「スペイン旅行」の安い時期について解説!飛行機料金が安くなるタイミングなどを紹介

スペイン「バルセロナ」

40を超える世界遺産や、「サグラダファミリア」をはじめとしたガウディ建築など、「スペイン」には魅力的な観光スポットが沢山あります。

こちらの記事では、「スペイン旅行」の安い時期について解説しています。

ヨーロッパへ行くなら冬のシーズンが狙い目で、1月〜2月頃は航空券も安くなります。日本から「スペイン」へのアクセス方法や、おすすめの都市なども含めて詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「スペイン旅行」安い時期

「スペイン旅行」に安く行ける時期としては、1月〜2月になります。

この時期は「航空券」がもっとも安い時期で、格安航空券を見つけることで「スペイン旅行」の費用を安く抑える事ができます。

「スペイン」行き航空券の平均が約12万円となりますが、1月〜2月頃は9万円台まで下がる傾向にあります。(過去のケース)

冬のシーズンは観光客もそれほど多くなく、快適に「スペイン旅行」を楽しむことができます。

私自身、2月の時期に「バルセロナ」へ行った事があるのですが、東京よりも暖かく、日中は観光しやすい気温でした。(朝晩は冷えますが…)

下記の記事では、「バルセロナ旅行」の費用について解説しています。2018年2月に、4泊6日で「バルセロナ」へ行った時の旅費内訳を紹介しています。

スペインの世界遺産「サンパウ病院」

「スペイン旅行の費用」日本からバルセロナの旅費について解説!4泊6日で掛かった旅行費用の内訳を紹介

2022年3月16日

日本から「スペイン」への行き方

日本から「スペイン」への行き方ですが、「成田空港」から「マドリード」行きの直行便に乗る、もしくは「ヨーロッパ」や「中東」を経由して、「スペイン」へアクセスする流れになります。

直行便の場合は約14時間10分で、首都の「マドリード」まで行くことができますが、航空券は少し高くなります。

「ヨーロッパ」や「中東」を経由する場合、移動時間が長くなるものの、直行便よりも航空券が安くなります。

「コロナ」の影響で、直行便の運行スケジュールが変更となるケースもあります。最初情報は、「イベリア航空」の公式ページから確認できます。

日本から「スペイン」行きの格安航空券を探すなら、「スカイスキャナー」の利用がとても便利。簡単検索で、最も安い航空券を一括比較できます。

「スペイン旅行」おすすめの都市

「スペイン」には49件の世界遺産があり、国内各地に見どころがあります。(2022年3月時点)

「スペイン旅行」へ行くなら「バルセロナ」がおすすめで、下記のような特徴があります。

  • ヨーロッパの中では治安が良い
  • 「スペイン」の中でも特に見どころが多い
  • 街並みが綺麗
  • 人が親切(マドリードは東京、バルセロナは大阪のようなイメージ)
  • 近郊エリアにも見どころが多い
  • 徒歩で周れる観光スポットが多い
「バルセロナ」の観光名所は市内中心部に集中していて、徒歩でアクセスできる事から観光しやすい特徴があります。初めての方にも分かりやすい都市になります。



スペイン旅行なら「バルセロナ」がおすすめ

ここからは、「バルセロナ」でおすすめの観光スポットを3つ紹介していきます。

世界遺産「サグラダファミリア」

「バルセロナ」には多くのガウディ建築があり、人気の観光スポットになっています。

特に注目を集めているのが「サグラダファミリア」で、現在も建設が続いています。

キリストの生誕から最後までを表した数々の彫刻や、色鮮やかなステンドグラス、貝のような「らせん階段」など、聖堂には様々な見どころがあります。

スペイン「バルセロナ」の世界遺産「サグラダファミリア大聖堂」

「サグラダファミリア」の内部鑑賞を楽しむなら、チケットの事前予約がおすすめです。(現地の窓口は混雑します…)

