日本から「スペイン」への行き方を紹介!直行便での飛行時間、乗り継ぎ便の候補地について解説~

スペイン「アンダルシア地方」にある白い村「フリヒリアナ」

情熱の国「スペイン」では40を超える世界遺産や、ガウディをはじめとした「モデルニスモ建築」、本場の「フラメンコショー」など、多くの見どころがあります。

「スペイン」では首都の「マドリード」や「バルセロナ」が注目されがちですが、イスラムの雰囲気あふれる「アンダルシア地方」も魅力的なスポットが多く、見逃せません。

コチラの記事では、日本から「スペイン」への行き方について解説しています。

直行便は「成田空港」から出ていて、約14時間10分で「マドリード」へアクセスできます。乗り継ぎ便を利用する場合、アジア(香港)、中東(ドバイ、カタール)、ヨーロッパ(オーストリア、スイスなど)を経由してアクセスする形になります。

「スペイン」の場所

「スペイン」は「フランス」と「ポルトガル」の間にある国で、首都は「マドリード」になります。

ガウディ建築で有名な「バルセロナ」や、イスラムの雰囲気漂う「アンダルシア地方」、聖地への巡礼道で有名な「スペイン北部」など、様々な見どころがあります。

日本と「スペイン」の時差

日本とスペインの時差は8時間になります。

日本からの直行便

日本からスペインへの直行便は「イベリア航空」のみで、「成田空港」から約14時間10分で「マドリード」へアクセスできます。

直行便はとても便利ですが、料金が高くなる傾向があります。

航空券の料金を安く抑えるなら、アジア(香港)、中東(ドバイ、カタール)、ヨーロッパ(オーストリア、スイスなど)を経由して、「スペイン」へ行かれるのがおすすめです。

日本から「スペイン」への行き方

ここからは、日本から「スペイン」人気都市への行き方について紹介していきます。

日本から「マドリード」への行き方

日本から「マドリード」への行き方ですが、「直行便」もしくは他の国を経由してアクセスできます。

直行便の場合は、「成田空港」から「イベリア航空」を利用する形になります。

乗り継ぎ便の場合はアジア(香港)、中東(ドバイ、カタール)、ヨーロッパ(オーストリア、スイスなど)を経由して、「マドリード」へアクセスする流れになります。

日本から「マドリード」行きのフライト予約なら、海外格安航空券予約サイト「skyticket.jp」がおすすめです。

日本から「バルセロナ」への行き方

日本から「バルセロナ」への行き方ですが、直行便が無いため、スペイン国内、もしくは中東(ドバイ、カタール)、ヨーロッパ(オーストリア、ドイツなど)を経由してアクセスする形になります。

過去に2回「バルセロナ」へ行きましたが、私の場合は「ドバイ」を経由しました。「ドバイ」での乗り継ぎ時間が5時間あれば、短時間の「ドバイ」観光も可能です。

日本から「バルセロナ」行きのフライト予約なら、海外格安航空券予約サイト「skyticket.jp」がおすすめです。

スペイン「バルセロナ」にある世界遺産「カサミラ」

成田から「バルセロナ」への行き方について解説!直行便や移動時間などを紹介~

2020年5月10日
スペイン「バルセロナ」にある、「サグラダファミリア」の館内

日本から「バルセロナ」への行き方を紹介!気になる直行便、おすすめの経由先、飛行機での移動時間について解説~

2020年3月1日

日本から「アンダルシア地方」への行き方

日本から「アンダルシア地方」への行き方ですが、直行便が無いため、スペイン国内からアクセスする形になります。

「マドリード」や「バルセロナ」から、「飛行機」や「電車(Ave)」、「バス」を利用して行くことができます。

2018年7月に「アンダルシア地方」へ行きましたが、私の場合は「グラナダ」を拠点にして「セビリア」「マラガ」「コルドバ」を日帰り観光しました。「グラナダ」は「マドリード」や「バルセロナ」からアクセスしやすく、「アンダルシア地方」の各都市にも行きやすい特徴があります。
「グラナダ」ダロ川周辺の風景

