フランス「ニース」の観光日数について解説!モデルコースやニース近郊の人気スポットを紹介

フランス「ニース」マセナ広場の風景

「ニース」はフランス南部のコートダジュール地方にある都市で、地中海のビーチや、「シャガール美術館」など、多くの見どころがあります。

首都の「パリ」からもアクセスしやすく、世界中の旅行者から注目を集めています。

こちらの記事では「ニース観光」に必要な日数や、観光のモデルコースを紹介しています。

南仏「ニース」のモデルコースに加え、観光に便利なホテルや、「ニース」近郊の人気スポットなども詳しく紹介しています。

フランス「ニース」観光に必要な日数

フランス「ニース」観光に必要な日数ですが、1日~2日あれば人気スポットを一通りまわれます。(移動日は含めていません)

「ニース」はコートダジュール地方の中心地で、「エズ」や「モナコ」、「カンヌ」といった近郊エリアにもアクセスしやすい特徴があります。

近郊エリア含めて「南フランス」を観光する場合、3日程度必要となります。

「ニース」では、近郊エリアをまわれる現地ツアーが沢山あります。例えば、1日で「エズ」「アンティーブ」「モナコ」などを観光できるプランがあります。

決められた旅行期間で、より多くの観光スポットをまわるなら現地ツアーの利用がおすすめです。

フランス「ニース」のモデルコース(1日目)

「ニース観光」のモデルコース1日目は、海岸沿いをまわるプランになります。

城跡公園」の展望台からの景色ですが、「午前中」と「夕方」の両方を見るのがおすすめです。

日中は逆光のため、綺麗な写真を撮るなら午前中がおすすめの時間帯になります。

場所 見どころ
午前 ビーチ沿い ・I Love Niceのモニュメント
・城跡公園
・公園内の散策
午後

旧市街 ・オペラ座
・大聖堂や礼拝堂
・街並み散策
ビーチ沿い ・海の景色を鑑賞
・プロムナード・デ・ザングレを散策
・マセナ美術館
・城跡公園の夕陽

賑やかな散歩道「プロムナード デザングレ」

「プロムナード デザングレ」は、ニース海岸沿いに続く大通り。地中海の景色を存分に楽しめるスポットです。

通り沿いには豪華な造りなホテル、おしゃれな「レストラン」や「カフェ」などが軒を連ねています。(テラス席から海の景色が見える)

プロムナード デザングレ」は道幅も広く、のんびりと散歩を楽しめます。

散歩におすすめ「プロムナードデザングレ」

地中海の景色が見える「城跡公園」

「城跡公園」はニースの人気スポットで、緑が生い茂る広場や、眺めの良い展望台など、様々な見どころがあります。

展望台からは「地中海の美しい景色」や、南仏らしい「港の風景」を楽しめます。

海の景色を楽しめる「ニース城跡公園」

フランス「ニース」のモデルコース(2日目)

「ニース観光」のモデルコース2日目は、市内中心部の観光名所をまわるプランになります。

市内の移動には、「トラム」や「バス」の利用が便利です。

場所 見どころ
午前 旧市街 ・サレヤ広場のマルシェ
・旧市街を散策
午後

ガリバルディ広場 ・街並みを散策
美術館 ・シャガール美術館
・マティス美術館
マセナ広場 ・広場周辺の散策
・ノートルダムバジリカ聖堂

南仏の雰囲気を肌で感じられる「旧市街」

ニース旧市街」は観光客に人気で、朝から晩まで賑やかなところ。

「サレヤ広場」のマルシェが有名で、現地の新鮮な食材や、色鮮やかな花束、オリーブウッドの雑貨や焼き菓子など、様々な種類のお店が並んでいます。

夜は「レストラン」や「バー」などが人気で、南仏の雰囲気を肌で感じられます。

「レストラン」のテラス席が人気「ニース」

下記の記事では、「サレヤ広場」のマルシェについて紹介しています。

ニースの定番スポット「サレヤ広場」朝市の時間や場所、見どころについて解説!