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、日本語オーディオガイド付きチケットを予約できます。

おしゃれスポット「グラシア通り」

グラシア通り」はエシャンプラ地区にあるスポットで、「バルセロナ」のおしゃれストリート。

2つのガウディ建築(カサミラ、カサバトリョ)をはじめ、三角屋根が特徴の「カサ アマトリェール」など、様々なモデルニスモ建築を楽しめる場所です。

スペイン「バルセロナ」の世界遺産「カサバトリョ」

バルセロナ中心部にある「ランブラス通り」

ランブラス通り」はバルセロナの中心部にあるスポットで、大勢の人達で賑わう場所。

新鮮な食材が並ぶ「ボケリア市場」や「カナレタスの泉」、地面に描かれた「ミロのモザイク床」など、見どころが沢山あります。

「バルセロナ」の人気スポット「ボケリア市場」

世界遺産「カタルーニャ音楽堂」

カタルーニャ音楽堂」はバルセロナの中心部にあるスポットで、人気の観光名所。

建築家「モンタネール」が手掛けた作品で、建物外観の彫刻、「モザイクタイル」の柱、「ステンドグラス」のシャンデリアなど、見どころがたくさんあります。

「カタルーニャ音楽堂」の入場料は18ユーロで、現地窓口や現地ツアーサイトからチケット予約できます。

「バルセロナ」の世界遺産「カタルーニャ音楽堂」

スペイン「バルセロナ」の場所

「バルセロナ」はスペインで2番目に大きな都市で、地中海沿いに位置しています。

「サグラダファミリア」や「カサミラ」をはじめとしたガウディ建築や、「カタルーニャ音楽堂」などのモンタネール建築など、個性的な建築風景を存分に楽しめる場所です。

観光に便利なホテルエリアとしては、市内中心部にある「カタルーニャ広場」「ランブラス通り」「グラシア通り」周辺になります。



Booking.com

最大の見どころとなる「サグラダファミリア」は、中心部から少し離れた場所にあります。
バルセロナにある「カサ アマトリェール」

スペイン「バルセロナ」で宿泊するならどのエリアがおすすめ?人気のホテル地区を紹介

2022年3月12日

「バルセロナ空港」から市内へのアクセス

「バルセロナ空港」から市内中心部までは、少し距離があります。空港からの交通手段には「地下鉄」や「タクシー」、「バス」などがあります。

移動時間や料金目安については、下記の表を参考にしてください。

移動手段 移動時間 片道料金
タクシー 約30分 40ユーロ
地下鉄 約45分 4.5ユーロ
バス 約35分 5.9ユーロ
「バルセロナ」の地下鉄は、「すり」の多い場所です。安全に移動するなら、「バス」の利用がおすすめです。

「バルセロナ空港」から市内アクセスについては、下記の記事が参考になります。

バルセロナの世界遺産「サグラダファミリア」

スペイン「バルセロナ空港」から市内への行き方を紹介!空港バスで「カタルーニャ広場」へアクセス

2019年1月3日

「バルセロナ」中心部にあるおすすめホテル

ここからは「バルセロナ」の中心部にある、おすすめのホテルを紹介していきます。

「バルセロナ空港」からのアクセスや、市内観光もしやすい人気の宿泊施設です。

空港アクセスに便利なホテル「ルーム メイト パウ」

「ルーム メイト パウ」はバルセロナの中心、「カタルーニャ広場」近くにある宿泊施設です。

「空港アクセス」や「市内観光」に便利なホテルで、多くの観光名所が徒歩圏内にあります。(グラシア通り、ランブラス通り、ゴシック地区など)