「スペイン旅行」マドリードからグラナダへの行き方を紹介!「飛行機」を利用して日帰り観光も可能~

2020年3月7日

「バルセロナ」から「グラナダ」への行き方について解説!アンダルシア地方の中心都市を観光~

2019年12月20日

スペインで人気の観光地

「スペイン」には数多くの観光名所がありますが、特に人気なのが「マドリード」「バルセロナ」「グラナダ」「マラガ」になります。

スペインの地図

ここからは、それぞれの特徴や見どころについて紹介していきます。

スペインの首都「マドリード」

「マドリード」といえば煌びやかな雰囲気の「王宮」や、数多くの名画が展示される「プラド美術館」などが有名です。

また、「マドリード」近郊にも魅力的なスポットが多く、旧市街が世界遺産に登録されている「トレド」、断崖絶壁の上に造られた「クエンカ」などは必見です。

「マドリード」のポイント
  • 煌びやかな雰囲気の「王宮」
  • スペイン3大画家の名画が並ぶ「プラド美術館」
  • 「トレド」旧市街は一見の価値あり

ガウディ建築で知られる「バルセロナ」

「バルセロナ」はスペイン第二の都市で、「サグラダファミリア」や「カサバトリョ」などのガウディ建築をはじめ、「ピカソ」や「ミロ」美術館、中世時代の雰囲気漂う「ゴシック地区」など、魅力的なスポットが沢山あります。

「バルセロナ」の見どころ
  • ガウディ建築巡り
  • 世界遺産巡り(サンパウ病院、カタルーニャ音楽堂)
  • 中世時代の雰囲気を味わえる(ゴシック地区)
  • サッカー観戦(カンプノウ)
スペイン「バルセロナ」にある世界遺産「カサミラ」

スペイン「バルセロナ」の観光スポットを紹介!おすすめの観光名所を7つピックアップ~

2020年3月22日

イスラムの雰囲気漂う「グラナダ」

「グラナダ」はアンダルシア州にある都市で、イスラム文化の影響を強く受けた地域。

イスラム建築の最高傑作と呼ばれる「アルハンブラ宮殿」、歴史地区「アルバイシン」などは見応えがあり、「アンダルシア地方」でも人気の観光名所になっています。

「グラナダ」の見どころ
  • イスラム建築の最高傑作「アルハンブラ宮殿」
  • イスラムの雰囲気あふれる「アルバイシン地区」
  • 洞窟タブラオの「フラメンコショー」
  • 地元の人達で賑わう「バル巡り」
スペイン「アルハンブラ宮殿」の庭園風景

スペイン「グラナダ」の観光スポットを紹介!おすすめの名所を8つピックアップ~

2020年3月18日

白い建物が広がる「マラガ」

「マラガ」は「アンダルシア州」にある都市で、地中海に面したリゾート地です。(コスタ デル ソルと呼ばれています)

「マラガ」では「ミハス」や「フリヒリアナ」をはじめとした白い村が有名で、スペイン南部ならではの素朴な雰囲気を楽しめます。

「マラガ」の見どころ
  • 地中海のキレイな海
  • 素朴な雰囲気の白い村

アンダルシアでおすすめのビーチ『ネルハ』を紹介!現地ツアーや治安情報についても解説~

2019年4月2日

「スペイン」の基本情報

ここからは、「スペイン」の基本情報について解説していきます。

スペインの治安

「スペイン」の治安ですが、他のヨーロッパの国よりも安定しています。

ただ、「スリ」や「置き引き」には注意が必要で、地下鉄やバス、人気の観光地などは混雑するため、「スリ」に遭う可能性が高まります。

日本と同じような感覚で過ごすと「スリ」に狙われやすくなるため、万全の準備が必要です。

スペインにある日本国大使館の場所・連絡先を紹介!パスポートの紛失・盗難に遭った場合の対応について解説~

2019年8月10日

簡単にできるスリ対策

簡単にできるスリ対策としては、下記などがあります。

  • ブランド品や高級時計などは身につけない
  • ポケットにスマホや貴重品を入れない
  • 新しいものを身につけない(洋服、靴など)
  • バックは中身が見えないものを持つ
  • 周囲をキョロキョロしない
観光客っぽさを出さないことが、スリ対策に繋がります。現地に住むアジア人のような雰囲気を作り出せると、狙われ難くなります。