2019年8月31日

ニースの中心「マセナ広場」

マセナ広場」はニースの中心で、人通りの多い場所。「トラム」や「バス」の停留所が近場にあり、朝と夕方の時間帯は特に混雑します。

景色の良い街並みや、涼を感じる「噴水」、独特の彫刻(正座した人の彫刻)など、見どころが沢山あります。

「フランス」ニースの中心「マセナ広場」

フランス「ニース」でおすすめのホテル

ここからは、フランス「ニース」でおすすめのホテルを紹介していきます。

海の景色が見える海岸沿いのホテルや、街並みが綺麗な旧市街、交通の便が良い「マセナ広場」周辺などが、人気のホテル地区になります。

観光客が多いエリアですので、治安面での心配もありません。

「オテル ラ ペルーズ ニース べ デ ザンジュ」

「ニース」海岸沿いにあるホテルで、ロケーション最高の施設。

一部の客室やバルコニーなどから、「ニース」海岸線の美しい風景を眺められます。

ホテルの周辺に旧市街や「プロムナード デザングレ」などがあり、市内観光にも便利です。

客室は清潔感があり、明るい雰囲気の内装。部屋の設備も充実しています。

「ベストウエスタン アルバ」

「ニース」の中心部にある宿泊施設で、「Jean Médecin(ジャンメドサン)」や「ニース ヴィル駅」からの移動に便利なホテル。

ショッピングモール「Nice Etoile」や「マセナ広場」、「レストラン」や「ショップ」などが近場にあります。

客室はモダンで、落ち着いた雰囲気のデザイン。スタッフの対応が良いと評判のホテルです。

「パレ サレヤ ブティック オテル」

街並みが綺麗な「ニース旧市街」にある宿泊施設で、賑やかなエリアにあるホテル。

南仏の雰囲気を存分に感じられる場所で、「サレヤ広場」のマルシェや、地中海沿いのビーチなどがすぐ近くにあります。

客室はスタイリッシュで、インテリアがとてもおしゃれ。居心地の良い空間が広がっています。

フランス「ニース」の場所

「ニース」は地中海沿岸にある都市で、「フランス」で5番目に人口の多いところ。

国際空港や「TGV」も利用可能で、周遊観光にもおすすめの場所です。

「ニース」近郊にも魅力的な観光名所が多く、鷲の巣村の「エズ」や「サンポール ド ヴァンス」、「モナコ」や「カンヌ」などが人気です。

「ニース空港」から市内への行き方

「ニース空港」から市内中心部までは、少し距離が離れています。

空港からの移動手段には、「トラム」や「タクシー」などがあります。

「タクシー」の場合は、約20分で市内中心部まで移動できます。(料金は約30~40ユーロ)

交通費を安く抑えるなら「トラム」の利用がおすすめで、1.5ユーロで市内まで移動できます。(移動時間は約30分)

「ニース空港」から市内への行き方については、下記の記事が参考になります。

【フランス】ニース空港から市内への移動にはトラムの利用がおすすめ!トラムの乗り方、路線図など紹介

2019年7月25日

「パリ」から「ニース」への行き方

「パリ」から「ニース」への移動ですが、「飛行機」や「TGV」を利用してアクセスできます。

飛行機の場合は「エールフランス」や「イージージェット」を利用する形で、約1時間25分で「ニース」まで移動できます。

TGVの場合は、約6時間で「ニース ヴィル駅」までアクセスできます。

南フランス「エズ村」の風景

フランス「パリ」から「ニース」への行き方について解説!「飛行機」や「TGV」での移動時間や料金目安を紹介

2020年3月28日

「フランス旅行」基本情報

ここからは、「フランス旅行」に役立つ情報を紹介していきます。

「フランス」治安情報

「モンサンミッシェル」や「ルーブル美術館」をはじめ、「フランス」には多くの見どころがあり、世界中の旅行者から注目を集めています。

その反面、現地の治安は年々悪化傾向で、「窃盗」や「強盗」による被害が多発しています。

在フランス日本国大使館」の情報によると、コロナ前は年間500件の被害報告があり、全体の約9割が「すり」「置き引き」による犯行手口となります。

土地勘がなく、現地の言葉が分からない日本人は、犯行のターゲットにされやすい存在です。

「すり」対策を万全にしたり、犯行が起こりやすい場所を避けたり、十分な対策が必要となります。

「フランス」の治安については、下記の記事が参考になります。

フランス「ディジョン」の街並み

「フランス」治安の良い街について解説!フランスの各都市を観光して分かったことを詳しく紹介

2022年3月6日

「フランス」すり対策について

「フランス」滞在中、特に注意が必要なのが「すり」です。

地下鉄や駅、人気の観光スポット、レストランなどの店舗内、路上など、市内の様々な場所で「すり」被害に遭う可能性があります。万全の対策をしてから、外出するようにしましょう。