客室はスタイリッシュで、おしゃれな雰囲気の内装。

サグラダファミリア近くのホテル「ユーロスターズ モヌメンタル」

「ユーロスターズ モヌメンタル」は、アシャンプラ地区にある宿泊施設です。

立地最高の宿泊施設で、ホテルから「サグラダファミリア」を見ることができます。

日中も夜も「サグラダファミリア」観光を楽しみたい方におすすめのホテルです。

客室はモダンで、部屋のスペースが広々としています。また部屋の設備も充実しています。

歴史ある建築を利用「ホテル グランヴィア」

「ホテル グランヴィア」は、バルセロナの市内中心部にある宿泊施設です。

ホテル周辺に、ブランドショップが並ぶ「グラシア通り」があり、買い物にとても便利。また、「カサミラ」や「カサバトリョ」観光も、ゆっくりと楽しめます。

19世紀の建物を利用したホテルで、「館内」や「客室」は高級感のある造りになっています。

観光客で賑わうエリア「ホテル コンチネンタル バルセロナ」

「ホテル コンチネンタル バルセロナ」は、観光客で賑わう「ランブラス通り」にある宿泊施設です。

「カタルーニャ広場」から歩いて行ける距離にあるため、空港からのアクセスにとても便利。

また、ホテル近くに「スーパーマーケット」や「ボケリア市場」などもあるため、ちょっとした買い物もスムーズです。

客室はモダンで、部屋のスペースが広々としています。

「スペイン旅行」基本情報

現地の治安や通貨など、「スペイン旅行」に役立つ情報を紹介していきます。

「スペイン」の治安

「スペイン」では、「すり」や「置き引き」による被害が多発しています。

「バルセロナ」のあるカタルーニャ地方では、2019年に444件の邦人被害が報告されています。(在バルセロナ日本国総領事館の情報)

被害件数のうち、約7割は「すり」による手口となります。

「すり」が発生しやすい場所ですが、地下鉄駅や車内、「レストラン」などの店舗、混雑する観光スポットなどがあります。

上記スポットへ行く場合、万全の「すり」対策が必要となります。

現金の持ち歩きを控える(カードを使う)、バッグは目の届く範囲で持つ、高価なものは身につけない、などの対策が効果的です。

下記の記事では、「スペイン」で治安の良い都市を紹介しています。

南スペインの白い村「フリヒリアナ」

「スペイン」治安いいところや安全な都市について解説!スペイン旅行の注意点や気をつけることも紹介

2022年3月18日

「すり」の多いスペインでは「クレジットカード」の利用がおすすめ

「スペイン」は「すり」の多い国で、多額の現金を持ち歩くのはとても危険です。(仮に、現地で盗まれた際のダメージも大きくなります)

市内の様々な場所で「クレジットカード」が使えますので、カード決済をメインにする事でリスクを軽減できます。

海外旅行保険が付いているカードが特におすすめで、何かあっても安心できます。

ちなみに「エポスカード」は年会費無料で発行できる「クレジットカード」で、海外旅行保険も自動付帯です。(Visa付きのカードを発行した場合)

デパートの丸井でカードを受け取る事で、即日発行も可能です。

「スペイン」で使われる通貨

「スペイン」の通貨はユーロで、1ユーロ=141.11になります。(2022年6月10日時点)

日本国内、もしくは現地で両替可能です。

「スペイン旅行」で使いやすい紙幣が「5ユーロ」「10ユーロ」「20ユーロ」になります。

外貨両替の際に「50ユーロ」を渡されるケースもありますが、その場で細かい紙幣に変えるのがスムーズです。

「スペイン観光」必要な日数

「バルセロナ」にはガウディ建築をはじめ、数多くの見どころがあります。

より多くの観光スポットをまわるなら、「3日」は必要となります。(移動日は含めていません)

3日あれば、「バルセロナ」の主要な観光スポットを一通りまわることができます。

「タラゴナ」や「モンセラート」などの近郊エリアにも行く場合、もう1日必要となります。

下記の記事では、「バルセロナ観光」のモデルコースを紹介しています。

「バルセロナ」にある「グエル公園」

スペイン「バルセロナ観光」に必要な日数って何日?バルセロナのモデルコースを紹介~

2019年11月24日

「スペイン旅行」安い時期まとめ

「スペイン旅行」の費用を安く抑えるなら、冬のシーズンがおすすめです。

「バルセロナ」行き航空券の平均が約12万円となりますが、1月〜2月頃は9万円台まで下がる傾向にあります。(過去のケース)

「バルセロナ」は比較的温暖な気候で、1月〜2月でも日中は過ごしやすい気温です。