ドバイの旅費っていくらかかるの?ドバイ旅行の費用(航空券、ホテル、現地移動費)について解説~

夕方ごろの「ドバイアイ」風景

世界一プロジェクトの開発が進むドバイには、「ブルジュハリファ」や「ドバイフレーム」をはじめ、様々な見どころがあります。

日本からの観光客も年々増加傾向で、2019年には約11万人の日本人旅行客が「ドバイ」を訪れました。(ドバイ政府観光・商務局 調べ)

こちらの記事では、ドバイの旅費について解説しています。

「航空券」や「ホテル」、観光に関わる「入場料」や「移動費」の目安について詳しく紹介しています。これから「ドバイ」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】

ドバイの旅費について

「ドバイ」の物価は日本よりも少し高く、宿泊するエリアによって「ホテル代」や「食費」などが大幅に変わってきます。

また、日本からの「移動」や「滞在期間」、「入場する施設」や「現地ツアー」の利用など、ドバイでの過ごし方によって旅費の部分が決まってきます。

過去にドバイへ行った時にかかった、旅費の内訳を紹介

2019年2月と4月、2020年2月に「ドバイ」へ行きましたが、その時にかかった旅費の内訳を紹介していきます。

期間は3泊5日で、1泊1万円以下で泊まれるホテルが多い「ディラ地区」に宿泊しました。

項目 費用
航空券(直行便) 100,000円
宿泊費(ディラ地区) 30,000円
入場料 10,000円
現地ツアー 20,000円
プライベートツアー 35,000円
市内の移動費 2,500円
食費 10,000円
私の場合はホテル代を抑え、観光費用を多めにしています。過去に3度「ドバイ」へ行きましたが、約21万円くらいの旅費でした。航空券については、「エミレーツ航空」のFlex運賃になります。SpecialやSaver運賃の航空券でしたら、8~9万円に抑えられます。

日本からドバイ「航空券」の費用(直行便、乗り継ぎ便)

日本から「ドバイ」への移動ですが、「直行便」と「乗り継ぎ便」があります。

「移動時間」や「料金」など、それぞれの違いについて解説していきます。

日本からドバイ「直行便」を利用した場合の旅費

直行便の場合、「エミレーツ航空」を利用します。

日本から「ドバイ」までの航空券ですが、約10万円前後が目安になります。(往復の航空チケット料金)

最も安い時期が「1月」で、約9万円前後となります。観光客が多くなる「4月」や「5月」などは航空券の料金も上がり、11~12万円前後になります。

エミレーツ航空は「羽田空港」「成田空港」「関西空港」から利用可能で、日本からの移動時間は下記のようになります。

利用空港 移動時間
羽田空港 10時間45分
成田空港 10時間40分
関西空港 10時間5分

航空券の料金については、下記の表を参考にしてください。

利用空港 料金(往復)
羽田空港 8~10万
成田空港 8~10万
関西空港 9~12万
夜から深夜にかけて日本を出発し、朝方に「ドバイ」へ到着します。

日本からドバイへの行き方について解説!直行便の「エミレーツ航空」がおすすめ~

2019年10月17日

日本からドバイ「乗り継ぎ」を利用した場合の旅費

乗り継ぎ便の場合、「香港」や「スリランカ」などを経由する流れになります。

日本から「ドバイ」までの移動時間は、下記のようになります。

経由先 移動時間
香港 15時間10分
バンダラナイケ 15時間20分

航空券の料金については、下記の表を参考にしてください。

航空会社 料金(往復)
キャセイパシフィック航空 8~10万
スリランカ航空 10~11万
「直行便」と「乗り継ぎ便」の料金差がほぼないため、移動時間が短い「直行便」がおすすめです。



