に見ていただけると幸いです。

旅行費用の内訳 費用
航空券 120,000円
ポケットWiFi 9,500円
ホテル 38,000円
食事 40,000円
交通 7,000円
観光 28,000円
私の場合は「エミレーツ航空」を利用しましたが、「格安航空券」を探すことで「航空券」の所はもう少し下げられると思います。

スペイン「バルセロナ」の治安情報

「バルセロナ」の治安は年々悪化傾向で、特に注意が必要なのが「すり」や「置き引き」です。

在バルセロナ日本国総領事館」の情報によると、2019年には444件の邦人被害が発生しています。

犯罪手口の内訳で見ると、「すり」や「置き引き」による被害が約7割を占めている状況。

犯罪が起こりやすい場所としては、下記などがあります。

  • 混雑する観光名所
  • 「駅」や地下鉄内
  • 「ホテル」のロビー
  • 「カフェ」や「レストラン」
  • 路上
土地勘のない観光客は、狙われやすくなります。対策を万全にし、警戒感を出すことが重要です。

下記の記事では、「スペイン」で治安の良い街を紹介しています。

南スペインの白い村「フリヒリアナ」

「スペイン」治安いいところや安全な都市について解説!スペイン旅行の注意点や気をつけることも紹介

2022年3月18日

簡単にできる「すり」対策

「スペイン」は、「すり」や「置き引き」の多い国。「バルセロナ」を観光する際、万全の「すり」対策が必要です。

簡単にできる対策には、下記などがあります。

  • 現金を持たない(クレジットカードを使う)
  • ポケットに「財布」を入れない
  • 荷物は目の届く位置で持つ
隙を作らない事が重要です。ヨーロッパでは、アジア人というだけで目立ちます。観光客は狙われやすい存在ですので、注意しましょう。

スペインでは「クレジットカード」の利用がおすすめ

「すり」の多い「バルセロナ」では、クレジットカードの利用が便利です。

「バルセロナ」は大都市で、様々な場所でクレジットカードが利用できます。

「エポスカード」のような海外旅行保険が自動付帯されるクレジットカードがベストで、万が一の備えにもなります。

ちなみに「エポスカード」は年会費無料で、「最短即日発行」可能なクレジットカード。大手企業が発行するカードなので安心感があります。

「バルセロナ」でおすすめの観光名所

「バルセロナ」には多くの観光名所がありますが、特におすすめなのが下記6つのスポットです。

  1. 一度は観ておきたい「サグラダファミリア
  2. 波打つ外壁が特徴「カサミラ」
  3. 曲線美が特徴「カサバトリョ」
  4. 見どころ満載「グエル公園」
  5. モデルニスモ建築が並ぶ「グラシア通り」
  6. 中世の雰囲気漂う「ゴシック地区」
より多くの観光スポットをまわるなら、現地ツアーの利用が便利です。

中世の雰囲気漂う「ゴシック地区」

ゴシック地区」は古い建物や老舗の店舗などがある、「バルセロナ」の歴史地区

ゴシック様式の「市庁舎」や「カテドラル」をはじめ、スペインの食文化が楽しめる「サンタ カテリーナ市場」など、多くの見どころがあります。

下記の写真は「ビズベ橋」で、旧市街の注目スポットになります。

「バルセロナ」のゴシック地区にある「ビズベ橋」

モデルニスモ建築が並ぶ「グラシア通り」

「グラシア通り」は、「バルセロナ」のおしゃれスポット。

2つの世界遺産や「ハイブランドショップ」、そして「モデルニスモ建築」が並ぶ大通りです。

下記の写真はガウディ建築の「カサミラ」で、波打つ外壁が特徴の集合住宅です。

建物内部の「吹き抜け」部分や、エレガントな雰囲気の「内装デザイン」、屋上にある「奇妙な煙突」など、様々な見どころがあります。

バルセロナの世界遺産「カサミラ」

下記の写真は「カサ アマトリェール」で、三角屋根が特徴の建築。

可愛らしい雰囲気の外観や、種類豊富な「ガラスコレクション」、そして様々な「芸術作品」などは見るものを魅了します。

スペイン「バルセロナ」の世界遺産「カサバトリョ」

一度は観ておきたい「サグラダファミリア」

「サグラダファミリア」は「バルセロナ」でトップクラスの人気を誇る観光名所で、現在も建設が続いています。

聖堂外観はとても見応えがあり、「イエス キリスト」の誕生から幼少期を表した「生誕のファサード」や、「最後の晩餐」から亡くなるまでを表した「受難のファサード」などは、ゆっくりと時間をかけて鑑賞するのがおすすめです。

