『エミレーツ航空』運賃タイプによる特典サービスの違いについて解説!SaverとFlex運賃で何が違うのか!?

『エミレーツ航空』で航空券を予約する際、「Saver」や「Flex」など複数の運賃が画面上に表示されます。

とりあえず安い運賃を予約しよう!そうお考えの方もいらっしゃるかと思います。

安い運賃には最低限のサービスのみが提供され、少し高めの運賃にはそれ相応の付加価値が付いたサービスが提供されます。

こちらの記事では、「エコノミークラス」の運賃タイプによる特典サービスの違いについて解説しています。

エミレーツ航空の運賃タイプによるサービス内容の違い

航空券を予約する際、購入する運賃タイプによって「事前座席指定」や「受託手荷物許容量」などの特典内容がガラリと変わってきます。

例えば、「エコノミークラス」で「羽田空港」から「ドバイ空港」までのフライト便を検索した場合、下記のような画面が表示されます。

最安値の「Saver運賃」には最低限のサービスが付いている程度で、最も運賃が高い「Flex Plus」になると自由度が高いサービス内容になっています。

ここからは『エミレーツ航空』の7つのサービスをピックアップし、運賃タイプによるサービス内容の違いについて詳しく紹介していきます。

【エミレーツ航空】機内WiFiについて

【エミレーツ航空】機内WiFiについて解説!無料で無制限に利用できる条件を紹介~

2019年7月6日

事前座席指定

『エミレーツ航空』の事前座席指定ですが、航空券の運賃タイプによって料金設定が変わります。

「Special運賃」や「Saver運賃」は事前の座席指定が有料になります。

「Flex運賃」は「レギュラーシート」のみ座席指定が無料で、それ以外のシートを希望する場合は有料となります。

「Flex Plus運賃」の場合、「レギュラーシート」や「プリファードシート(A380型機2階席を除く)」」の座席指定が無料です。それ以外のシートを希望する場合は有料となります。

運賃タイプ 座席指定の料金
Special 有料
Saver 有料
Flex レギュラーシートのみ無料
Flex Plus 一部無料

『エミレーツ航空』の事前座席指定については、下記の記事が参考になります!

『エミレーツ航空』エコノミークラスの事前座席指定について解説!4つの座席タイプや有料の場合の料金も紹介

2019年2月19日

受託手荷物許容量

航空券の運賃タイプによって、受託手荷物の許容量が変わります。

2019年2月4日以前は「Special運賃」は20kgまで、「Saver運賃」は30kgまで許容されていましたが、現在は下記のような形になります。

運賃タイプ 受託手荷物の許容量
Special 15kg
Saver 25kg
Flex 30kg
Flex Plus 35kg
「エミレーツ・スカイワーズ会員」でシルバー以上になると、手荷物許容量が追加される場合もあります。

獲得マイル

『エミレーツ航空』のフライトで獲得できるマイル数は、航空券の運賃タイプによって変わります。

例えば「羽田空港」から「ドバイ空港」を往復した場合、運賃タイプによって獲得できるマイル数が下記のようになります。

運賃タイプ 獲得マイル数
Special 1350
Saver 2700
Flex 6750
Flex Plus 9000
「マイル」を貯めたい方は、比較的自由度の高い「Flex運賃」がオススメです。

ちなみに「エミレーツ・スカイワーズ会員」でシルバー以上になると、フライト毎にボーナスマイルが付与されます。

具体的な付与率については、下記表のようになります。

会員クラス シルバー ゴールド プラチナ
獲得マイル 25% 50% 75%

【エミレーツ航空】ゴールド会員の特典について解説!

2019年6月30日

エミレーツ航空『マイル』の使い方、貯め方について解説!貯まった『マイル』を使ってアップグレードや特別航空券に交換

2019年3月4日

エミレーツ航空「シルバー会員」の特典メリットや資格条件、ティアマイルやスカイワーズマイルを貯める方法について解説!

2019年1月28日

獲得ティアマイル

「マイル」同様、「ティアマイル」についても航空券の運賃タイプによってティアマイル数が変わります。

例えば「羽田空港」から「ドバイ空港」を往復した場合、運賃タイプによって獲得できるティアマイル数が下記のようになります。

運賃タイプ 獲得ティアマイル数
Special 1350
Saver 2700
Flex 6750
Flex Plus 9000
「ティアマイル」については、会員特典による付与ボーナスはありません。

「ティアマイル」とは、『エミレーツ航空』の会員ランクを把握するためのマイルです。

会員ランク毎に設定された「ティアマイル数」を貯めることでランクアップし、様々な特典サービスを受けることができます。

会員ティア ティアマイル フライト数
シルバー 25000 25
ゴールド 50000 50
プラチナ 150000

エミレーツ・スカイワーズ『ティアマイル』の貯め方、有効期限について解説!

2019年2月28日

ビジネスクラスへのアップグレード

「エコノミークラス」から「ビジネスクラス」へのアップグレードですが、こちらも航空券の運賃タイプによって必要マイル数が異なります。

「エミレーツ航空」ボーイング777(200)のビジネスクラス

例えば「羽田空港」から「ドバイ空港」を往復した場合、運賃タイプによってビジネスクラスへのアップグレード条件が下記のようになります。

運賃タイプ 必要マイル数
Special
Saver 81250
Flex 54600
Flex Plus 42000
ビジネスクラスへのアップグレードを希望するなら、「Flex運賃」もしくは「Flex Plus運賃」での予約がオススメです。
「エミレーツ航空」ボーイング777-200「ビジネスクラス」

「エミレーツ航空」ビジネスクラスについて解説!食事やラウンジ、送迎やWiFiなどサービス内容が充実~

2020年2月26日

変更手数料

航空券を予約したあと、日程などを変更したい場合もあるかと思います。

そういった場合、「Flex運賃」や「Flex Plus運賃」であれば調整することもできます。

運賃タイプ 変更手数料
Special 不可
Saver 不可
Flex 10,000円
Flex Plus 無料
「Special運賃」や「Saver運賃」は変更不可となります。ご注意ください!

払い戻し手数料(キャンセル)

『エミレーツ航空』で予約した航空券をキャンセルする場合、運賃タイプによって条件が変わります。

2~3か月先の予定を立てる場合、予約後でも調整可能な「Flex運賃」もしくは「Flex Plus運賃」がオススメです。

運賃タイプ 変更手数料
Special 不可
Saver 不可
Flex 30,000円
Flex Plus 無料
「Special運賃」や「Saver運賃」は変更不可となります。ご注意ください!

運賃タイプによるサービス内容の違いまとめ

『エミレーツ航空』の運賃タイプの違いや特典について解説しましたが、安さを求めるなら「Special運賃」や「Saver運賃」がおすすめです。

事前座席指定やマイルなど、フライトでの特典サービスを求めるなら「Flex運賃」や「Flex Plus運賃」がおすすめです。

ドバイの「ジュメイラモスク」

「ドバイ」トランジットで観光するなら、どこがおすすめ?空港からメトロでアクセスできるスポットを紹介~

2020年1月3日







注目の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。