ドバイのホテル費用について

「ドバイ」のホテルですが、宿泊するエリアによって金額が変わってきます。

参考までに3つの「人気エリア」をピックアップして、宿泊費の目安を紹介していきます。

ドバイ「ディラ地区」周辺のホテル

「ディラ地区」は宿泊費が安いエリアで、1泊1万円以下のホテルが沢山あります。

「ドバイ空港」との距離も近いため、スーツケースを持っての移動が楽です。

「ドバイ」らしい高級感のある雰囲気とは無縁の地区ですが、物価が安くて滞在しやすい場所です。

宿泊費を抑えたい方に、おすすめのエリアです。

コスパの良いホテル「ロイヤル コンチネンタル」

「ロイヤル コンチネンタル」は、ドバイ空港近くの「デイラ地区」にある宿泊施設です。

空港から近い距離にあるホテルで、大きな荷物を持っての移動もスムーズです。

また、ホテル近くに「ショッピングモール」や「地下鉄駅」があり、市内観光もしやすい施設です。

客室は広々としていて、落ち着いた雰囲気の内装デザインです。

ドバイ「ダウンタウン」周辺のホテル

ダウンタウン」はドバイの中心部で、「ドバイモール」や「ブルジュハリファ」などがある場所です。

観光客に人気のエリアで、「ドバイマリーナ」や「ドバイフレーム」など、周辺スポットにもアクセスしやすい特徴があります。

宿泊費の目安は、1泊2万〜4万円くらいになります。「ホテル」によっては、客室から「ブルジュ ハリファ」や「噴水ショー」を眺められる所もあり、贅沢な時間を楽しめます。

時間を気にせずに、噴水ショーを楽しむことができます。

ブルジュハリファが見えるホテル「マンジル ダウンタウン」

「マンジル ダウンタウン」は、ドバイの中心部「ダウンタウン」にある宿泊施設です。

好立地の4つ星ホテルで、「ドバイモール」や「ブルジュハリファ」などが近場にあります。また、噴水ショーが見られる「ドバイファウンテン」にもアクセスしやすいため、夜でもゆっくりとショーを楽しめます。

ホテル内はアラブ風の造りで、エキゾチックな雰囲気を感じられます。

ドバイの高級ホテル(5つ星)

「ダウンタウン」や「ジュメイラビーチ」、「パームジュメイラ」には、4つ星の高級ホテルが沢山あります。

優雅な時間を楽しみたい方におすすめで、宿泊費の目安は1泊3万~5万円くらいになります。

上質なサービスと、充実した時間を過ごせます。

ドバイの海沿いにある施設「オーシャン ビュー ホテル」

「オーシャン ビュー ホテル」は、ドバイの高級リゾート「ジュメイラビーチ」にある宿泊施設です。

ロケーション最高のホテルで、海の景色や、世界一の高さを誇る観覧車「ドバイアイ」を眺めることができます。

館内や客室はスタイリッシュで、華やかな雰囲気の内装デザイン。部屋のスペースも広く、快適に過ごせます。

入場料が必要な「ドバイ」の観光スポット

入場料が必要となるスポットは多数ありますが、一部を紹介していきます。

ドバイの通貨はディルハムで、1AED=39.58円(2022年10月8日時点)です。

高さ828mの高層タワー「ブルジュハリファ」

高さ828mの高層タワー「ブルジュハリファ」は、ドバイの人気スポット。

上層階にある展望台から、「ドバイ」の街並みを眺められます。

「ブルジュハリファ」の展望台は有料で、別途「入場料」が必要となります。

階数 名称 料金(目安)
124~125 アットザトップ
(高さ452m)
5,600円
148 アットザトップ
スカイ
(高さ555m)
13,000円
152~154 ザ ラウンジ
(高さ585m)
18,600円
プライベート空間を楽しみたい方には、「アットザトップ スカイ(148階)」や「ザ ラウンジ(152~154階)」がおすすめです。