スペイン「バルセロナ」の世界遺産「サグラダファミリア大聖堂」

「サグラダファミリア」の内部も魅力的で、ファサードの「ステンドグラス」や「らせん階段」、そして市内の景色を一望できる「塔」など、多くの見どころがあります。

「サグラダファミリア」の美しいステンドグラス


「バルセロナ」でおすすめのホテル

スペイン「バルセロナ」で宿泊するなら、観光に便利な「カタルーニャ広場」「グラシア通り」「ランブラス通り」周辺のホテルがおすすめです。

バルセロナ中心部の宿泊施設「オリビア プラザ ホテル」

「オリビア プラザ ホテル」は、バルセロナの中心部「カタルーニャ広場」近くにある宿泊施設です。

「空港バス」の停留所からすぐの所にホテルがあるため、大きな荷物を持っての移動もスムーズです。

また、「ランブラス通り」や「カタルーニャ音楽堂」などが徒歩圏内にあり、市内観光もしやすいホテルです。

客室はスタイリッシュで、内装やインテリアにもこだわりが感じられます。

好立地のホテル「ロイヤル ランブラス」

「ロイヤル ランブラス」は、賑やかな「ランブラス通り」にある宿泊施設です。

立地の良いホテルで、旧市街や「グラシア通り」、そして海沿いの「バルセロネータ」などが徒歩圏内にあります。

客室はモダンで、華やかな雰囲気の内装デザイン。スタッフの対応が良いと評判です。

ロケーション最高のホテル「コンデス デ バルセロナ」

「コンデス デ バルセロナ」は、おしゃれスポットで知られる「グラシア通り」沿いにある宿泊施設です。

通り沿いには2つの世界遺産があり、「カサミラ」と「カサバトリョ」観光を存分に楽しむことができます。(ホテルのすぐ近くにあります)

客室はエレガントで、高級感のある雰囲気。スペースも広く、ゆっくりと過ごせる施設です。

「バルセロナ旅行」のお役立ち情報

ここからは、「バルセロナ旅行」のお役立ち情報を紹介していきます。

「バルセロナ空港」から市内への行き方

「バルセロナ空港」から市内までは、少し距離があります。一般的には「地下鉄」や「タクシー」、「バス」などを使って移動する流れになります。

最も早いのが「タクシー」で、約30分で市内中心部までアクセスできます。

最も安く移動できるのが「地下鉄」ですが、バルセロナの地下鉄は「すり」が多く、あまりおすすめできません…。

安全に安く移動するなら、「バス」の利用がおすすめです。

「バス」での移動時間は約35分で、料金は5.9ユーロになります。チケットは「Aerobus」の公式サイトから予約できます。

「バス」のチケットを購入するなら、往復チケットがおすすめです。往復料金は10.2ユーロで、1.6ユーロお得になります。

「バルセロナ」で使われる通貨

「バルセロナ」で使われる通貨はユーロで、1ユーロ=136.92円になります。(2022年5月3日時点)

観光で使いやすい紙幣は「5ユーロ」「10ユーロ」「20ユーロ」になります。

「バルセロナ」では様々な場所でクレジットカードが使えるため、カード利用がおすすめです。

「バルセロナ旅行」のおすすめ日数

「ガウディ建築」や世界遺産など、「バルセロナ」には多くの見どころがあります。

おすすめの観光日数は「3日」で、「バルセロナ」の主要な観光名所を一通りまわることができます。(移動日数は含めていません)

近郊エリアも含めて観光を楽しみたい場合、1〜2日プラスする事で、余裕を持った観光計画を立てられます。

下記の記事では、「バルセロナ観光」のモデルコースを紹介しています。これから「バルセロナ」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

「バルセロナ」にある「グエル公園」

スペイン「バルセロナ観光」に必要な日数って何日?バルセロナのモデルコースを紹介~

2019年11月24日

「バルセロナ旅行」の持ち物

「バルセロナ」へ行く際、必要な持ち物がいくつかあります。

「パスポート」や「現地通貨」、「変圧器」や「電源プラグ」などは必要になります。

また、「バルセロナ」は日差しが強いところで、「サングラス」や「紫外線対策」なども必要です。(乾燥対策なども含め)

「バルセロナ」はスペイン第二の都市で、市内には多くの見どころがあります。現地の情報などを「スマホ」でチェックする機会も多くなるため、小型の「モバイルバッテリー」や「ポケットWiFi」があると便利です。

「スペイン」バルセロナ旅行の費用まとめ

2018年の2月に「バルセロナ」へ行きましたが、旅行費用は4泊6日で242,500円でした。

夏のシーズンにも「バルセロナ」へ行ったことがありますが、「航空券」や「宿泊費」が少し上がっていました。

旅行費用を安く抑えるなら、冬のシーズンがおすすめです。

下記の記事では、日本から「スペイン」への行き方について解説しています。

南スペインの白い村「フリヒリアナ」の風景

日本からスペインへの行き方を紹介!直行便での移動時間&飛行機の乗り継ぎ候補地について解説

2020年3月25日