バルセロナ観光でのスリ対策を7つ紹介!初心者の方におすすめ~

2019年3月6日

スペインの通貨

「スペイン」で使われる通貨は「ユーロ」で、1ユーロ=118円になります。(2020年3月23日時点)

紙幣は5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロなどがあります。

硬貨は2ユーロ、1ユーロ、50セント、20セント、10セント、5セント、2セント、1セントなどがあります。

観光の際に使いやすい紙幣としては、「5ユーロ」「10ユーロ」「20ユーロ」になります。

スリの多いスペインでは、「クレジットカード」の利用がおすすめ

「マドリード」や「バルセロナ」をはじめ、観光地化されたような地域では、クレジットカードが利用できます。

「スリ」の多い「スペイン」では、多額の現金を持ち歩くのは非常に危険です。

現金は少額程度を持ち歩き、メインの支払いに「クレジットカード」を利用するのが安全です。

「スペイン」でおすすめのクレジットカードとしては、「エポスカード」や「Booking.comカード」があります。

年会費無料で海外旅行保険付きの「エポスカード」

「エポスカード」は年会費無料で発行できるクレジットカードで、海外に強い「Visa」付きのカードになります。

カードの受け取り先をデパートの「マルイ」にすることで、申し込みから即日でカード発行可能となります。

また、「エポスカード」には携行品補償も付いているため、スマホやデジカメなどが壊れたり、盗まれた場合に最大20万円まで補償されます。(1個あたり10万円限度)

海外旅行保険が自動で付帯されるため、万が一の場合にも安心できます。

ホテル代が最大16%オフになる「Booking.comカード」

「Booking.comカード」は、ホテル予約サイト「Booking.com」が発行しているクレジットカードで、指定条件をクリアした場合にホテル代が最大16%オフになります。

最大16%オフの特典を受ける手順ですが、下記になります。

  1. 「Booking.comカード」を申し込む(無料)
  2. カード発行後、「Genius」を申し込む(無料)
  3. Vpass」経由でBooking.comへアクセスする
  4. 「Genius」のマークが付いているホテルを予約
「Genius」会員になってから、「Vpass」へログインする必要があります。「Genius」会員になる事で、ホテル代が10%オフになります。また、Booking.comのサイトで「Booking.comカード」を利用する事で5%還元、カード自体の利用で1%還元という内訳になります。

Booking.comカードのメリットやデメリット、Genius特典の詳細や利用イメージについて解説

2019年1月3日

スペインでは「シエスタ」に注意

「スペイン」では「シエスタ」という、日本にはない習慣があります。

「シエスタ」とはお昼休憩のことで、14時~16時まで長めの休憩を取ります。(大体の目安時間)

「シエスタ」の時間帯はお店が閉まっていますので、注意が必要です。(開いているお店もたまにあります)

気になるお店を見つけたら、午前中もしくは夕方に訪れるのがおすすめです。

スペインの「電圧」と「コンセント」

「スペイン」のコンセントは「Cプラグ」で、電圧も日本とは異なり220Vとなります。

「スペイン」旅行の日程が決まったら、「変圧器」と「プラグ」を準備しましょう。

日本 スペイン
電圧 100V 220V
周波数 50/60Hz 50Hz
プラグ A C

『バルセロナ旅行の持ち物』これだけは必ず持って行った方がいいものを紹介!

2019年2月25日

日本から「スペイン」への行き方まとめ

日本から「スペイン」への行き方を紹介しましたが、時間を優先するなら直行便の「イベリア航空」がおすすめです。

航空券を安く抑えるなら、中東の「ドバイ」や「カタール」、ヨーロッパの「オーストリア」や「ドイツ」などを経由して、「スペイン」へ行かれるのがベストです。

日本から「ドバイ」を経由して「スペイン」へ行く場合、飛行機の乗り継ぎ時間を使って、短時間での「ドバイ」観光も可能です。







注目の記事