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「ブルジュハリファ」の展望台チケットを予約できます。

額縁型の新名所「ドバイフレーム」

「ドバイフレーム」は額縁型の建物で、ドバイの新名所。

建物の1〜2階には、「昔のドバイ」や「未来の映像」が見られるミュージアムがあります。

額縁の上部が展望台になっていて、「オールドドバイ」と「ニュードバイ」の景色を眺められます。

下記の写真は「ニュードバイ」の景色になります。

「ドバイフレーム」展望台からの眺め

「ドバイフレーム」の入場料は「52.50AED」で、「現地窓口」や「現地ツアーサイト」からチケット購入できます。

「ドバイフレーム」では、昔のドバイ、現在のドバイ、未来のドバイを楽しむことができます。

花の楽園「ドバイミラクルガーデン」

ドバイミラクルガーデン」は砂漠地帯にあるスポットで、毎年11月~5月の期間で営業しています。

「ハーツパッセージ」や「ビッグテディベア」をはじめ、多数の花デザインを楽しめるのが「ミラクルガーデン」の特徴で、写真スポットが至る所にあります。

「ドバイミラクルガーデン」の風景

「ドバイミラクルガーデン」の入場料は「55AED」となります。

「ドバイ ミラクルガーデン」への行き方、入場料金について解説!世界最大級のフラワーガーデン~

2019年5月2日

世界最大の水槽「ドバイ水族館」

「ドバイ水族館」はドバイモール内にあるレジャースポットで、巨大な水槽に約3万匹の海洋生物が住んでいるといわれています。

「サメ」や「エイ」などが間近で鑑賞できるため、とても迫力があります。

「ドバイ水族館」無料スペースからの眺め

「ドバイ水族館」の入場チケットですが、公式サイトや現地窓口、現地ツアーサイトから購入できます。

水槽の外観のみ、無料で見ることができます。
「ドバイモール」の内部

「ドバイモール」買い物やフードコート、水族館や噴水ショーが楽しめる人気スポットを徹底解説!

2020年4月14日

「ドバイ」現地ツアーの費用

砂漠地帯での観光や、ペルシャ湾での遊覧船など、ドバイ市内以外にも魅力的なスポットがあります。

ここからは現地ツアーの詳細や、費用感などを紹介していきます。

砂漠での貴重な体験「デザートサファリ」

ドバイでは「デザートサファリ」が人気で、砂漠での「ドライブ」や「ラクダ乗り体験」をはじめ、「水タバコ」や「ベリーダンスショー」など、様々なアトラクションが楽しめます。

「デザートサファリ」でしたら現地ツアーを利用するのがおすすめで、ホテルの往復送迎や食事、各種アトラクション込みで、約1万円で参加できます。

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「デザートサファリツアー」の予約ができます。

砂漠地帯で、貴重な体験ができます。
「ドバイ」砂漠の風景

ドバイの砂漠ツアー「デザートサファリ」の見どころ、服装、トイレ、注意点について解説!

2019年2月21日

ペルシャ湾からドバイの街並みを鑑賞「遊覧船ツアー」

ドバイマリーナ」では、ペルシャ湾からドバイの街並みを鑑賞できる「ボートツアー」が人気です。

特に人気なのが「イエローボートツアー」で、世界一高い観覧車「ドバイアイ」や「アトランティス ザ パーム」、7つ星ホテルの「ブルジュ アル アラブ」を海側から眺めることができます。

「イエローボートツアー」には3つのプランがあり、利用時間によって移動できる距離が変わってきます。

時間 料金 見どころ(一部紹介)
60分 7,020円 ・カヤンタワー
・プリンセスタワー
・ジュメイラビーチ
・ドバイアイ(観覧車)
75分 8,482円 ・カヤンタワー
・プリンセスタワー
・ジュメイラビーチ
・ドバイアイ(観覧車)
・高層レジデンス
・高級リゾートホテル
・アトランティス ザ パーム
99分 11,992円 ・カヤンタワー
・プリンセスタワー
・ジュメイラビーチ
・ドバイアイ(観覧車)
・高層レジデンス
・高級リゾートホテル
・アトランティス ザ パーム
・ブルジュアルアラブ

現地ツアーの専門サイト「Get Your Guide」から、「ボートツアー」の予約ができます。

2021年12月19日時点の金額となります。

ドバイ遊覧船「イエローボートツアー」の料金プランや評判、ツアーの見どころや注意点について解説!

2019年2月14日

ドバイ市内の移動費用

「ドバイ」は公共交通機関が発達していて、「メトロ」「バス」「トラム」での移動がとても便利。

市内の観光スポットにも、スムーズにアクセスできます。

ドバイ市内観光なら、1dayチケットの利用がおすすめ

観光目的で「ドバイ」へ行くなら1dayチケットの利用がおすすめで、「メトロ」「バス」「トラム」に乗り放題となります。

1dayチケットの料金は「22AED」で、メトロ乗り場の自動販売機からチケット購入できます。

1dayチケットの買い方については、下記の記事が参考になります。

「ドバイ」駅の風景

「ドバイメトロ」1日券の買い方について解説!1日券を使ってメトロ、バス、トラムに乗り放題~

2020年2月23日

モノレールを利用する場合

世界最大の人工島「パームジュメイラ」へ行く場合、「タクシー」もしくは「モノレール」を利用する形になります。

「モノレール」の料金については、下記の表を参考にしてください。

片道 20AED
往復 30AED
チケットは「モノレール乗り場」で購入可能で、現金でのお支払となります。

ドバイの食事費用について

「ドバイ」での食費ですが、利用する場所によって変わってきます。

レストランを利用する場合

「街」や「モール」にあるレストランを利用する場合、約1,500〜3,500円くらいかかります。

高級ホテルのレストランを利用する場合、約8,000~20,000円くらいかかります。

モールのフードコートを利用する場合

「モール」にあるフードコートを利用する場合、約1,000〜1,500円くらいかかります。

「マクドナルド」や「ケンタッキー」などの有名チェーンや、「ケバブ」や「スイーツ」などが食べれる店舗もあります。(お店の数も多く、毎日通っても飽きることがありません)