簡単にできる「すり」対策には、下記などがあります。

  • バッグはファスナー付きのものを持つ
  • ポケットに貴重品を入れない(スマホ、財布など)
  • 現金などは分散して持つようにする
  • バッグは体の正面で持つ
  • 歩道を歩く際、建物側を歩く(路上側は危険)
  • クレジットカードを使用する(現金を持ち歩かない)
  • 高級品は身に着けない(時計、アクセサリーなど)
高価な時計やバッグなどを持っていると、狙われやすくなります。「フランス」では、できるだけ目立たない工夫が必要となります。

「フランス旅行」必要な持ち物

「フランス旅行」の日程が決まったら、事前に準備するものが幾つかあります。

まず「パスポート」は必須で、観光目的で3ヶ月以内の滞在でしたらビザ不要となります。(シェンゲン加盟国へ最初に入国した日から6ヶ月のうち、最大3ヶ月の間)

日本電気製品を「フランス」で使用する場合、「変圧器」と「プラグ」が必要になります。(電圧や周波数が日本とは異なる)

「フランス」で使われる通貨は「ユーロ」です。日本国内や、現地で外貨両替できます。

「フランス」の日差しは日本より強く、「サングラス」や紫外線対策などが必要です。(乾燥対策も)

下記の記事では、「フランス旅行」の持ち物を紹介しています。

「フランス」アヌシーの美しい湖

「フランス旅行」で必要な持ち物を紹介!フランス観光の必需品&あった方がいいものをピックアップ

2022年3月4日

「ニース」冬の観光について

「ニース」は地中海沿岸に位置する都市で、夏はビーチ目当ての旅行者で賑わう場所。

冬の気温については、「パリ」や「リヨン」に比べて暖かく、日中は外の観光もしやすい特徴があります。(冬の気温は7〜12度くらい)

観光客も夏より冬の方が少なく、ゆっくりと「ニース観光」を楽しめます。

また、1月〜2月は航空券の料金が安くなるタイミングで、「ニース旅行」の費用を安く抑えることができます。

下記の記事では、「フランス旅行」の費用について解説しています。

南フランス「サントロペ」の風景

「南フランス旅行の費用」日本から南仏の旅費について解説!4泊6日で掛かった旅行費用の内訳

2022年4月20日

フランス「ニース」近郊の観光スポット

ここからは、「ニース」近郊の人気スポットを紹介していきます。

地中海沿岸の小さな国「モナコ」

「モナコ」はタックスヘイブンで知られる小さな国で、地中海沿岸に位置しています。

「フランス」から「車」や「列車」などでアクセス可能で、入国審査はありません。

豪華な造りの「カジノ」や市内で見られる「F1コース」、そして港に停泊するヨットハーバーの景色など、「モナコ」には様々な見どころがあります。

セレブの雰囲気漂う「モナコ」
「ニース」から「モナコ」への行き方ですが、「バス」や「列車」、「ヘリコプター」などを利用してアクセスできます。

「ニース」から現地ツアーを利用して、「エズ」と「モナコ」を観光できます。所要時間は約4時間で、往復送迎付きのプランになります。

絵本のような風景が魅力「エズ村」

「エズ村」は南仏観光の定番スポットで、岩山の上に造られた鷲の巣村

中世時代の綺麗な街並みや、2つの豪華シャトーホテル、そしてサボテンなどが見られる「植物園」など、多くの見どころがあります。

「植物園」は有料ですが、頂上の展望台から「地中海の風景」を眺められます。

鷲の巣村の定番スポット「エズ村」
「ニース」から「エズ」への行き方ですが、「バス」を利用してアクセスできます。
フランス「エズ村」の街並み

【フランス】「ニース」から「エズ村」の移動には「バス」の利用がおすすめ!バスの時刻表、場所などを紹介

2019年7月9日

「ニース」観光に必要な日数まとめ

「ニース」観光に必要な日数ですが、1~2日あれば主要スポットを一通りまわれます。

エズ」や「モナコ」などの近郊エリアも観光する場合、3日程度必要になります。