「ブルーウォーターアイランド」から見た、ジュメイラビーチの風景(ドバイ)

ドバイ旅行へ行く前に知っておきたいこと13選!物価や治安、ドバイの通貨や日本との時差などを紹介~

2020年4月30日

「ドバイ」基本情報

ここからは、「ドバイ」観光に役立つ情報を4つ紹介していきます。

「ドバイ」治安情報

「ドバイ」は中東の観光都市で、海外企業の進出や旅行者も増加傾向で、近年急速に発展を遂げています。

厳格な入国管理を実施することで、現地の治安も良い状態が保てている形となります。

過去に3回「ドバイ」へ行き、夜の観光含めて色々な場所をまわりましたが、東京と同じくらい治安が良い印象でした。

「すり」や「置き引き」には注意が必要ですが、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

「パスポート」を紛失したり、何かのトラブルに遭遇した場合「在ドバイ日本国総領事館」に連絡しましょう。

下記の記事では、「ドバイ」の治安について解説しています。

「ドバイ」にあるアルシーフの街並み

アラブ首長国連邦「ドバイ」の治安情報を紹介!ドバイで気をつけることや注意点について解説

2019年6月18日

「ドバイ旅行」の観光日数

「ドバイ旅行」へ行くなら、3泊5日の観光プランがおすすめです。

観光に使える期間が「3日」あれば、「ドバイ」の主要な観光スポットを一通り見ることができます。

多くの観光スポットは「メトロ」でアクセスできるため、事前に観光プランをまとめておくとスムーズにまわれます。

「アブダビ」も含めて観光する場合、もう1日プラスする形が理想です。

下記の記事では、「ドバイ観光」のモデルコースを紹介しています。初めて「ドバイ」へ行かれる方は、参考にしてみてください。

「ドバイ」バスタキヤ地区の風景

ドバイ旅行に必要な日数って何日?ドバイ観光のモデルコースを紹介~

2019年10月14日

「ドバイ」注目のニュースポット

「ドバイ」では超高層タワー「ブルジュハリファ」や、7つ星ホテル「ブルジュ アル アラブ」などが注目されていますが、新しいスポットも見逃せません。

海沿いにある「ドバイアイ」は世界一の高さを誇る観覧車で、2021年10月にオープンしました。

観覧車の高さは250mで、海沿いの景色を存分に楽しめます。(入場料は130AED)

2021年4月にオープンした「ザ ビュー アットザパーム」は、ドバイの人工島「パームジュメイラ」を見下ろせる注目のスポット。

「パームタワー」の52階から、美しい景色を眺められます。(地上からの高さは240m)

「ドバイ旅行」のおすすめ時期

「ドバイ旅行」へ行くなら、少し気温が下がる11月~3月頃がおすすめです。このタイミングでしたら、外の観光もしやすい時期です。

これまで何度か「ドバイ」へ行きましたが、私の場合は「2月」や「4月」に行くようにしています。(4月後半は暑くなります…)

逆に4月後半~10月頃までは日差しが強く、気温も上がります。(外の観光がしにくい状況)

また、夏の「ドバイ」は湿気が多く、あまりおすすめできない時期になります。

下記の記事では、「ドバイ観光」のベストシーズンについて解説しています。

「ドバイフレーム」の外観風景

「ドバイ観光」ベストシーズンはいつ頃?「ドバイ」で人気の観光名所をピックアップ

2022年6月14日

ドバイの旅費まとめ

「ドバイ」の旅行費用を安く抑えたい場合、「Special」や「Saver」運賃の航空券を購入したり、宿泊費の安いエリアに泊まるのがおすすめです。

宿泊エリアのおすすめは「ディラ地区」周辺で、1泊1万円以下で泊まれるホテルが沢山あります。

「ディラ地区」は「ドバイ空港」の近場にあるため、空港からの移動もスムーズです。

ロイヤル コンチネンタル ホテル」のような、1泊1万円以下で宿泊できる4つ星ホテルもあります。(私は毎回このホテルに宿泊しています)